おたまじゃくしの池

  男性不妊って?  

 原因別の治療の進め方

造精機能障害(精子がうまくつくれない)→乏精子症、非閉塞性無精子症
特発性造精機能障害 精索静脈瘤 染色体異常
耳下腺炎性精巣炎 ストレスや内科系疾患 両側停留精巣放置

精路通過障害(精子がでてこられない)→乏精子症、閉塞性無精子症、無精液症
精管がふさがっている・狭い 精巣上体炎などの炎症 逆行性射精

副性器機能障害(精子が活動できない)→精子無力症、膿精液症
前立腺炎 精嚢腺炎

性機能障害(きちんと性交できない)→勃起機能の低下(ED)
性交障害 射精障害(腟内射精不能)

この他に・・
精子不動症 精子死滅症 奇形精子症



造精機能障害(精子がうまくつくれない)

男性不妊の9割以上は精巣やホルモン分泌等に問題のある造精機能障害といわれています。
これは精子をつくる機能自体に問題があるという事です。
これらは乏精子症、非閉塞性無精子症などの原因となります。

特発性造精機能障害

造精機能障害の中でも、特に原因不明なものを特発性造精機能障害としています。

 軽度の乏精子症ならば、薬物療法で精液の状態がよくなる場合があります。
男性不妊の治療に使われる薬は、ホルモン剤、非ホルモン剤、漢方薬にわけることが
できますが、明らかにホルモン値が低い場合は通常ホルモン補充をして様子を見ます。
このような場合、男性側が薬物療法を受けながら、女性が排卵誘発剤を服用しての
「人工受精」などから治療をはじめる場合が多いでしょう。
管理人の夫の場合、重度の乏精子症でしたが改善が見られました。
    最初からあきらめずに、信頼できる医師とよく相談しましょう!

 非ホルモン療法
ビタミンB12「メチコバール」
1日3〜6錠を3〜6ヶ月間服用します。
ビタミンB12には、末梢神経の働きを高める効果があります。
また、ビタミンB12誘導体のメチコバラミンが、体内での精子生成を促します。

ビタミンE(ユベラ)
1日50mgを3〜6ヶ月間服用します。
ビタミンEには、血液の循環を高めて、ホルモンの分泌をととのえる働きがあります。

カリクレイン(カリクレイン)
1日6〜9錠を3〜6ヶ月間服用します。
カリクレイン剤には血液循環を高める作用があり、精子の運動能力の改善にも。
 ホルモン療法
hMG−hCG療法
ホルモン検査でFSHやLHが低い人に対して、hMGとhCGの注射剤を週に2〜3回、
1〜3ヶ月間投与してホルモンを補充します。

クロフェミン(クロミッド)
半錠を25日間服用して、5日間薬を休むのを1クールとする投与法などがあります。
テストステロン(男性ホルモン)の働きを抑えてFSHやLHの分泌を促します。

ブロモクリプチン(パーロデル)
高プラクチン血症の治療薬。
1日半錠か1錠を、プロラクチンの数値が下がるまで飲み続けます。

テストステロン
テストステロンの注射剤を週に1〜3回、2〜3ヵ月続けたあとに中止します。
すると、一時的に造精機能が低下するものの、1〜2ヶ月後にテストステロンの分泌が
急に増えて(はねかえり現象)以前よりも精液の状態が改善されることも。
 漢方薬
漢方薬
「八味地黄丸」「補中益気湯」「牛車腎気丸」などが代表的ですが、
その人の体質にあわせて「柴胡疏肝湯」「竜胆瀉肝湯」など、様々な漢方薬が使われます。
また、精索静脈瘤については「桂枝茯苓丸」が有効です。
(東京歯科大学市川総合病院の調査では、80%で静脈瘤がなくなり、
60%で精子数・運動率共、改善しています)

 薬物療法の効果は?
残念ながら、男性不妊の薬物療法は、女性の排卵誘発剤のように
ほとんどの人に効果がみられる薬はありません。
効果がない薬を漠然と飲み続けるのは意味がありませんので、
3ヶ月を1クールと考えて、薬を服用した後に精液検査を受けるのが原則です。
治療につかわれる薬は、まず非ホルモン剤、効果がでない時はホルモン剤に
きりかえていくのが一般的です。漢方薬はホルモン剤などの補助的役割をもちます。
さまざまな薬物治療を試して改善がみられない時は、体外受精などの治療法を考えていきます。

 重度の乏精子症や無精子症になると、薬物療法は期待できません。
造精機能障害は、原因不明のものが大半を占めるので治療が困難なのです。
また、人工受精にはある程度の精子数が必要なので、精子数がそれよりも
少なければ、体外受精や顕微授精を検討する必要があります。
受精する精子は、成熟して運動能も受精能も高いものがベストで、
射出された精子がより望ましいのですが、それが無理ならば、
精巣上体を通過して運動能や受精能を与えられた精子、さもなければ
精巣内の精子を顕微授精をすることになります。

精巣、精巣上体に精子が見あたらないケースでは、
後期精子細胞(精子が完成する一歩手前の細胞)を顕微授精に用います。
実施している病院は少ないですが、最近では妊娠例も増えてきています。
前期精子細胞(精子の形になる一歩手前の細胞)の場合は、
未だ日本不妊学会の倫理委員会が、「基礎研究が不足しているため慎重に」
との報告を出しています。世界的に見ても、妊娠例は数十例と言われています。
前期精子細胞で顕微授精を行っている国内の施設は、ごく少数ですがあります。
前期精子細胞とは、精子をつくる過程で染色体が23本になった最初の細胞です。
これ以上さかのぼることができないので、究極の治療法とされている細胞なのですが、
前期精子細胞までしかつくれない人の治療をどうするかが、今後の課題となっているようです。

精索静脈瘤

造精機能障害の3人に1人は精索静脈瘤が精液の状態を悪くしている原因だとされています。
外科療法で半数以上の人は精液の状態が改善。自然妊娠をめざせる場合もあります。

 精索静脈瘤は、精巣からでている静脈に血液が滞って、こぶ状にふくらんでくる病気です。
これは血液逆流を防ぐ静脈の弁の働きが悪くなり、精巣内温度を上昇させてしまうもので、
精子形成に悪影響を与えます。精巣内は33.6度程度にの温度に保たれている必要があり、
精巣を包んでいる陰嚢が体外にぶら下がるつくりになっているのはその為なのです。
こうした温度の上昇や、血液が滞って低酸素状態が重なると、精巣の働きが悪くなって
造精機能障害になります。大きいものになると目で見てわかるくらいの大きさになるので、
自分で異変に気づく人もいます。
精子をつくる造精機能障害は原因の大半が不明なのですが、3人に1人は、
この精索静脈瘤が原因で精巣の働きが悪くなったケースと考えられます。

精索静脈瘤が疑われると、「超音波断層法」「カラードプラー法」「陰嚢皮膚温度測定」
などの検査を経て、確認されたら外科療法を行います。
どの検査も外来で簡単に行う事ができます。(病院により異なります)

手術法としては、現在4種類あります。
「低位結紮手術」
外来で局所麻酔で行えるので入院の必要はありません。
マイクロサージェリー(下腹部に小さな穴を開け、顕微鏡で観察しながらの手術)を行います。
傷が小さく痛みも少ないのですが、顕微鏡を使う処置なので高度なテクニックが必要です。
今後主流になる治療法。

「高位結紮手術」
腰椎麻酔なので、入院が必要。
下腹部を切開して、静脈を結紮する手術なので傷はやや大きくなります。

「腹腔鏡下手術」
全身麻酔なので入院が必要。
小さな傷が数ヶ所にできますが、術後の回復は早めです。

「経皮的塞栓術」
皮膚から静脈に針を刺して、血管(静脈)をふさぐ手術をします。
再発率がやや高いのが難点。

 このような外科療法を行って精液の状態が良くなる人は全体の約60〜70%。
静脈瘤の症状がひどい人ほど効果は高いのですが、すべての人が改善されるわけではありません。
とはいえ、精液の状態が良くなれば自然妊娠が可能になることもあるので、
試してみる価値はあります。

染色体異常

 精子をうまくつくることができない原因に、染色体異常も考えられます。
例えば、性染色体のX染色体が1本多いクラインフェルター症候群の場合は、
男性ホルモン値が低く、精巣が小さかったり、乳房が女性のように大きくなる
といった特徴がみられます。この場合、精液中にある程度の精子が見つかれば
薬物治療を行いながら人工受精を行い、ごく少数の場合は体外受精→
顕微授精へと進んでいきます。
ただ、これによって妊娠・出産できて男子が産まれた場合、染色体異常が
遺伝する可能性があります。
クラインフェルター症候群で約1%程度ですが、そのことについては
医師からきちんと説明してもらい、夫婦でよく相談しておくことが大事でしょう。

耳下腺炎性精巣炎

 おたふくかぜから引き起こされた精巣炎のことです。
精巣はそう簡単に細菌などがはいりこめないように保護された臓器ですが、
時には細菌や、特にウイルスなどによる急性炎症が生じることがあります。
ごく少数ではありますが、成人男性がおたふくかぜにかかると、
おたふくかぜのウイルス(耳下腺炎ウイルス)により精巣炎を併発して、
精子をつくる組織がダメージを受けてしまう場合があります。

ストレスや内科系疾患

 日常的にストレスを強く感じていると、精子の状態も悪化しますから、
このような場合は薬物療法や漢方薬で体調の改善をはかります。
また、内科系の病気があっても、精子に影響することがあります。
糖尿病や、肝臓病、高血圧や高尿酸血症、動脈硬化などの病気が
隠れていないかをきちんと調べ、もしも病気が見つかったらしっかり治すことが大切です。
また、先天的な男性性器の形態異常などのために精子が減少する場合もあります。
最近では、環境ホルモンなどの影響も指摘されていますが、日常生活でも
タバコはやめるなど、できることから、体と心に良い生活を送るよう心がけたいものです。

両側停留精巣放置

 先天異常の1つです。
母親の胎内にいる頃、精巣(睾丸)は腹腔内に発生し、しだいに下降して、
32週頃までに陰嚢の中に入りますが、新生児20人に1人ぐらいは出生時までに
精巣が陰嚢内に下降していません。この状態を停留精巣(停留睾丸)といいます。
これらの多くは、生後1年以内までには自然に陰嚢内に下降してきますが、
中にはなかなか下降してこない場合があります。そういった場合、以前は
5歳頃までに矯正手術をし、陰嚢内に降ろして固定すればよいと考えられてきましたが、
今では1歳になっても自然に下降しなければ、できるだけ早めに手術をする必要があるとされています。
停留精巣の原因はよくわかっていませんが、多くは精巣そのものの発育不良を伴っており、
ほうっておくと精巣で精子を作る働きが弱くなり不妊症の原因となります。
この他にも、捻転(精巣が痛みを伴って精索の部分でねじれる状態)や、
精巣腫瘍の原因となる恐れもありますので、後年、注意が必要です。

  造精機能低下の治療をしている時、1番大切なことは短気を起こさないこと。
「こんなことをしていてもどうにもならないのではないか」と短気を起こしてしまう人も
いると思いますが、精子が完成するだけでも2ヶ月半はかかるのですから、
少なくとも2ヵ月半から6ヶ月程度、治療しながら観察していく必要があります。
そして、どの原因の場合も、精巣生検をしてみると精子がごくわずかに
つくられている場合もあるので、あきらめずに、まずはきちんと検査をうけてみましょう。

精路通過障害(精子がでてこられない)

精巣でつくられて精巣上体に貯蔵された精子は、精管、精嚢を通って尿道に入り、
ペニスの外尿道口から射精されます。
この精子を運ぶ輸送路のどこかに問題があると精子が外に出られません。
これらは、乏精子症、閉塞性無精子症、無精液症などの原因となります。

精管がふさがっている・狭い

 精管がふさがっていたり、狭くなっている為に精子が通過できない場合があります。
生まれつき精管に問題がある人もいますが、原因としては精嚢の奇形、精嚢部狭窄などが
考えられます。外傷などによって通りが悪くなっていたり塞がってしまう場合もあります。
また、小さい時に受けた鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸の手術)の際、
誤って精管を縛られてしまい、通過障害を起こしている場合も時にはみられます。
その他、精嚢で形成される精液に果糖が含まれていない場合には、精嚢か輸精管に
欠陥があるか、射精菅が閉塞している可能性が考えられます。

いずれにしろ、問題のおきている部位を突き止めて精路再建術を行う事ができます。
これは、精管と精管、精巣上体と精管をつないで精路を通す
顕微鏡下手術「マイクロサージェリー」というものです。
また、精巣上体遮断による通過障害の場合は、精巣上体輸精管吻合術を行います。
この外科的処置は、閉塞部にバイパスを形成する為に、泌尿器科の医師が考案したものです。
ただ、生まれつき精管の全部がつくられていない場合や、女性側が高齢などで
妊娠を急いでいる場合は、精巣や精巣上体から精子を採取して顕微授精を行うことになります。

精巣上体炎などの炎症

 精巣上体炎や精管炎など、炎症の影響で精管がふさがり、
通過障害を起こすこともあります。
炎症の原因は、結核や性行為感染症(STD)ですが、
最近は、このSTDが大半を占めています。
あるいは前立腺肥大症の手術や、尿道、膀胱の内視鏡検査などの後に見られる事もあります。
炎症が起きていると、射精した時に精路で精液に白血球や雑菌がまじります。
白血球の攻撃にさらされた精子の多くは、残念ながら死んでしまいます。
ただ、一部には生き残る精子もありますから、これらの精子を回収して不妊治療に
役立てていくことはできます。
治療は、抗生物質で炎症を治すことが先決です。
治療により、1週間程度で軽快しますが、完治にはやや時間がかかります。
しかし、炎症がおさまっても通過障害が改善されない場合は、精巣や精巣上体から
精子を採取し、その精子を使って顕微授精をすることになります。

逆行性射精

 逆行性射精とは、射精した精子が精液中に射出せず、膀胱内に入ってしまう
状態を言います。これは、内尿道口の閉鎖不全により膀胱内に逆行してしまうもので、
性交後、尿の中に精子が見つかることで診断がつきます。
無精子症の場合には、1度、尿を調べることも重要です。
生まれつきの場合や、原因がはっきりしないことが多いのですが、
糖尿病や、脊椎損傷、尿道、膀胱、骨盤、前立腺の手術で
引き起こされるケースがあるようです。
射精感があっても精液のほとんどが膀胱に射精されてしまう精液減少症や、
無精液症などの症状も見られます。
治療法としては、膀胱から精子を採取して人工受精をする方法や、
前立腺などへの電気刺激による治療法があります。

■人工受精、または体外受精など
膀胱の中を精子用の培養液で何回か洗っておき、
さらに培養液を注入しておいてからマスターベーションで射精します。
その後、培養液ごと精子を取り出し、洗浄してから人工受精、又は体外受精を行います。

■電気射精法
直腸内に電極を入れ、前立腺を電気的に刺激して射精を即す方法。
ただし、電流が流れている間は激しい痛みを伴います。

■前立腺マッサージ法
直腸指診と同じ要領で前立腺を刺激する方法です。
脊椎損傷の方には非常に効果がある場合があります。
電気射精法に比べて痛みが少なく、簡単に行える方法です。

逆行性射精では、精子が膀胱へ逆流してしまうことにより
運動率が低下してしまう場合があります。ほとんどの場合、人工受精を行いますが、
良好精子が少ない場合は体外受精や顕微授精などを行う場合もあります。

副性器機能障害(精子が活動できない)

精子の数が多数あっても、良好な運動ができなければ受精する事ができません。
精液は、液体(精しょう)と精子でできています。液体(精しょう)の中身は、
前立腺や精嚢腺からの分泌液なので、ここに炎症が起こると精液の中に白血球が増えます。
精子の頭の部分には、卵子に侵入する時に重要な働きをする酵素の膜があるのですが、
白血球が増えると、この膜の働きが悪くなり、卵子に侵入する力が低下してしまいます。
これらは、結核菌、クラミジア感染、マイコプラズマ、サイトメガロウイルスなどによって
ひき起こされ、精子無力症、膿精液症などの原因になります。

前立腺炎

 前立腺は、膀胱の下部に接するように位置し、
精液の一部である前立腺液をつくり、分泌します。
その量は精液全体の約15%。前立腺液には亜鉛が多く含まれ、
精子の運動を助けたり、精液に殺菌効果を与えているものと考えられています。
前立腺には、この他にも精液が逆行しないようにする大切な働きも。
前立腺炎とは、前立腺に細菌が感染して生じる炎症で、急性と慢性があります。
症状としては精液に血が混じるなどがあり、通常は無痛です。
直腸指診で前立腺あたりに触れると痛みがあるので、診断は容易。
2〜3週間の抗生物質(クラビットなど)の投与により完治しますが、
その間はアルコールを禁止する事が大切。不十分な治療や、再感染により
再発、再燃を繰り返すと急性憎悪を繰り返し、慢性の状態となります。

精嚢腺炎

 精嚢(精嚢腺)というのは、膀胱の後方に接するように位置する
袋状の細長い5〜6cmの臓器で、左右対称に一対あります。
精液の約70%がここから分泌される精嚢腺液で、精子の運動を活発にさせる
栄養源「果糖」を含んでいます。
(精子の栄養源は果糖のみで、これが不足すると精子の機能が低下します)
精嚢腺炎とは、精嚢腺に細菌が感染して生じる炎症の事を言います。
症状、治療法などは前立腺炎とほぼ同じで、早い時期に治療を始めれば
短期間で完治しますが、慢性化している場合は数年かかることがあります。

性機能障害(きちんと性交できない)

男性不妊の1割程度に「性機能障害」が見られます。
精子を造る機能は正常でも、勃起ができず、マスターベーションでも射精できない状態と、
勃起はできるが膣内に射精できない状態とがあります。
一般的には、勃起機能の低下(ED)という言葉がよく使われていますが、
EDとは、勃起が十分でないために、満足な性交渉を行うことができない事を言い、
軽症、中等症、完全型があります。
男性不妊治療では通常、性交障害、射精障害、などの用語を用いる事が多いようです。
これらの根本的な治療は時間がかかる為、妊娠を急ぐ場合は人工受精などを行います。

性交障害

 愛情はあり、仲も非常に良いのに性行為ができないご夫婦は多いと言われています。
結婚したことにより、家族(父母、兄弟姉妹のような)という目でしか見られなくなり、
性の対象として見られない、興奮しない、などで勃起できなくなった場合です。
結婚以来、1度も性行為ができない状態を「新婚ED」と言いますが、
その原因の内訳をみると、緊張や過去の性交の失敗、仕事からの抑圧など、
いかに男性がプレッシャーを感じているかがわかります。
初体験の時にうまくできなかったことが心の傷になっていて、
性交というと緊張して勃起できないという場合や、初体験の時期が遅かった人、
性に対して奥手な人にとっては性行為自体が極度の緊張をしいられる作業になります。
これらが原因のEDは、うまくいった経験が重なればおのずと改善されていくものですが、
こうした新婚EDよりも、結婚してからだんだんと性交できなくなった、といったケースが
大半を占めており、原因としては、心理的な要因と身体的な要因とが考えられます。

心理的な要因の代表格は、「ストレス」。
ごく日常にみられる心理的要因としては、過去の性交の失敗からくる不安、
夫婦間のトラブル、仕事からくる不安やストレス、離婚、失恋、などがあげられます。
また、心の奥底にひそむ心理的要因としては、怒り、憎しみ、ねたみ、愛憎葛藤、
生育上の諸問題、幼児期における精神的外傷などがあげられます。
ストレスや不安な気持ちをもつと、性欲を減退させる場合があり、
特にうつ病では50%がEDを合併するとも言われています。
心理的要因には深層心理に根ざすものがあり、専門医のカウンセリングなどの
治療が必要ですが、効果が少なかったり、非常に時間がかかるケースが多いので、
マスターベーションで射精が可能な場合は、人工受精などを行う方法が有効と
考えられています。

身体的要因としては、陰茎の勃起に必要な血管や神経、ホルモンのトラブルがあげられます。
糖尿病、高血圧症、喫煙、飲酒など、好ましくない生活習慣からEDになる場合があり、
とくに動脈硬化などから陰茎への血流が悪くなっていると十分に勃起することができません。
その他、降圧剤の一部、メジャートランキザイザー、抗うつ剤、抗男性ホルモン剤、
抗コリン剤など、薬物の服用により起こるケース、前立腺癌や膀胱癌の治療後、
もしくは脊髄損傷などの神経系遮断により起こる事が考えられます。

心理的な要因と身体的な要因は
「うまくいかないから不安がつのり、だから性行為がよりめんどうになる・・」
といったように重なり合う部分が多いので、カウンセリングや薬物療法などで
心身両面から治療をしていく必要があります。
最近では、有効な内服薬「バイアグラ」がよく使用され、心因性EDには
80%の有効性があると言われます。副作用が心配ですが、
きちんと医師の指示にしたがい服用することで、安全性も確認されてきました。
マスターベーションでの射精ができない場合は試す価値がありそうですが、
それでも改善されない場合は、最終的には精巣、又は精巣上体からの
精子回収法を行うことになります。

射精障害(腟内射精不能)

 マスターベーションではじゅうぶんにに勃起、射精できるのに、
女性の腟内には射精できない射精障害を「腟内射精不能」と言います。
原因としては「誤ったマスターベーション」「性行為に集中できない」などがあげられます。
マスターベーションの刺激が強すぎて(布団や手のひらに強くこすりつけるなど)
腟の刺激では射精が起きにくくなっているのです。
こういう場合は、正しいマスターベーション(手による上下の刺激)を訓練して
腟と同じくらいの刺激でも射精できるようにしていきます。
性行為に集中できないことから射精にいたらない場合は、性的なイメージを空想して
集中力を高めるなどの、精神面の治療を行っていきます。
なかなか改善されない時は、マスターベーションで採取した精子で人工受精を行います。

この他に・・

精子不動症

 精子不動症とは、精液中に精子は認めるが、全く動いていない状態を言います。
(全く同じ状態で「精子死滅症」と診断される場合もあり、病院により異なるようです)
原因は、炎症による白血球の増加、全体的な生殖機能の低下など、
複合的なものと思われます。
全ての精子が全く動いていないという症例は少なく、少なくとも何%かは動いているものですが、
中には全く動いていないというケースも稀にあります。
カルタゲナー症候群(副鼻腔炎、右胸心、気管支拡張症)などでは精子不動症が特徴的です。
動いてない精子には、死んでいる精子と生きている精子の二通りがあります。
この両者は、浸透圧の異なる培養液につけることによって鑑別することが容易であり、
生きている精子のみを選別することができます。→HOS(ホス)テスト
生きている不動精子で顕微授精を行えば妊娠は可能と言う医師もいますが、
異論を唱える医師もいます。

精子死滅症

 精子死滅症とは、すべて(あるいは大半)の精子が死んでいる状態をいいます。
原因としては、炎症による白血球の増加、それによる精子の死滅などが考えられますが、
具体的な事はまだ解明されていません。
よくさがし、ほんのわずかでも生存している精子がいれば顕微授精を行いますが、
すべての精子が死んでいる場合は、精子提供による非配偶者間人工受精(AID)が
必要となります。

奇形精子症

 奇形精子症とは、全体の70%以上の精子の形態が奇形の場合を言います。
精子の奇形には二通りあり、頭部の奇形と尾部の奇形に分けられます。
頭部の奇形は、精子頭部の大きさが異常な状態であり、
この場合には卵子と受精ができず、ほとんどのケースで不妊となります。
残念ながら、原因、奇形をなくす方法、などは未だ不明とされています。
治療法としては、すべての精子が頭部の奇形を伴う場合は、
精子提供による非配偶者間人工受精(AID)が必要となりますが、
尾部の奇形のみで頭部には問題がない場合は、顕微授精で妊娠が可能となります。


1番上に戻る

男性不妊って?TOPに戻る | 男性不妊の基礎知識 | 男性不妊の検査
原因別の治療の進め方 | より妊娠しやすい受精法 | 女性側の正常参考値