京都府稗田野の桜石

1.初めに

「日本の鉱物」には、京都府稗田野の桜石(菫青石仮晶)が掲載されています。
5月連休に家族が京都観光している間に訪山しました。
露頭には母岩付が、無数にあり、Typicalな標本を数ケ採集しました。
標本店で売っている、分離結晶は場所が分からず、採集できなかった。
(平成12年5月採集)

2.産地

湯の花温泉から、亀岡市に向かって約500m走ると、左側に宅地(?)造成b場が
有ります。入り口に、チェーンが張ってあり、車での進入は出来ませんが、歩いて入れます。
法面に露頭が何ヵ所か有り、ここが産地です。

3.産状と採集方法

法面の露頭で、桜石を含む個所を探し、タガネとハンマで掻き採ります。場所によっては、
露頭が自然に崩れ、苦もなく拾える場所も有ります。
桜石の露頭

4.産出鉱物

【桜石;????】

ホルンフェルス中に生成した、六角柱状の菫青石が、雲母化したと言われています。
割った面で花びら状に見えたり、細長いロートを向きあわせたように見えたり、変化が
楽しめます。
ホルンフェルス中の桜石

5.おわりに

黒〜赤褐色の母岩に、銀白色の桜の花びらを散らした標本は、まさに桜石です。
近くには、天然記念物の桜石を産した、桜天神も有るようですが、地元の人に聞いても
場所が分かりにくそうでしたので、訪れていません。