岐阜県蛭川村のペグマタイト鉱物

1.初めに

「鉱物採集フィールドガイド」に詳しく記述されているように、
岐阜県蛭川村には沢山の採石場があり、福島県石川町、滋賀県田上山と並んで、
日本有数のペグマタイト鉱物の産地である。
しかし、最近では安い外国産の石材に押され、閉鎖している採石場が多い。
今回、立入りが禁止されていない採石場で、各種のペグマタイト鉱物を採集できた。
(平成12年5月採集)

2.産地

博石館周辺には、沢山の採石場があります。その中の柘植石材は
今は操業を止めていますが、かって稼働時には、愛知県の小玉さんの紹介で
立ち入りさせていただき、煙水晶、トパーズ、螢石はじめ各種のペグマタイト
鉱物を採集させていただいた。
残念ながら、今では稼働しておらず、他の採石場を回って、入口に、チェーンが
張ってなく、立ち入り禁止表示の出ていない所で、採集させていただきました。
稼働時の柘植石材

3.産状と採集方法

発破で崩した石の露頭や、切り出した石材のペグマタイト部にある晶洞を探し
水晶、長石などの部分をタガネとハンマで掻き採ります。 発破のときの衝撃で飛んだ部分が落ちており、意外とアクアマリーンやトパーズ
などが、付いている場合がありますので、ズリ探しも重要です。
ペグマタイト

4.産出鉱物

【煙水晶:SiO2】

放射能の影響で不透明になったといわれ、普通に見つけられます。蛭川村では、
透明な水晶を探す方が難しいかもしれません。
採石場によっては、かって高峰湖の水を抜いていた時期に湖底部分で採集できたと同じ
黒水晶の中に白い水晶が山入になったものも採集できます。
【アクアマリーン:Be3Al2Si6O18】
透明な緑柱石で、煙水晶の上に付着したものを採集できたが、分離結晶として落ちている
場合もある。
煙水晶の上のアクアマリーン
【螢石:CaF2】
晶洞の中に自形結晶として、あるいは、ペグマタイトの隙間を埋める脈状で産出する。
蛭川村のものは、緑〜青色系が多いようです。
【長石: 】
正長石はじめ微斜長石、曹長石など、各種の双晶も採集できる。
【トパーズ:Al2SiO4(F,OH)2】
晶洞の中に自形結晶として、産出する。柱面が発達せず庇面式となっている場合もある。
独特の色と、屈折率で水晶とは見分けが付く。
【チンワルド雲母:Al2SiO4(F,OH)2】 トパーズや螢石などある晶洞の中にあることが多い。

5.おわりに

稼働している採石場が少なくなり、また簡単に採集させてくれる採石場も少なく
「鉱物採集フィールドガイド」にあるようにはいきませんが、何回か通っていると
幸運の女神が微笑む事もあります。