岩手県崎浜のリシア電気石

岩手県崎浜のリシア電気石

1.初めに

岩手県崎浜のリチア電気石は、「鉱物採集フィールドガイド」で一躍有名に
なり、大勢のコレクタが訪れ、昔の面影がないほどに、破壊され、今では
かろうじて、真っ黒な電気石の中や外皮にリシア(?)電気石や小さな柘榴石が
見つかる程度です。
民宿「あずま荘」の所有している「リシア電気石」も、持ち主のおじいさんが
不在で見せていただく事ができませんでした。
(平成12年8月採集)

2.産地

国道45号線から、崎浜に向かって走り、集落の手前、「崎浜小海水浴場」の
標識に従って海岸に階段を降りると、その先にある露頭が産地です。

崎浜のリシア電気石産地

3.産状と採集方法

ここは、桃色長石からなるペグマタイト脈で、その中にリシア雲母、電気石や
ザクロ石があります(あった)。露頭を叩いて採集する。
平成10年に来た時には少し残っていたリシア雲母も全くありません。仕方がないので、
鉄電気石をじっくり眺めて、色のついた電気石を採集。

4.産出鉱物

(1)リシア電気石【Elbaite:Na(Li,Al)3Al6(BO3)3Si6O18(OH4)】
紅、青、緑などの色ついたウオータメロンは採集が難しくなっているが、かろうじて
青白い色のついた電気石を採集
真っ黒い電気石の中に、色の変わった電気石があったら持ち帰りましょう。

崎浜のリシア電気石
(2)鉄ばん柘榴石【Almandine:Fe3Al2(SiO4)3】
桃色長石に1mm、最大でも2mm程度の鉄ばん柘榴石が入っています。真っ赤で輝きも
あり、綺麗です。

5.おわりに

平成10年に訪れた時にも産地の荒廃ぶりにビックリしたのですが、それでもその時は、
マッチ棒サイズながらリしア電気石がとれ、リッシア雲母などいくらでもあったのに、
今ではそれらは全くありません。新しい露頭を開拓しないと駄目なのでしょう。