おたまじゃくしの池

 今までの話  

 できちゃったかも結婚?!

私たちの出会いは、ごくごく普通。よくある「職場結婚」というやつです。
同じ会社、同じ部署、同じグループ。みなさんがよーく知ってる運送会社の配達員でした。
職場は男95%。ここだけの話ですがセクハラなんてごく普通。
むしろ逆セクハラするぐらいの根性がないとやっていけない世界。
いろいろな事があり、精神的にまいってしまい体調までくずした私を
影でフォローしてくれたのが今の主人でした。
なーんていうとやけにかっこいいけれど、これがホントなんですよ。
なんのムードもなく「好きみたい」と荷物積んである車の後ろで告白しました。(笑)
「結婚」というものをあきらめていた私と、まるで考えてないヤツとのつきあいは
それはそれはお気楽なもので(2人ともいい歳だったんですが・・)
なんかあっても「ま、いいか」と、のほほんと月日がながれていきました。。
それが・・、どういうわけか「この人の子供を産みたい」と強く思うようになったんです。
その根拠のない不思議な感覚は今でもよくわかりません。
「この人と私の子供はかわいいだろうなあ〜」なんて、そんな気持ちです。
顔で選んだ?!(笑)そう・・そうかもしれない・・(決してかっこいい訳じゃないです!(力説))
実は私には・・誰もが「それ・・現実の話?」と聞き返すほどの波乱万丈な過去があります。
正直な話、心が疲れていたんだと思います。
多分、彼の「おっとりした優しい笑顔」に、過去の傷が癒されていったんだな・・って、
そして、そんな彼との子供を思いっきりかわいがりたい・・なんていう気持ちかな?
優しい夫と、かわいい子供がいる・・
まるでドラマみたいなあたたかい家庭がほしかった。ずっと。
不思議なことに、同じ頃、彼の口からも「結婚してもいいかな」的な発言が。

心の奥底であたためていた小さな夢が叶うかもしれない・・っていう期待感に、
この頃の私はかなりはしゃいでいた。
もともと、見本どおりのような基礎体温、排卵痛もタイミングばっちりあって規則正しい生理。
10代の頃から生殖医療に興味があり(・Θ・;) 妊娠のメカニズムを熟知していた(つもりだった)私は、結婚前にお互いの気持ちを確認した上で、避妊をやめて子作りスタート。
(まぁ年齢も年齢だしね・・できてからっていうのもアリかなと)
「もしかして赤ちゃんできたかもかも〜♪」なんてバカみたいにウキウキしながら辞表書いて、
2人で住むとこ決めて、親にあいさつして、式場決めて・・
思い立って1ヶ月もしないですべて決まりました。
まわりの誰もが「できたの?」と聞くぐらいのスピード結婚でした。
式場も、指輪も、日取りも全部、寸分狂わず思い通り。なにもかもトントン拍子に。
ただひとつ、「赤ちゃん」をのぞいて。

「え?!もしかしてできないの?」に進む

今までの話のTOPに戻る