おたまじゃくしの池

 今までの話  

 いよいよ治療スタート!

2003年6月上旬
やっとのことで、治療を本格的にスタートすることになりました。
私の体調良好!元気ハツラツ!(笑)
そして・・これもやはり、亡き父のおかげで・・
父は不妊治療に使う充分なお金を遺してくれた。
さて、病院はどこにしよう。
おた池の病院情報を見て決めようと決意。(笑)
どこの病院にしようかとあれこれ悩んだ末、前に行っていた病院に決めました。
(ちなみにおた池の病院情報に載っています)
今、あらためて思うと・・いろいろ納得のいかないこともあった。
でも、いろんな意味で都合のいい条件が揃っているから。
正直に言って、前の病院での出来事は、どんなに思い出そうとしても
あんまりよく思い出せないんです。モヤがかかったような・・
それは多分、あまりのショックでボ〜っとなっていたからなんだろうと思います。
でも、今はあの頃の自分とは違う。見極める冷静さももっている。
行ってみて、もしなにか変だったら変えればいい。
そんな気持ちで、はりきって夫と共に病院に向かいました。
---------------------------------------------
行ってみてびっくり。病院はかなり変わっていた。
高級ホテル(?)並みに綺麗で上品な雰囲気。
気になっていた看護婦さんの態度も全然違っていた。とても感じがいい。
すっかり気をよくした私は、今回はあえて苦手な院長を指名した。
「今の私は冷静。きちんと対応できる。しっかり見極めてやろう」という思いをこめて。

約2年ぶりに会った院長の対応は、あんまり変わっていないように思えた。
相変わらず早口で、こっちの話をあんまり聞かない。(笑)
でも、今回は、夫も私もやる気満々。
負けずにまくしたてる私に、院長もちょっとタジタジしていた。ん〜こっちのペース♪(笑)
今回治療を再開するにあたり、まずは夫の精液検査からスタートした。

1回目の検査 2回目の検査 今回の検査結果
精液量 3.5ml 3.5ml 3.5ml
精子濃度 0/ml 100万/ml 1100万/ml
総精子数 350万 3850万
運動精子数 14 38万
精子運動率 0% 0.0004% 1%
良好精子数 検査不能

夫の精液の状態は劇的によくなっていた。
良好精子は不明なものの(これがいないと自力で受精は無理)運動精子数、約27000倍。
院長によると、最初の夫の状態で、なんの治療もせず(マカを半年飲んだだけ)
これだけの変化は稀なケースということで、夫の薬物治療を強くすすめられました。
以前「食事療法・漢方などは無駄です」って言い切られたけど、
こんなこともあるんだなぁ。でも、この「運動率1%」っていうのが問題で、
薬物治療の後、結果が変わらなかったら「TESE-ICSI」ということに決まった。
前回の、「かきかつめて顕微・・」ってなんだったんだろう。
まぁいいか。いい結果がでたんだから。結果オーライでいこう。

気が短い私は、来周期からショート法で・・と考えていただけにちょっと肩透かし。
夫は・・と見てみると、なんだかニヤニヤしている。すごく乗り気らしい。
でもまぁ、この病院、男性不妊外来もあることだし・・。早速予約を入れた。
精子が作られるまで約2ヶ月。また待つのか・・と思いつつ、
今まで2年待ったんだから、と思い直す。
フッと見ると、「当クリニックを卒業したみなさんへ」というパンフレットが置いてある。
その病院は産婦人科を併設しているのだ。
「縁起がいいからもらっていこう」
必要になることを信じて。


ひさびさなので初診扱い+血液検査+精液検査・・・12310円
合計 12310円ナリ

2003年6月中旬
今日はいよいよ男性不妊外来(泌尿器科)だ。
夫がひどく緊張しているのがよくわかる。
「大丈夫だよ〜もしダメでも全然オッケ〜だからね〜」などと、
どうでもいいようなバカっぽい言葉で元気づけようとする私であった。
(これは気を楽にさせる為に私がわざとしている事ですよ!(笑))
夫は・・ちょっとはなごんだみたい。さすが夫婦

そして、その1時間後、夫のくわしい結果がわかった。
ホルモン値は、男性ホルモンの値が少々低めだがかろうじて正常。
その他ホルモン検査の結果により、精子を作る機能は働いていると診られるらしい。
そして・・問診、視診、触診の結果、(私は診察室を追い出された(^ ^;))
「前立腺の炎症(慢性前立腺炎)」「片方の睾丸の異常」が診られた。
これが不妊の原因ですね。←と、ドクターが言った。
う〜ん。おそるべし泌尿器科。簡単な診察でそこまでわかってしまうものなのね。
EDのカウンセリングもやっているという泌尿器科のそのドクターは、
優しく穏やかな雰囲気で、夫もすっかりリラックスしていた。説明もわかりやすい。
泌尿器科・・行く前は緊張でガチガチになっていた夫も
「来てよかった」しみじみそうつぶやいた。
2ヵ月後、きっといい結果が・・。がんばれ夫よ・・!


処方された薬
セルニルトン 28日分
クラビット(抗生物質) 28日分
ツムラ人参養栄湯 28日分

夫・初診・・・1020円
薬代・・・8810円
合計 9830円ナリ

「あれから・・」に戻る     「ICSI(自然周期採卵法)」に進む

今までの話のTOPに戻る