長野県湯沼鉱泉の鉱物

長野県湯沼鉱泉の鉱物

1.初めに

甲武信鉱山や小川山に行く途中、右手に「天然水晶洞」の看板が出ています。
ここが、ハート形草入り日本式双晶で有名な湯沼鉱泉です。
鉱物好きな社長(大将と呼ぶ人もいる)が、10年以上かけて、自分の敷地から
掘り出したハート形草入り日本式双晶をはじめ、川上村産や日本各地の鉱物を
水晶洞で展示しています。

ハート形草入り日本式双晶【パンフレットより転載】
水晶洞の外のフィールド(広場)では、自由に鉱物を採集することができ、今回、
大きな透石膏を偶然採集できました。
(平成12年10月採集)

2.産地

川上郷を秩父方面に向かって走ると、右手に「天然水晶洞」の看板が出ています。
坂道を登り、突き当たりを右折し、約150m先の2又を左に進むと、すぐに着きます。
宿泊客は、自由に水晶洞を見せてもらえます。

湯沼鉱泉の水晶洞【パンフレットより転載】

3.産状と採集方法

ここは、スカルン産地で、露頭の一部をそのままの状態で展示しています。
何といっても見逃せないのは、ここで採集した、ハート形草入り日本式双晶です。
水晶洞の外のフィールドは、露頭が所々、硫化鉱物のヤケで覆われ、各種の2次鉱物や
灰バン柘榴石などの、スカルン鉱物が採集できます。

湯沼鉱泉のフィールド

4.産出鉱物

(1)石膏【Gypsum:CaSO4・2H2O】
広場の中央ぶで、誰かの足跡の下から、発見しました。透明な板(柱)状結晶として産出する。
板(柱)が曲がりくねっているのも面白い。

石膏【10cm】
(2)灰バン石榴石【Grossular:Ca3Al2(SiO4))3】
斜方12面体で、鉄分の影響か、やや黄色味を帯び結晶の大きさは、最大でも3mm程度です。
惜しむらくは、ヤケの酸の影響か、ほとんど表面が溶けたようになっている。
希に、四周完全で透明感のある分離結晶を拾う人もいます。

灰バン柘榴石

5.おわりに

ここに宿泊すると、岩魚の活造りをはじめ、山菜や茸など、季節、季節に地元で採れた
食材を活かしてもてなしてくれます。
小川山や甲武信鉱山の採集の行き帰りに立ち寄っては如何でしょうか。
温泉にゆったりと浸ると、疲れも吹っ飛びます。