おたまじゃくしの池

 今までの話  

 ICSI(ショート法)  --その1--  --その2--

2004年1月22日(木)--生理周期13日目---基礎体温36.14度
鼻シュッシュは今日の夕方で終了した。
今日は1日中、そわそわ落ち着かなかったなー。
夜の11時30分にhCGを打ちに病院へ行った。ふぅ。
最近、おた池の更新作業をくるったように(笑)やっているのは、
多分いろんな不安を忘れる為なんだろうなぁ。
あと一息!がんばれ自分ー!レ(゜゜レ) ガッツだぜ!


注射
hCG(10000単位)


2004年1月24日(土)--生理周期15日目---基礎体温36.19度
今日はいよいよ採卵。
朝10時頃病院へ。10時30分より採卵開始。夫は院内にて採精。
術着に着替え、しばらくのんびり。
時間が来て看護婦に案内され採卵室に入ると、早速ハプニング発生。
技師がとんできて私にこう言った。
「旦那さんの携帯番号教えてください」
はぁ?なんで?カンベンしてよー。番号忘れちゃったよ。(笑)
「旦那さんの精子の状態がひどく悪いんです。
動いているものが1匹もいなくて・・」
ゲーまじかよー!ん?待てよ。凍結の分は?
とりあえず「探したんですか?待ってるはずですよ」と言うと、
歯切れの悪いかんじで「え・・えぇ・・まぁ。見当たらないみたいでぇー」だって。
それにしてもここって一応病院だよね。(笑)電源切ってると思うよ。
はぁ〜・・夫にそのことを言ってもう1回やれって?
あいつ大丈夫かな。できるかな。どうしよー。
・・・ん?またまた待てよ。
夫の精子の状態の悪さはもとからだ。わかっている。
いつも時間をかけて探してもらうのだ。
探したと思われる時間を計算しても5〜10分ぐらい。
なんだかなー。どうも納得できない。
だいたい前にもこんなことあったよなぁ。
「いない」と診断されて、後から「やっぱりいました」とか。
今日はいつもとメンツが違うみたいだし、ほんとに大丈夫だろうか・・不安。
出ばなをくじかれるのは嫌いだ。それに緊張と不安が入り混じり、
色々考えれば考えるほどイライライライラ・・・。なんとか自分をなだめつつ
携帯の番号を教えてしばらくののち、やっとのことで採卵が始まった。
-------------------------------------------
ます、鼻にチューブの酸素のやつ?を入れて、人差し指に心拍計をつけた。
そして点滴。最初は鎮静剤のようなものらしい。
・・・が、全くきかない。鎮静どころか、ひどい興奮状態。(笑)
なかなか静まらない私を看護婦がなだめる。
「大丈夫ですよ。凍結の分もありますしね。安心して・・」とても優しい。
そのうち、先生登場。ん?初めてみる顔だ。
私を担当している先生は今日はお休みだって。でもこの先生とっても優しそう。
「では麻酔の液がはいりますよー」
・・・
・・・
はにゃ?!
右の採卵の途中で麻酔はきれてしまった。ギャー
それからは全くの無麻酔同然。意識ハッキリ。体ハッキリ。
私が麻酔がきれたのに気づいた先生が、麻酔を追加したが全然きかない。
「はい、次左ね」
い・・痛いよぅぅぅぅぅ〜〜
「もうすぐだからね。我慢して」
「ん?腹水たまってるなぁ」「筋腫があるかな?」
「内膜9.6。26日だね」
それから5分ぐらいたって、「は〜い終わり♪」と、私の足をポンポンと叩いた。
---------------------------------------------
一応すべて終了。ベッドで横になる。
異様におしっこが近くなって10分おきぐらいにトイレへ。
点滴をつけたまま、スタスタとトイレに行っていたら看護婦がとんできて
「まだ1人じゃダメです!必ず看護婦を呼んでください!」と
怒られてしまった。ご・・ごめんちゃい。(^ ^;)ゞ
お昼はサンドウィッチがでた。o(・∇・o)(o・∇・)o ヤッタ!
なんてことない普通のサンドウィッチだったけど、すっごくおいしくかんじたよ。
14時頃、ガーゼを抜いてもらい、卵の数の確認。
卵胞の数20。うち卵の数14個。
成熟卵と思われる卵が9個。未成熟卵と思われる卵が5個。
胚移植は26日月曜日に決まった☆
----------------------------------------------
後日談。
この病院は凍結精子を率先して使う主義らしく、
技師が「いない」と騒いでいたのはそっちの方で、
院内で採精した方は問題なかったそうです。(´Д`) フゥ


処方された薬
トミロン(抗生物質) 2日分
ロキソート(消炎鎮痛剤) 2日分

ICSI代金・・・367500円
合計 367500円ナリ

2004年1月25日(日)--生理周期16日目---基礎体温36.38度
昨日は家に着いてからずっと寝ていた。微熱とお腹の痛みでダウン。
今日はだいぶ治ってきて気分もいい♪
朝11時に受精を確認の為連絡。
電話をする時、思わず正座してしまった。(笑)
結局6個の卵にICSI。そのうち4個が受精した!やった!!



2004年1月26日(月)--生理周期17日目---基礎体温36.54度
朝の11時に受精卵の分割の確認の電話を入れた。
4つとも分割しているということだった^^1つは3分割。あとの3つは2分割。
予定通り、16時30分から胚移植。
3時間ぐらいトイレに行かず、紅茶を飲んだり尿をためているつもりだったが
「う〜ん。普段おトイレあんまり行かないでしょ?」と言われた。
たまり(?)が悪いらしい。
私はそんなことより、モニターに写っている受精卵 に夢中だった。
「わ〜・・あれが卵ちゃんなんだ〜・・」感動・・!!
そうこうしているうちに先生登場。
「あららら〜〜いいじゃないいじゃない!うん!」初めてホメられた!(笑)
グレードとしては、1と2が2つずつ・・ということだった。
4分割2つ、3分割1つ、2分割1つ。
ん?分割スピード遅くない?それに、私が見たグレード1とか2の受精卵は
もっとすんごいキレイで分割もメチャ早かったけどな。
まぁそこらへんは病院によって違うんだろう・・。

それにしても私の受精卵っ(笑)
朝、確認した時からまた分割してる!すごい!生きてるんだ・・なんて
1人でじわ〜んとしていた。(笑)
先生の予想以上によい卵だったらしく、部屋はにぎやかになった。
私の卵子も夫の精子も状態が悪く、多分ダメだろうね〜とみんなで言っていたそうだ。
相談ののち、戻す卵は2個。残りの2個は凍結ということに決まった。
腟洗浄が痛かったが、みんなの言うとおり、胚移植そのものは痛みもなく
簡単に終わった。立ち会った夫は、卵が入る時すごく興奮していたよ・・。
「まっすぐ入ってやりやすい子宮だったわ〜」というセリフを残して先生は去っていった。
そのまま(寝たまま)採血とhCGの注射をして、回復室に移動。
40分ほど横になり再び診察。先生は始終ご機嫌だった。
卵ちゃん、くっついてくれるといいな〜。
お姫様生活・・憧れではあるけれど、ちょこまか動きたがりの私にできるだろうか。
がんばってお姫様しなくっちゃ!姫って顔じゃないけどね。f(^^;) ポリポリ
次は30日に注射。


注射
hCG(1000単位)
プロゲストンデポー(125mg)

処方された薬
デファストン 14日分


2004年1月30日(土)--生理周期21日目---基礎体温36.50度
今日は注射。
注射の前に、お腹の様子はどうですか?と聞かれ、
「だんだんよくなってきていますが、生理痛のような痛みがちょっと」
と言うと、ひとまず内診になった。
腹水が少したまっていて、左の卵巣はかなり腫れているらしい。
右の卵巣はひとまわりぐらい。でも日常生活に支障はないという。
まぁそれは私が1番わかっているけど・・(^ ^;)
先生は女医さんだからか、結構きびしい。
今日も「サボリ病にならないでよ!」とキツく言われた。f(^^;) ポリポリ
お腹の張りと痛みは明日〜明後日がピークになるということだ。
なぜかというと、今日の注射で・・。
hCGの注射はともかく、プロゲストンデポーって異様に痛い!!
打ってる時はまぁいい。問題は打った後!!
ぐわわぁ〜んという痛みでうずくまることしばしば。
今も痛い。動かすだけで痛い。泣けるぜィ・・(ToT)


注射
hCG(1000単位)
プロゲストンデポー(125mg)

診察+超音波検査・・・1050円
合計 1050円ナリ

2004年2月2日(月)--生理周期24日目---基礎体温36.48度
内診によると、腹水は少しひいたみたい。まだちょこっと残ってるけど。
卵巣の腫れは相変わらずだった。
だんだんお腹の張りとかはなくなってきて、変わりに生理前のような
ズンズンっていう痛みがでてきた。はぁ〜嫌な痛みだなぁ。
なんか最近、気持ちもブルーでイライラとがっくりこんが激しい。
そんな精神状態だから、正直ほとんどあきらめているのが、なかなか辛い。
いつもの生理前と全く同じ。なにもかもが嫌になってしまうこの気持ち。
あ〜あ〜こんな自分も嫌だわ。とか。
あれも嫌だ〜これも嫌だ〜って・・・単なるわがまま女じゃん。(苦笑)

今日は血液検査をした。もうプロゲ注射とはおさらばだ〜ヽ(´▽`)/〜♪

------------------------------------
血液検査の結果は非常によく、
かなり期待できるホルモン値ということでした。
でもなんの自覚症状もなく「ほんとかよー」という感じ。


注射
プロゲストンデポー(125mg)

診察+血液検査+超音波検査・・・2780円
合計 2780円ナリ

2004年2月7日(土)--生理周期29日目---基礎体温36.44度
たまには日記を書こうかな〜と思い立った。(^ ^;)ゞ
はっきりいって、いい兆候などもなにもない。生理前の症状全開です。(笑)
腹水も完全にひいたと思う。お腹もスッキリだし。
生理はこないけど、別に遅れているわけでもないしな。
体温も低い。昨日まで36.55度ぐらいだったけど今日また下がっちゃった。
もうつまんなくってつまんなくって。(笑)
今回いつもと違うことは、生理前でも普段はわりと温厚な私が(笑)
イライライライラしているということだけ。どうも我慢がきかない。
ちょっとしたヒトコトでカチンときてしまう。
もぅ〜まったく!私は誰?誰なの?!というかんじです・・。
ハッ!大事な話を忘れてた。
今日ね、ついに妊娠検査薬を試しちゃったのです。
結果はしっかり(−)陰性でした。チェッ(笑)
ちなみに病院の判定日は来週の月曜日です。



2004年2月9日(月)--生理周期1日目---基礎体温36.48度
今日は判定日。
結果は・・・どっちみち朝イチで生理になってしまいました。(=△=) ガーン
病院に行くのが今日ほど苦痛だったことってなかったなぁ。
実は昨日、激しい頭痛と腹痛で久々に苦しい思いをした。
何日か前からほとんどあきらめの雰囲気だったけど、
昨日で×決定ってぐらいに辛かった。
よく、妊娠の兆候で「生理痛のような痛みが〜」っていうけど
こんなにひどい訳ないだろうというぐらいだったからね。(笑)
けれど、それでもまだ生理がきてなかったからバファリンを飲むのを我慢した。
とりあえず病院に行って結果をはっきりさせて、家に帰ってそっこーで飲んでやっと復活。
それとともに、私のイライラも消えてきた。不思議だなー。
病院では先生の方が落ち込んじゃって、私の方が明るくふるまったりしていたよ。
もちろん3月に凍結胚移植決定!
まだまだがんばりまっせ!d(*⌒▽⌒*)b

直接言えなかったからここで・・
なんだかんだいって、実は私はこの病院のみなさんととても仲良くなった。
先生は気分屋で短気なのでちょっと苦手だけどね・・(苦笑)
今回残念な結果になってしまったけれど、
精一杯がんばってくれてありがとうございました。
また、よろしくおねがいしま〜す!


処方された薬
カバサール 2日分(3月から服用)

診察+妊娠検査・・・580円
薬代・・・290円
合計 870円ナリ
この周期の基礎体温

「ICSI(ショート法)--その1--」に戻る     「凍結ET--その1--」に進む

今までの話のTOPに戻る