< 旬 の 献 立 >

 桜の季節を迎え、私たちは、様々な草木の芽吹きに、自然の華やかさを目にすることになります。

引き替え、人間は、戦争という凄惨を極めてしまったのは本当に悔やまれます。日本から はるか西、

不毛な砂漠や瓦礫の広がる世界にも、早く春がやって来て欲しいものです。

花屋さんの店先や、魚屋さんの店頭も色々な種類の材料がふえてきました。暖流と寒流の混じり合う漁場は、

海産物の宝庫となります。ホタルイカが海を光らせ、鰹の群れが太陽の日差しを銀色に照り返します。

さて、この季節、何を俎上にあげるか、どう調理するかを考えてしまいます。というのも、食材そのものの美味しさ

がこの時期一番になる季節だからです。あまり手を加えず、素朴に持ち味を生かすとなると、「おいしいけど、

前にも食べたことある味。」ということです。料理は、それを召し上がるお客様に「美味しそう!」と実感させるよ

うな訴求力が必要です。まず、「食べてみたい!」と箸を伸ばす。その行動があって初めて美味しさを実感して

いただけるわけです。先日、「俺は料理は食べない!」という酒豪の方がおいでになりました。お帰りまでに下

げられたお皿は、皆空っぽなのに、こっそり、ほくそ笑んだ次第。料理を食べないというお客様、あなた様も

お待ち申し上げております。                           店主

                        kura.jpg

                           ホームご案内料金交通/旬の献立

                                 日本料理  moji.gif  

                               埼玉県川越市仲町5番地2
                               TEL/FAX 049-222-0368