鷺沼駅前再開発と区役所移転を考える会のホームページ


Last update on 2/14/2019

市が基本方針案公開 宮前区役所 鷺沼駅前に移転へ

  2月4日、川崎市は宮前区役所等を鷺沼駅前に移転する基本方針案をまとめ、ホームページで3月6日まで市民の意見を募集しております。

「鷺沼駅周辺再編整備に伴う公共機能に関する基本方針(案)」に関する意見募集について

 3月末に正式に基本方針が決定される予定です。

Updated on 1/29/2019

文教委員会での陳情審査

  1月24日 文教委員会にて陳情138号 「鷺沼駅周辺再整備に伴う公共機能の検討」について、宮前区民の合意無く宮前区役所・市民館・図書館の拙速な移転は行わないよう求める陳情に関する審査が行われました。

審査までに延べ2600筆の署名が集まりました。
署名へのご協力ありがとうございました。

さて、審査の方は各会派の議員から市に対して陳情の内容に沿って、懸念している防災面 及び 区民の認知度が十分ではないことに関しての議論が交わされました。

  ・ 防災面に関して議論を続けスケジュール通り進めて欲しい。
  ・ アンケートによる区民の認知度が10%程度。
  ・ 1年で区役所など区民全体に関わる問題を決めるのは拙速ではないのか。


残念ながら陳情の結果は、区民の認知度の低さを指摘した共産党以外は全て不採択で不採択となりました。

採択:共産党
不採択:自民党、公明党、みらい、無所属

残念な結果になりましたが引き続き声を上げていきたいと思います。

また、同日13時より記者会見を実施し、防災の観点から鷺沼移転の危険性、懸念事項に関する説明を集まった記者(東京新聞、サンケイ、共同通信、テレビ神奈川 他)に対して行いました。


Updated on 1/20/2019

駅前での署名活動に大きな反響

  1月5日宮前平駅前、10日宮崎台駅前で署名を訴えました。1時間という短時間にもかかわらず、宮前平駅では、チラシ300枚、116筆の署名、宮崎台駅前では、チラシ200枚、60筆の署名が集まりました。会のメンバーは「寒波のなか手がかじかんでしんどかったようですが、みなさん元気に署名行動をしました。宮崎台駅の利用者数からすると宮前平駅と同じ以上かもしれません。住民の関心の高さがわかります。依然として、知らなかったと言う人が20~30%います」と感想を述べていました。



陳情審査が1月24日文教委員会で行われます。委員会の傍聴参加を!
追加署名1070筆、合計2119筆になりました。


「区役所移転を考える会」の署名にご協力ありがとうございます。1月19日現在、2119筆の署名を市議会に届けました。その署名を採決するかの審議が市議会文教委員会で1月24日におこなわれます。

 みなさんの署名が審議されます。それに先立ち、各会派へ「会」の署名の主旨を説明にまわります。合わせて報道関係者へも説明に行きます。ぜひ、要請と傍聴に参加して、しっかりと見届けてください。

1月22日(火)各会派・議員への要請と記者クラブ要請行動
 参加される方の集合場所 川崎駅南口中央・時計台前 午前10時  

1月24日(木)「文教委員会審議(陳情署名の審議)」
 参加される方の集合場所 川崎駅南口中央・時計台前 午前9時30分  

川崎市の説明会「鷺沼駅周辺再整備に伴う公共機能に関する基本方針(案)市民説明会」
 時間〇2月9日(土)13時半~野川生涯学習支援施設「アリーノ」集会室
   〇2月10日(日)10時~ 向ヶ丘出張所
   〇2月10日(日)15時~ 宮前区役所4階大会議室


川崎市への意見・要望先

川崎市 市民文化局コミュニティ推進部区政推進課
〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル7階
電話:044-200-2309
ファクス:044-200-3800
メールアドレス: 25kusei@city.kawasaki.jp


Updated on 1/5/2019

ご存じですか?宮前区役所・市民館・図書館の鷺沼駅前への移転が検討されていることを。

  鷺沼駅前の再開発が2021年度着工(2019年度都市計画決定)に向け進められています。そのような中、宮前区では、昨年(2018年)2月に「鷺沼駅周辺再整備に伴う公共機能の検討に関する考え方」が市から示され、現区役所等の移転を含めた鷺沼駅再整備に伴う公共機能に関する検討が進められてきました。


どこまで検討は進んでいるの?

  川崎市では庁内に藤倉副市長を座長に「鷺沼駅周辺再整備公共機能検討会議」を設置して、検討の進め方や移転する場合やしない場合の比較調査などを行ってきました。区民への意見聴取では、自治会や区の関係団体からのヒヤリング、中間報告も含め3回のフォーラム、4回のワークショップ、区民アンケートが行われましたが、アンケートに示されているように「再開発事業の認知度」は10%しかなく、区役所等の移転に関する検討が行われていることを知る区民は、まだ一部に留まっています。さらに、「区役所移転はしないで欲しい」との声も多く、「移転問題」で区民の合意がとれているとは言えない状況です。


移転は決まっているのか?

  そうではありません。区役所などの移転は、区民の反対の声が大きければ、市としても強引に進めるわけにはいきません。しかし、市は2月9日10日の両日、区内3箇所で「鷺沼駅周辺整備に伴う公共機能に関する基本方針(案)」を示すとしています。早急に住民の声を届ける必要があります。

  そこで、住民の会を立ち上げ、「区民合意のない区役所移転を行わないで欲しい」と陳情書名を行い、昨年12月17日川崎市議会議長に1050名の署名を提出しました。さらに、拡げています


  まずは、多くの方に区役所移転問題について情報をお届けしたいと思います。そして、一人でも多くのご意見を届けたいと思います。現在、私たちが問題と考える点は、チラシにまとめました。ぜひ、ご参照ください。そして、署名へのご協力をよろしくお願いいたします。

  また、川崎市では、1月中旬まで、下記ページで意見募集を行っています。ぜひ、投稿をお願いします。
 宮前区のミライを考える さぎぬまプロジェクト

鷺沼駅前再開発と区役所移転を考える会 代表 秋好 賢一 



ちらし



陳情書