山梨県竹森の鉱物

1.初めに

山梨県塩山市竹森は、「ススキ入り水晶」はじめ、各種の鉱物が採集でき、
しかも、東京からも近く、鉱物採集に訪れる人が後を絶ちません。
私が、鉱物採集で最初に訪れたのも「竹森」でした。
最近、I県のメンバが大々的にズリを掘り起こし、露頭を叩いたと聞き、地元として
見過ごす訳にもいかず、5月連休の2日間を使って採集した。
産地の変貌振りは、目を疑うほどでしたが、お陰で(?)良品を沢山採集できました。
(平成12年5月採集)

2.産地

竹森は、「鉱物採集フィールドガイド」などにも、詳しく地図が掲載されており
改めて説明は不要でしょう。 小倉山の南斜面(前山)がいま掘り込まれて、露頭も出ていますので、ここで
良品を確実に採集出来ます。
竹森の露頭

3.産状と採集方法

露頭を叩き、晶洞から、母岩付きやガマ粘土の中から分離結晶を探します。
表面採集では、頭付の2cmを超えるものを探すのは、絶望的です。
少し深く(1m弱)ズリを掘れば、3〜5cmのものも採集できますが、
手の切れるような稜を持つ、ガマ出し品にはかないません。

4.産出鉱物

【ススキ入り水晶;SiO2】

水晶の中に、針状の苦土電気が入った水晶は、透明なものより多いくらいです。苦土電気石 母岩付きと単晶と採集できます。
単晶では、長さ 7cmのものを筆頭に5cmクラスを数本採集できました。

【星入り水晶;SiO2】

水晶の中に、白雲母が入った星入り水晶も比較的多く見られます。
この他、硫黄入りなども採集できます。
雲母入り水晶

【苦土電気石;NaMg3Al6(BO3)3Si6O18(OH4)】

晶洞の中に、径2mmの針状と幅5mm長さ10mm板状の集合した、苦土電気石の
結晶を採集した。ここで、採集した苦土電気石では、一番大きな結晶である。
苦土電気石

【鋭錐石;TiO2】

水晶の表面や中や晶洞の雲母に貫入する形で、1mm程度の細長い八面体結晶が
見られる。これに伴って、六角板状の板チタン石も見られる事がある。
鋭錐石や板チタン石は、玉宮神社近くのズリの米水晶の間からの方が、見つけ易いでしょう。
鋭錐石

【パリゴルスカイト;(Mg,Al)2Si4O10(OH)/4H2O】

パリゴルスカイトは、「山皮」とも呼ばれ、晶洞の水晶などを覆うように、
ちぎった不織布や和紙の形で、産出する。
これは、露頭でしか採集できないでしょう。(水にぬれると粘土化)
山皮

5.おわりに

竹森は鉱物採集のメッカとも呼べる産地で、今回も、鉱物採集を始めて間もない、
女性を含むグループにお会いしました。いつまでも、大事にしたい産地です。