一般歯科 小児歯科 矯正歯科 インプラント 審美歯科



インプラント


歯を失ってしまったとき、現在は義歯やブリッジ(橋わたしのかぶせ物)で補う治療法が主流です。しかし、これらの方法では十分に対応できない場合があります。また、より自然で違和感のない義歯を望む患者さんの声があります。こうしたことから、新しい義歯として「歯科インプラント」が生まれました。「歯科インプラント」とは、歯がなくなった場所のアゴの骨に人体に良くなじむ性質の素材(チタンなど)を使った人工の歯の根を植え込み、その上に義歯を装着して機能の回復をはかる治療法です。
今までの義歯(入れ歯)と違い、インプラントでは人工歯が人工の歯根によってアゴの骨と直接接合しているため、噛む振動がそのまま骨に伝わり「まるで自分の本当の歯で噛んでいる」ように、しっかり噛むことができます。また、義歯で感じる違和感や異物感も少なく、見た目も自然で口元が若々しくなり、発音もはっきりします。インプラントは本当の自分の歯のようだ、ということから「第二の永久歯」とも呼ばれています。

植え込み方法や、治療の時間、費用は、症例によっても、また使用するインプラントによっても異なります。インプラントは、歯が1本無くなった場合から、歯を全て失った状態にまで適用できます。興味やご関心、ご質問がありましたら、いつでもお気軽にお尋ねください。




術前検査 治療を始めるにあたって、インプラント治療に関する治療の概略を説明します
患者さんの全身的な健康状態、お口の中の状態を調べます
血圧の状態、心疾患、糖尿病、肝疾患、アレルギー、妊娠の有無など
残っている歯の状態(歯周病はひどくないか)など
骨の状態(骨の幅、厚みは十分にあるか)など
噛み合わせの状態
インプラント手術に際して、必要な資料をとります
お口の型   ・・・歯の模型を作って、歯並び、噛み合わせなどを調べます
レントゲン写真・・・残っている歯の状態、骨の状態、神経の位置などを調べます
診断 術前検査をもとに診断して、インプラント治療に適しているかどうか決めます
インプラント治療に適していると判断した場合のみ治療に進みます
インプラント手術 術前検査をもとにして、あらかじめインプラントを植立する位置を決めておきます
局所麻酔を行い、専用のドリルを用いて、あごの骨に穴を掘り、インプラントをねじこみます
手術時間は症例によって変わりますが、インプラント1本だとだいたい30分〜1時間で終わります
手術後の痛みは個人差がありますが、それほどひどくないですし、全く腫れない場合もあります
手術した傷口からの感染防止が大事ですので、傷口がふさがるまではできるだけ頻繁に消毒に来てもらいます
傷口がふさがってからは、インプラントの周り(ねじ山のところ)を丁寧にブラッシングしてもらいます
経過観察 インプラントが骨とくっつくまで、しばらくの期間を必要とします。個人差がありますが、下あごの場合は約3〜4ヶ月、上あごの場合は約4〜6ヶ月かかります
その間は、1ヶ月に1回程度、来院してもらい、経過観察します。インプラントの固定の状態、きれいに磨けているか、必要ならレントゲン写真を撮り、骨とインプラントのくっつき具合を調べます
アバットメント装着 骨とインプラントが完全にくっついた後、インプラントにアバットメント(歯の支台に当たる部分)をつけます
アバットメントの上に仮歯を作ります。仮歯でしっかり噛めるかどうか、歯の形などを決めていきます
補綴処置 通常のかぶせ物と同様に型をとり、かぶせ物を作り、インプラントにかぶせ物を入れます
定期検診 インプラントを長く快適に使いつづけるのには、定期的なチェックが必要です
最初の1年は3ヶ月ごとに、その後は半年ごとに定期検診(リコール)を行います
定期検診時には、インプラントの状態、骨とのくっつき具合の状態、インプラントの清掃状態などを調べます