第四回 アントニオ・フォルチオーネ


 
 

このところイタリアのアコースティック・ギター・シーンが面白いようだ。
でも' 70 年代の後半に一度盛り上がった事があり、
フランコ・モローネやペピーノ・ダゴスティーノといったギタリスト達が登場してきた。
もちろん彼らは現在も現役のギタリストとして活躍している。
そして第二世代のギタリスト達がここ数年の間にアルバム・デビューしてきた。
このアントニオ・フォルチオーネもそんな新しい時代のギタリストである。
僕はこの1月にロスアンゼルスで行われたNAMM ショーに行ったのだが、
そのNAMM ショーの期間中に " All Star Guitar Night " という
沢山のギタリスト達が出演するコンサートが開催された。
そのコンサートに、このアントニオ・フォルチオーネというギタリストが出演していたのだ。
初めて聞く名前のギタリストだったので、
はたしてどんなギター・プレイを聴かせてくれるのかとても興味があったのだが、
一曲聴いただけでその素晴らしい作品とギター・プレイに感動してしまった。
ピック・アップやエフェクターの使い方もパーフェクトで、
そのあたりが新時代のギタリストのような気がする。
イギリスのnaim というレーベルから数枚のアルバムをリリースしていて、
現在はイギリスを拠点にして活動しているようだ。
インターネットで彼のバイオグラフィーをチエックしたのだが、
レーベルのホームページにはバイオグラフィーは書かれていなかった。
ということで、彼についての詳しいことは今のところ判らないのだ。
でも素晴らしいギタリストなので、何れ多くの人達に知られる日がくるだろう。
 
 



 
 
 
 
 

Antonio Forcione

" Live "

Naim Label  naimcd-054



 

1. Heartbeat
2. Acoustic Revenge
3. Sereno
4. I Heard It Through The Grapevine
5. Mirage
6. African Dawn
7. Diary
8. Nocturne
9. Black Magic
10. Night Passage






アントニオ・フォルチオーネのCDに興味のある方は
イギリスのNaim レーベルに直接お問い合わせ下さい。
http : //www.naim-audio.com