竜島鉱山の菱マンガン鉱

竜島鉱山の菱マンガン鉱

1.初めに

インターネットで私のHPを見た諏訪市の中学校の先生をしているS氏に
長野県中信地方の鉱物産地を案内していただいた。
綺麗な菱マンガン鉱の結晶が採集できると聞き、マンガン鉱物は、苦手なのですが、
波田村の竜島鉱山を案内していただきました。
坑道の菱マンガン鉱の晶洞から、水晶と共生する葡萄状菱マンガン鉱や菱面体の
菱マンガン鉱を採集できました。 (平成12年11月採集)

2.産地

中央道松本インタでおり、上高地に向かって走ると、安曇村役場が右手にあります。
ここを、過ぎ、約100mで、左折「橋場」の表示板があり、これに従い左折し、
「雑炊橋」を渡り、すぐ左折し約50m進むと、橋の手前突き当たりが産地です。
文字どおり、車横付けの産地です。

竜島鉱山の入り口

3.産状と採集方法

「日本鉱産誌」によれば、竜島鉱山は、古生層中の鉱脈で、1933〜44年に
かけて、菱マンガン鉱を中心に、、マンガンを1203t採掘したとある。
露天堀に近い坑道が幾つか残っておりとその中とその前にズリで採集します。
坑道のマンガン脈を叩くと、新鮮な標本が得られますが、母岩が固いので、
それなりの覚悟が必要です。

竜島鉱山の坑道(露天掘りに近い)

4.産出鉱物

(1)菱マンガン鉱【Rhodochrosite:MnCO3】
方解石に似たマッチ箱をひしゃげたような菱面体、犬牙状結晶や葡萄状でピンク色の結晶が
水晶を伴う晶洞の中にあります。
綺麗な菱マンガンの晶洞は、珪質(チャート)の中に網目状に入った菱マンガン鉱脈の
中にあります。

晶洞の中の菱マンガン鉱
(2)方鉛鉱【Galena:Pbs】
大きさは、1mm程度ですが、層状のマンガン鉱物の層間に入っており、「日本鉱産誌」の
記載通りです。ほかに、閃亜鉛鉱も産出したとありますが、今回は見かけませんでした。

5.おわりに

菱マンガン鉱は、北海道、青森県の鉱物と思っていましたが、長野県でも立派な結晶が
採集できる事をはじめて知りました。案内していただいた、S氏に感謝しています。