山梨県上佐野の透輝石

山梨県上佐野の透輝石

1.初めに

山梨県は、水晶で有名なのは言わずもがなですが、それ以外に、古い教科書や
図鑑に必ずと言って良いくらいに掲載されている鉱物が幾つかあります。
その1つが、上佐野の透輝石です。
ここの透輝石は微量のクロムを含み、エメラルドグリーンの宝石を思わせる結晶には、
単晶のほかに、双晶もあり、採集でき、3cmを超える母岩付きが採集できる
露頭も健在で、これからも楽しめます。
(平成12年8月採集)

山梨県上佐野の透輝石産地

2.産地

身延線「内船」駅の富士寄りの踏切りを渡り、天子湖を目指して進みます。
上佐野のバス停から佐野川の上流に向かって約1km進むと、左側に崩落防止の
金網で覆われた露頭があります。この右下、コンクリートの擁壁の下の隙間が産地です。

3.産状と採集方法

ここの透輝石は、安山岩の斑晶として産出します。露頭から母岩付きが採集できますが、
既に先人が崩したズリの中から母岩付きや分離結晶が拾えます。
フルイ掛けすれば、2cmサイズの単晶と双晶が簡単に採集できます。

4.産出鉱物

(1)透輝石【Diopside:Ca(Mg,Fe)Si2O3】
透輝石(双晶(左)と単晶(右)) 透輝石(母岩付き)

5.おわりに

最初にここを訪れた10年ほど前には、金網に「山梨県の自然記念物」の標識が
あり、産地の目印だったのですが、今は見かけません。