ヘッダ
 
 
トップへ戻る
 
ニュースとお知らせ
 
ブックリスト
 
ポトス出版について
 
ブログ
 
 

●おくやま ふみや/あさり まゆみ
 の絵本

   

〔作者紹介〕

●おくやまふみや(奥山文弥)
1960年、愛知県岡崎市生まれ。多摩川上流の東京都羽村市在住。
東京海洋大学客員教授。クラーク記念国際高校フィッシングゼミ講師
専門はサケ科魚類。釣りを魚類学するジャーナリスト、お魚コンサルタント。
健康増進のために始めた少林寺拳法は少拳士2段。
著書は「釣りがもっと面白くなる本」(PHP文庫)
「サケマス魚類のわかる本」<共著>、
「必ず釣れるフライフィッシング」(ともに山と渓谷社)など多数。

 

●あさりまゆみ(浅里まゆみ)
東京都渋谷区在住。
広告業界を中心に活動中のイラストレーター。

やまめとさくらます

やまめとさくらます

絵本
おくやまふみや・文 あさりまゆみ・絵  
A4判 32P
定価 本体1500円+税
読者対象:幼児〜小学校中学年

内容:大きさも、すがたかたちもまったくちがう、やまめとさくらます。でもじつは、生まれたときは、さくらますもやまめだったんです。それが何で、こんなに違う魚になってしまったのかですって? その秘密をこれから解き明かしていきましょう。話は、とても静かな川の上流から始まります。魚のふしぎを描いた生き物絵本。

見開き
 


東京海洋大学客員准教授 さかなクンより推薦文をいただきました。
本の帯にも使わせていただきました。

さかなくんから

 

2009年3月「やまめとさくらます」、新聞と雑誌で紹介されました。
新聞は「スポーツニッポン」。「釣遊録」というコーナーを、著者の奥山さんが担当されているので、そこに載ったというわけです。
「人生にも似た川の中の生存競争」「ドラマチックな物語」「さかなクンも絶賛!」「大人が読んでも面白い」などと紹介されています。
雑誌は、「釣道楽」4月号。こどもからおとなまで幅広く楽しめるサイエンス絵本」「やまめとさくらますのふしぎな関係を描いた生き物絵本」「やまめの降海型がさくらますだということは、釣り人の間では知られているが、なぜ海に降りるのかということを詳しく理解している人は、決して多くない」というようなことが書かれています。

新聞記事

このページのトップへ
ブックリストトップへ
 
ご注文とお問い合わせ
注文