山の尾のアクアマリーン

山の尾のアクアマリーン

1.初めに

茨城県真壁郡山の尾は、日本の3大ペグマタイト鉱物の産地として、滋賀県田上山、
福島県の石川町と並んで、有名である。
日下先生の「鉱物採集フィールドガイド」にも、柘榴石の産地として紹介されている。
足尾鉱山の帰途立ち寄って見ると、ベリル坂とコウモリ坑の間にある、平坦部を大きく
掘り込んで、アクアマリーンを探している、T氏に偶然遭った。
産地がそんなに広くなく、先客が4名いたため、彼らがフルイ捨てたズリ石を東京から来た
高校生3年の加藤君と探して、アクアマリーン、緑柱石、柘榴石を採集した。
(平成12年9月採集)

2.産地

ベリル坂を登って、左に折れてコウモリ坑を目指すと、鞍部のような平坦部がある。
(あった。?)そこを1m以上に掘り込んだ所が産地である。
産地 ベリル坂とコウモリ坑の鞍部

3.産状と採集方法

ここは、小規模なペグマタイト脈を崩したズリ跡で、ズリの量はあまり多くはないが、
文象花崗岩をはじめ石英塊などのペグマタイト鉱物がズリで採集できる。
ズリの土砂をフルイ掛けして、アクアマリーンや柘榴石を探すのだが、産地がそんなに
広くなく、先客がいる場合、彼らがフルイ捨てたズリ石をあさる「ハイエナ採集」でも、
そこそこの良品を採集できます。

4.産出鉱物

(1)緑柱石
緑柱石の分離結晶で、水色〜緑色がかった、透明のアクアマリーンと呼べるものも採集できる。
加藤君は、頭付きを採集。
緑柱石には、白っぽい(白柱石?)もあり、じっくり探すと面白いものが有ります。
(2)石榴石
母岩付きや分離結晶の鉄バン石榴石が採集できる。残念ながら、不透明で、表面が錆びている
ものが多いが、中には直径1cm近くで、表面に光沢のあるものもある。
雲母の塊が落ちていて、それを割ると、四周完全な柘榴石の母岩付きを採集できる。
母岩付きざくろ石 7mm
(3)希元素鉱物
希元素鉱物としては、コルンブ石は比較的採集できるチャンスが多い。

5.おわりに 

久しぶり、短時間の山の尾訪問であったが、アクアを始め、柘榴石の良品まで、
採集でき、今更ながら、桜井先生の「山の尾」の採集案内にある
「古泉に水枯【涸】れず」の感を深くしました。