作業環境◆MacOS8.6 フォトショップ5.5
Winの方はオプションキーAlt コマンドキーCtrlと考えていただけると大丈夫…だと思います(不安)

主線の完成主線の色と下地◆影付け◆仕上げと完成

●影付け●

影付け各種。

◆グラデの色合いを使った影付け◆

 わたしがいつも使っている方法です。
 『色見本』から下地に使った色の近似色で、少し濃いものを選び、塗ります。ふーきの場合下地の色はハイライト代わりですので、これが基本的な肌の色になります。
 次に影の基本になる近似色を選び、塗ります。最後に一番濃い部分の色で補正して完成です。今回は4色使っていますが、一番濃い色を省いて3色にすることも、さらに1色加えて5色で作ることもあります。
 ここでのコツもやはり『ブラシ』です。細かいところはサイズの小さな『ブラシ』で塗りましょう。
 WEB上にUPするとかなり色が飛びますし、そもそも解像度を落として圧縮するので「丁寧に描いても意味ねーじゃん」てのは本当にその通りなのですが、やはり細かい部分を作り込んでおくと締まって見えるので、手は抜かずに塗りましょう。
 この辺りはデジタルだろうとアナログだろうと変わりません。手抜きは上手くやりましょう

◆レイヤーを使った影付け◆
 ふーきは影はレイヤーも分けずに作っていますが、影用の『レイヤー』を作って塗るのもひとつの安全策ではあります。
 モードは『通常』でも『乗算』でもお好きな方で試してみて下さい。モードを切り替えて様子を見るのも良いでしょう。
 勿論影の『レイヤー』は肌の基本の『レイヤー』の上部において下さい。基本を下にする時は、基本の肌『レイヤー』『乗算』にすることです。ただし、『乗算』モードでは色が変わってしまいますので注意が必要です。
 メモリに自信がない方は、肌が完成したら『下のレイヤーと結合』で肌は肌としてひとつにまとめてしまって下さい。
 『レイヤー』『ヒストリー』はメモリを圧迫しますので(※後述↓)、保存できなくなったりフリーズしたり、最悪次のときにファイルが開けなくなったりします。
 せっかくの成果が無駄になりますので、自分のパソコンの調子を見ながらお絵描きして下さい。

◆『焼き込みツール』使った影付け◆
 『焼き込みツールとは影付けに大変便利なツールでして、色の明度を落とす効果があります(たしか ←おい…)。いちいち影の色を選ばなくても影をつけることができますので一度お試しください(ここでも『ブラシ』サイズは重要です)
 ただし、この『焼き込みツール』『エアブラシツール』のオプションを『乗算』にしたときのような効果になっていまいますので、少し練習が必要かも知れません。ふーきは思い通りに出来ずにいるのでほとんど使うことはありません(をい)。
 ただ、模様のある面(プリントが入った服や入れ墨の入った肌とか)に影を付けるには大変重宝するでしょう。ちなみに模様のある面に『焼き込みツール』以外で影を付けたいのなら、『乗算』モードの『レイヤー』で色を重ねるという方法があります。
 お好きな方をどうぞ。


+++インターミッション+++

 先程「『ヒストリー』はメモリを圧迫する」と書きましたが、メモリの少ないパソコンでは致命的に圧迫します。
 わたしのマックはメモリが72MBしかありませんが、色付けを始めてレイヤーが増えてくると『ヒストリー』を捨てなければ保存が出来ない状態になります。この場合の解決策は『ヒストリー』を捨てることでしょう。
 『編集』『メモリをクリア』『ヒストリー』でヒストリーを捨てることが出来ます。ただし気をつけなくてはいけないのは、文字どおり『ヒストリー』がクリアされてしまいますので、「よし、もう完璧。ここまでの作業はヒストリーはいらない」というときに行って下さい。以前の作業には戻れなくなります
 一度捨てても『ヒストリー』はどんどん溜まりますので、「よくフリーズする」という方はこまめに捨ててみてはどうでしょうか。他、統合しても構わない『レイヤー』は『下のレイヤーと結合する』でどんどん減らしてしまうのも、メモリの軽減に役立ちます。
 3Dなどをするならばメモリのごまかしはききませんが、絵を描く・色を塗る程度のことならばだましだましやることが出来ますので、諦めずにどうぞお試しください。

消しゴムで消す。

 色を塗り終わったらはみ出した部分を消す作業です。

 『主線』のレイヤーを不可視にしてみると解りやすいのですが、ブラシサイズの大きな『エアブラシツール』で塗っていますのでかなり広範囲に色が飛び散っています。
 これは『肌レイヤー』の下にくるレイヤーに白っぽい汚れを落としてしまうことになりかねませんので、まず『自動選択ツールで色の塗られていない部分をクリックします。次にシフト+『なげなわツール』などで残したい周囲の範囲を追加していき、一気にデリートして下さい。これで消しゴムをかける範囲が解りやすくなるはずです。左がデリートした状態です。

 次に『消しゴムツール』で細かく消していきます。
 『消しゴムツール』オプションにはブラシ・鉛筆・四角・エアブラシと種類があると思いますが、エッジがぼやけた方があとで『ぼかし』をかけずに済むので『エアブラシモード』をお勧めします。
 ちなみにはみ出した箇所の修正に使う場合は消しゴムの強さは100%にしましょう。半端にすると色が残りますので、下のレイヤーに影響が出て汚くなってしまいます。
 やはりここでも『ブラシ』サイズはこまめに変えましょう。

指先で消す。

 応用編です。多分ペンタブレットを使っている方には関係のない作業だと思います。マウス絵描き専用テクニック

 『指先ツールというものがありまして、これがマウスを使っている方には「痒いところに手が届く」ツールでありましょう(多分)
 左上のような指の又の部分ですが、物凄く細かいブラシを使えば消せないこともありませんがちょっと面倒ですよね。そんなときには『指先ツール』を使いましょう(左下が使用後)
 ここでのコツはブラシサイズを開始点の線と線にぴったり合わせることと、強さを調節することでしょうか。この程度の長さの場所ならば50%で充分だと思います。わたしは大体すべて50%で済ませています。
 このテクニックは他の場所、特に髪の毛に応用できます。消す時だけでなく色を塗る時にも使えますので、手書きのスッと流れるような筆の効果が欲しい時には使ってみて下さい。
 これも習うより慣れろです。何度かやるうちにコツも自分に合った強さのパーセンテージも解ってくると思います。
 『指先ツール』を使うかどうかで、仕上がりが格段に違います。ちょっと時間もかかるし面倒ですが、是非お試し下さい。

『肌』の完成。

 左が修正し終わった状態です。
 この『肌』と基本的に同じ手順で眼・髪・服などを塗っていきます。

++注意!++
 レイヤーを分けて塗ることになりますが、自分の使いたいレイヤーが選択されているかどうかは必ず確認して下さい!
 レイヤーが勝手に切り替わることはありませんが、ヒストリーで前の作業に戻ったりするとレイヤーも切り替わってしまうことがあります! これは各種オプションにも言えることですので、きちんとチェックする習慣をつけましょう。


次へ→

掲示板で質問
四阿へ
メールで質問

TOPへ戻る