甲武信鉱山の鉱物

1.初めに

長野県佐久郡川上村にある甲武信(こぶし)鉱山は、日下先生の「鉱物採集フィールドガイド」
にも取り上げられている通り、水晶の日本式双晶、透明な方解石や柘榴石の巨晶が採れる。
鉱山の範囲が広く、その時々に発見があり、最近でも、松茸緑水晶やピカピカのベスブ石を求め
鉱物愛好家が殺到したばかりである。
99年11月末に、石友 9名で訪山し、今年の採集納めに相応しい成果があった。

2.産地

141号線を佐久に向かって走り、JR最高地点の先で「川上村」表示に従い右折し、三国峠に向かって
走る。「梓川」の手前で右折し、町田市の自然休暇村を過ぎ、橋の手前の路肩に駐車する。
ここから尾根を目指してまっすぐに登って行くと、坑道や露頭がそこかしこに現れ、各種の鉱物を
採集できる。
産地 坑道

3.産状と採集方法

ここには、ペグマタイト脈とスカルン鉱床がある。ペグマタイトの代表である水晶から
スカルンの代表の灰重石まで幅広い産出鉱物には、何回訪山しても、その度に新しい発見が
あって飽きない。
露頭や坑道の中で壁面から叩いて採集したものは、新鮮で綺麗なものが多い。
坑道の中では、紫外線のミネラライトが威力を発揮する事がある。
露頭や坑道の前のズリからは、比較的楽に良いものを採集できることが多い。

4.産出鉱物

(1)緑水晶
「ペグマタイト」誌に紹介された坑道の中や外のズリで日本式双晶が採集できる。
その南側のズリでは、緑水晶の群晶や分離した単晶が採集できる。中には、両錐の
単晶も採集できる。
緑水晶 日本式双晶 2cm
(2)ベスブ石
露頭とそのズリから、母岩付きのピカピカベスブ石が採集できる。ここでは、透明で
新鮮な「曹柱石」も採集できます。
(3)方解石
ズリには、直径10cmを越える方解石の塊が落ちています。これから透明な部分を
掻き取ると、立派に複屈折を示す標本が選られます。
(4)灰重石
緑水晶の日本式双晶のでる坑道の中で方解石に埋もれた結晶として、また灰バン柘榴石
や方解石を伴って、脈状で産出します。ミネラライトがあれば、難なく探せます。

5.おわりに 

甲武信鉱山は範囲が広く、どこでもそこそこ採集できます。
松茸緑水晶のズリも今まで、多くの人が通りすぎていた場所ですから、これからも新しい
産地が発見される事でしょう。
一行と採集した水晶群晶