おたまじゃくしの池

 今までの話  

 明るく楽しく暮らそう!!

私の小さな憧れは・・車の後ろに「赤ちゃんが乗ってます」をくっつけることだった。
別に深い意味はない。
あれをつけてどうなる訳でもないのも長年運転手だった者としては承知の上だ(笑)。
ただ・・なんだろう・・。
「私は幸せです」っていう看板のように思えて、なんだかとってもいいなと思っていた。
昔、友達と酒を飲みながらそれを言うと、みんなが笑った。
「現実的な夢だねえ」って。「すぐ叶うじゃん」って。

私は毎日「これからどうやって生きていこうか」と、悩んでいました。
そしてある日・・本当に突然なのですが、会社に行く夫の寂しそうな後姿を見た時、
「私、何やってるんだろう」フッといきなり我に返りました。
「私には、ちょっと頼りないけど優しい夫がいる。もう一人ぼっちじゃないんだ。
夫と2人で、もっと仲良く、明るく楽しく過ごしていこう」
(私はこの時まで”所詮人間はひとりぼっち・・”のような考えに支配されていました)
そして「夫婦あっての赤ちゃんということを忘れてはいけないんだ」と気づきました。
さて、手始めに何をやろうか・・そんな時、パソコンが光って見えたのです。(笑)

「男性不妊のホームページをつくってみよう」
「私と同じような悩みをもっている女性がきっといるはず」
かなり勉強したし、ある程度の質問には答えられる自信はある。
でも・・本格的な治療の経験がない私が、いったい何の為に、どういうホームページを?

私は、その時なぜか、今まで好き勝手に生きてきた自分の人生を振り返り、
「もしかしたら、こんな私でも誰かの何かの役にたてるかもしれない・・いや、役にたちたい!」
そんな気持ちでこの”おたまじゃくしの池”を作りました。
「不妊治療をがんばっている人」には、私の分までがんばってほしいと。
「不妊治療をしたいけどできずにいる人」には、お互いに励ましあおうと。
「もう、ダメみたい」と落込んでいる人には幸せになる道を一緒にさがそうと。
希望が満ち溢れる暖かい場所を作ろうと思いました。
自分の為だけじゃなく。誰かを幸せにしたい。私も幸せな気持ちになりたい。

打ち込むことが見つかると、立ち直りは早いものだ。
なんとなく明るい日々がもどってきそうなある日・・・病院から、
「あれからよくさがしたんですが、ほんのわずかですが正常な精子が発見されました。
かきあつめれば顕微授精が可能かと思われます。
あ・・でも、変に誤解はなさらないでくださいね、自然妊娠は無理ですから。
それと、ご主人ほどの重度の乏精子症は食事療法、漢方などは無駄ですので。
すぐに何度かお電話さしあげたんですがいつもお留守だったもので・・」
と、連絡があったのです。
そういえば、ずっと電話の存在を無視していた。誰とも話したくなかった。
早い話が居留守をつかっていたのである。
まあともかく、変に誤解はしなかったものの(笑)、
「1匹でも正常な精子がいた」ということに元気をとりもどし、
その日から自己流「元気な精子製造大作戦」を開始しました。
「無駄なことなんてない。もう、やるしかないんだ」それは明るい決意でした。
まずは本やネットで情報収集!医学書を読みあさり、勉強勉強・・
そして生活改善からスタート。生殖能力にはたらきかける栄養素「亜鉛」に注目。
料理も勉強し凝った献立が毎日食卓に並びました。
子供がほしい夫も生活改善を一生懸命がんばる毎日。
もともとDr,コパ信者の私は、それまで縁がないと思っていた子宝風水の所を読み返し、実行。
「ざくろの絵」を北方位にかざり、枕もとにもかざり、オレンジ色のグッズをさがしにでかけ・・・。
部屋を子宝風水的に(?)大々的に模様替え。
あらゆる「健康食品」「子宝神社」「子宝風水」「子宝グッズ」。
不妊治療ができない今、他にやれることはすべてやりたい。
何かを信じてがんばりたい。
今はもう、結果が思うようにいかなくても夫と2人、
仲むつまじく暮らしていけるような気が・・なんとなく(笑)しています。

「自分の病気で・・」に戻る     「ICSIにむかって」に進む

今までの話のTOPに戻る