田上山のペグマタイト鉱物

1.初めに

滋賀県田上山は、岐阜県蛭川村や福島県石川町と並んで、
日本の3大ペグマタイト鉱物の産地として有名である。
「鉱物採集フィールドガイド」の記述では、天神川沿いの枝沢の
至るところが産地とある。
しかし、広すぎてポイントが絞れず、今回、全くの「坊主」でした。
彦根市に住む石友に次回は案内をお願いする積もりです。
(平成12年5月採集)

2.産地

琵琶湖南部にそびえる田上山は、全山花崗岩で、ちょうど山梨県の
黒平を思わせる景色がそこかしこに見られます。
以前は、ハゲ山だったそうですが、治山の成果で、かなり緑が回復しています。
田上山遠望
天神川沿いの枝沢の露頭、転石などが産地とあります。「鉱物採集
フィールドガイド」の地図の「枝バス停」にある案内図では、「矢筈岳」
付近がペグマタイト鉱物産地とあり、この周辺を攻めてみた。
矢筈岳近くの花崗岩露頭

3.産状と採集方法

沢の転石で石英を探し、その上流にある石英脈(ツル)を追いかけ
晶洞部分をさがした。 長石、石英、雲母片はあるが、残念ながら、晶洞部分は見つかからなかった。

4.産出鉱物

今回、全くの「坊主」でした。

5.おわりに

「田上鉱物博物館」は、近くのお寺の住職の方が管理されており、
その方の都合が良ければ開けてみせていただけます。
今回、法事があったので見る事ができませんでしたが、次回は見せていただこうと
考えています。