岩手県大東町沖田のコランダム

岩手県大東町沖田のコランダム

1.初めに

岩手県大東町沖田には、「鉱物採集フィールドガイド」に掲載されている
コランダム産地があります。
鉄条網は既になく、表面採集で、コランダムが採集できます。
母岩から浮き出た、輝きの強い、青黒い板状結晶は、宝石と呼ぶのに相応しい
風格を持っています。
(平成12年8月採集)

2.産地

私の単身赴任先の茨城県からは、常磐道→磐越道→東北道と走り、一関インタで
おり、大東町に入り、沖田郵便局の前を北に進み、興田小学校の2又を左に進む。
前畑バス停前を左折し、すぐ橋を渡り、約500mくらいで右の「大清水線」に入る。
更に500m(佐藤岩男さん宅手前約300m)ほど行くと、右にリンゴ畑や
田んぼがあり、その向うに、山道がある。
この山道を約500m登って行くとコランダム産地です。
産地には、半分朽ちかけた案内板と石碑があり、「鉱物採集フィールドガイド」の地図に
あるバラ線の囲いはありません。案内板によると、昭和29年に発見されたそうです。
平成10年に訪れたときに案内してくれた、佐藤岩男さんのお話では、もともと柘榴石を
掘っていたのだが、その中に見慣れぬ結晶がついているので、東北大学に持ち込んで、
「コランダム」と鑑定されたそうです。この産地の裏山には昔金山もあったとのこと。
コランダム産地
産地案内板

3.産状と採集方法

ここは、不思議な産地で、表面採集で十分良品が採集できます。
最近誰かが採集したらしく、掘り返した跡が何ヵ所かあります。山の緩い斜面の赤土の
上を丹念に表面採集します。キラリと光るコランダムの結晶がついている子供の握り
こぶし大の石を拾います。赤土がベットリついていて見分けがつきませんが、触って
チクチクする感じの石には、コランダムが付いています。
一番良いのは、ガラス板を持参して、擦ってみることだそうですが、すっかり忘れて
今回は、持参しませんでした。
15分も探せば、それらしい石が20ケくらい拾えますので、それを持って元来た道を
引き返します。
田んぼの端に用水路があり、ここで金(鉄が良く真鍮はダメ)ブラシを使って石の
表面を洗います。すると、硬度の高いコランダムだけが浮き出した形で残ります。
20cm弱のを1ケと掌大のもの3ケを採集しました。

4.産出鉱物

(1)コランダム【Corundum:Al2O3】
ここのコランダムは、サファイア系と思われ、母岩から浮き出た、青黒い板状結晶です。
小さな母岩の方が綺麗な結晶が付いているようで、
3〜4mm大の結晶が10ケ近く付いています。

コランダム(最大結晶4mm)

5.おわりに 

興田小学校の2又を右に行くと簡易郵便局 岩手中川局がある。早速、切手とハガキを
買って記念押印。私の姓と同じ郵便局を回って押印するのも、趣味の1つである。

岩手中川郵便局