「私の龍馬イラスト展in土佐(高知県立坂本龍馬記念館)」

ryouma
「私の龍馬イラスト展in土佐(高知県立坂本龍馬記念館)」
会期:2012年8月1日(水)~9月30日(日) 9:00~17:00
「私の龍馬イラスト展 in 土佐」
参加させて頂いています。


総勢50名を超える日本を代表する漫画家やイラストレーター、そして現代絵画を含む絵師による、
龍馬をテーマとした作品が一堂に集合します。

ごあいさつ
この展覧会は、日本の来るべき姿を自由自在に描き出した龍馬の豪放な発想に敬意を表し、
現在の日本をリードしている代表的な漫画家を中心に、イラストレーション、
現代絵画を含む多くの絵師のみなさまにご賛同いただいて生まれました。
2010年春、当時経営危機にあった長崎のハウステンボス支援のため、
長崎に縁の深い龍馬をテーマにした展覧会を開催しようと、
地元出身の漫画家&絵師のみなさまを中心にご協力をいただいたのが本展のはじまりです。
以後、九州、四国を中心としたNHK支局のロビー展として巡回した後、龍馬の活躍と戦いの地、
京都にある京都国際マンガミュージアム、さらには森下文化センター(東京都江東区)で
「東京」への凱旋を果たしました。そしてついに、龍馬の故郷の地、土佐へ。龍馬像が
見下ろす桂浜にほど近い坂本龍馬記念館という本物のふるさとに帰ってくることができたことで、
龍馬の魂も長い旅を終え、やすらぎを得てくれるのではないかと思います。
ここには、総勢50名を超える日本を代表するマンガ家、
イラストレーターの作品が集合しています。子供漫画、青年漫画、少女漫画、アニメ調、
同人サークル、イラスト、そして現代美術まで、そのレンジの広さを、まずは存分にお楽しみ下さい。
発想の豊かさや表現の多様性、表現力のレベルに驚かれる方も多いことでしょう。
現在の日本の漫画を含むアートの世界は、これほどまでに広く活気に満ちているのです。
案外、宇宙からの視線を持った男・龍馬の撒いた種は、
こうした分野でも自由に花開いているのかもしれません。

「私の龍馬イラスト展」プロデューサー サエキけんぞう 高知県立坂本龍馬記念館


RyutaroOdagiri Illustration File
小田切竜太郎イラストレーションファイル
http://www002.upp.so-net.ne.jp/odagiri/
雑誌、装丁、書籍、広告、WEBイラスト、キャラクターデザイン
Top

Copyright (C) All Rights Reserved Ryutaro Odagiri

LISKIS x iPhone【EROSION ART展】@SORAxNIWA

7月29日(日)iPhone からMyPhoneへ! LISKIS x iPhone【EROSION ART展】@SORAxNIWA
参加してます
Erosion-Art-Logo-_B9pCN_B-150x150
【イベント名】 EROSION ART展~iPhone からMyPhoneへ! LISKIS x iPhone
【開催内容】 「浸食」をテーマにiPhone本体の内部へアートを潜り込ませます。
【日時】       2012/07/29() 11:0018:00
【場所】        原宿 THE SHARE 1F SORA×NIWAイベントスペース
【入場料】     無料
【主 催】       LISKIS


LISKISからのメッセージ
このたび、米国を代表する企業Apple社の最高傑作であるiPhone
アートを浸食させる展示会が
SORAxNIWAイベントスペースで開催されます☆
ご存知の通り、カバーやケースといったiPhoneに被さるアートは既に存在しています。
しかし、まだiPhoneに潜り込むアートは存在していません。
来たる7月29日、新進気鋭の若手アーティストとアートプロジェクトLISKIS 手を組み、
「浸食」をテーマに
iPhone本体の内部へアートを潜り込ませます。
その作品群は、iPhoneユーザーの方にとっても、またそうでない方にも
何か新しい気づきを与え
てくれるのではないかと思っております☆
各作家の浸食行為=アートは、現代の日本の縮図ともとれますし、
または現代社会を嘲笑するかのような強いメッセージ性とアート性を兼ね備えています。

当日は各作品をご自身のiPhoneに取り込むカスタムサービスの受注会も兼ねているので、
ユーザーの方はこれを機
にカバーでもケースでもない新しいデザインを取り込んでみてはいかがでしょうか?!
入場料は無料ですので、是非お近くに来られる際はお気軽にお立ち寄り 下さい☆



RyutaroOdagiri Illustration File
小田切竜太郎イラストレーションファイル
http://www002.upp.so-net.ne.jp/odagiri/
雑誌、装丁、書籍、広告、WEBイラスト、キャラクターデザイン
Top

Copyright (C) All Rights Reserved Ryutaro Odagiri