HOME 旅行記 温 泉 ら〜めん グルメ 焼 肉 そばうどん

養老、
焼肉遠征!

08/03
 
中伊豆温泉 草薙の湯 ★★☆
静岡県静岡市清水区草薙1865-2
пF054-349-2626
営業時間:10:00〜25:00
定休日:第3水曜日 入浴料:¥550(一般平日)
泉質:アルカリ泉
駐車場:多数  ロッカー:¥100(返金)
3ヶ月振りの旅は以前から気になっていた飛騨牛の故郷、養老町への焼肉遠征!
夕方出発ということで、初日は焦らずのんびり静岡で温泉に浸かることに。途中で高速を降り、向かったのは中伊豆温泉草薙の湯。食事処が併設されている小さなスーパー銭湯。住宅街にあるだけあって、さすがに景色は期待できないが、やさしい無色透明のアルカリ泉は肌がキュキュっとしまります。露天の一人用つぼ湯はちょっと狭いけどのんびりで来ます。しかしよく考えるとここは伊豆じゃないしな〜なんで中伊豆温泉なんだ?????・・・・・・・・・・毎日中伊豆から12t運び、循環加熱方式のようです。まあ身体はすっきりしたことだし!
 予定は常に未定。時間と相談した結果、明日の昼に養老町へ入ることに決定。今夜は名古屋近くのサービスエリアで一泊することに。



08/04
 
藤太
岐阜県養老郡養老町上方1338-1
пF0584-32-0133
営業時間
11:30〜14:00 17:00〜22:00
定休日:月曜日
○ 上カルビ¥580
◎ 上ロース¥650
◎ 特選塩タン¥1,100
☆ 和牛ホルモン¥230
☆ ハツ¥280
◎ レバー¥280
◎ ユッケビビンバ¥700
◎ 藤太特製サラダ¥580
○ ウーロン茶¥150
特選塩タン 上カルビ ハツ
上ロース 和牛ホルモン レバー
早くもこの旅のメインイベント到来。養老町とはいったいどんな町だろうか?養老町に入ると山山山に挟まれた一本道に何軒もの焼肉店が並んでいるなんとも不思議な光景。これぞまさに焼肉街道!!目当てのお店はこの中の一軒【藤太】。開店30分前に到着したがもうすでに車が5〜6台!皆、車の中でのんびりしているが、お店の座席数をチェックしていなかったので、念のため入口に並んでいると続々と人が溢れてきて開店前にざっと50人。これは期待できるかも!!!
いよいよ開店。中へ入るとファミリーレストラン風の店内。座敷もあってのんびりできます。ん〜メニューが多い・・・悩む悩む悩む・・・周りは皆常連さんらしく、一歩出遅れてしまった我々はせっかく2番目に並んでいたのに、一品目が登場したのは開店20分後。 ん〜メニューが多い。とりあえずは上カルビと上ロースを注文。上カルビが¥580か。しかし上と言う割には見た目は…レア状態で食べてみたが固い!やや焦げ目が付くくらい焼いたほうが、繊維がほどけてジューシーさも増します。まあ見た目以上には美味しかったかな?上ロースはとにかく柔らかかった。ロースの独特の肉々さが残りつつも、あっさりした霜降り肉はCP高いぞ。その後は激安内臓部位、和牛ホルモン¥230&ハツ¥280&レバー¥280の3レンチャン!これがやばい!まずは和牛ホルモン。バター味?とにかく甘い脂たっぷり濃厚ホルモンは本日NO1!でかさにビックリ!ドでかい新鮮なハツは超コリコリで歯ごたえが抜群。塩でいただきたい。レバーはもう少し厚めにカットしてくれたほうが、外はフワフワ、中はジューシーという最高の状態で味わえたかな。しかし文句なし!最後は特選塩タン。芸術的な見た目だがややスジが多くジューシーさに欠ける…レモンとの絡みもいまいち!と酷評するが◎はあげたい。
御飯ものは酢のきいたさっぱりシャキシャキナムルたっぷりのユッケビビンバ。ポテトサラダ・ツナ・ゆでたまご・トマト・ハム・レタス・そしてたっぷりの細切り大根と豪華な藤太特製サラダ。焼肉大好きな人は焼肉ページへどうぞ。
 
ブルーベリーケーキ
R.CAFE
滋賀県長浜市朝日町35-7
пF0749-65-1241
営業時間:10:00〜18:30
定休日:月曜・火曜
アールグレイ¥470★★★☆
アップルティー¥470★★★
ブルーベリーケーキ¥350★★★★☆
昼から焼肉で充電完了(ちょっと食い過ぎた)。東京でこれだけ食べたら¥10,000は下らないだろうな。さすがは養老町。
 ここからはさらに西へ進み天下分け目の大合戦、
関ヶ原へ(2000年に訪れた時は夜中に沼地にはまりたいへんなことに!)。あらためて昼間に来ると…天下分け目の大合戦があったとは思えないほど観光地化されていない一面の田畑。まったく欲がない町だ!?歴史民俗資料館も地味すぎ。
 さらに西へ進み
国宝彦根城到着。運良く今年は築城400年。天秤櫓では『レゴで作った世界遺産展』が開催されていたものの、暑いよ!!!!!!ゆっくり見たかったが、蒸し風呂状態で5分で断念。彦根城の中も暑いんだろうな〜。予想的中。さらに階段がメチャメチャ急で冷や汗必至(以前も東海のどっかの城で同じような急階段に出会った思い出が?)。景色は・・・緑がきれいな庭園玄宮園でしばし休憩し彦根城を後にした。
山びこ
岐阜県養老郡養老町石畑94-6
пF0584-32-0563
営業時間
17:00〜22:00
定休日:水曜日
☆ 霜降りカルビ¥880
◎ 霜降りサイコロカルビ¥880
☆ 霜降り牛舌¥1,150
△ ホルモン¥300
☆ 刺身盛合せ¥420
○ 石焼ユッケビビンバ¥680
○ サラダ¥350
○ ウーロン茶¥180
霜降りカルビ 霜降りサイコロカルビ 刺身盛合せ(レバー・ハツ)
霜降り牛舌 ホルモン 石焼ユッケビビンバ

 夕飯にはまだ早いので
長浜までちょっと足をのばし、旅行雑誌に掲載されていた喫茶店R.CAFE
でお茶休憩。夕方遅くに訪れたため、お薦めの本日のケーキが全て売り切れ!ガーン。しかしお店の方の好意で、明日販売予定のブルーベリーケーキをいただきました(ありがとうございます)。
土台は柔らかいクッキー状でとてもしっとりしています。。その上に形状を維持できる最大限の滑らかトロットした舌触りのブルーベリームースがたっぷり。ブルーベリーの粒角の食感も残り舌触りGOOD。アップルティーは香りが強烈。気さくな夫婦の趣味に囲まれた大人のカフェでした。
バーデンパークSOGI
バーデンパークSOGI ★★★★
岐阜県土岐市曽木町1300-1
пF0572-52-1126
営業時間:10:00〜22:00
定休日:不定休 入浴料:¥500
泉質:アルカリ性低張性低温泉 pH:9.9
駐車場:多数  ロッカー:無料
 さあ!お腹も落ち着いてきたところで、本日の夕飯はもちろん・・・・・・・・・・焼肉!養老焼肉街道に戻り2軒目は【山びこ】。大行列を覚悟していたが意外や意外、すんなり入れました。 奇跡としか言いようがない!¥1000以下の霜降りメニューがズラリと並ぶ「山びこ」
まずは霜降りカルビと霜降り牛舌を注文。脂ノリノリのカルビが6切。やや粗めの霜降り肉だが、メチャクチャジューシーで柔らかい。そして甘〜い脂ノリノリ。これで¥880なら文句のつけようがない。霜降り牛舌はコリコリした分厚い新鮮な肉が7切で¥1,150。レモンか岩塩がほしかったが…食塩?もう少しジューシーさがほしいがおまけで☆あげちゃう。内臓系はホルモンを注文。脂ジューシーで美味しかったが、皮が噛み切れなかった。お肉の〆は霜降りサイコロカルビ。脂身が少なく、カルビというよりヒレに近い柔らかい肉質。
一品料理は刺身の盛合せ(ハツ&レバー)。これにはただただ驚くばかりである。東京で食べる2〜3倍はあろう大振りの刺身が4切れずつで¥420。まったくクセがなく、新鮮なのは言うまでもない。信じられない!!!!!御飯ものはちょっとあっさりしすぎて物足りなさを感じる石焼ユッケビビンバ。二人ならハーフサイズで十分。飲み物はウーロン茶を頼まなくても、ギンギンに冷えた無料の麦茶がボトルでいただけます。焼肉大好きな人は焼肉ページへどうぞ。
いや〜養老町にはただただ驚かされました。脱帽。
 最後の〆は温泉。明日は思い出の
長久手散策ということで、高速に乗って近くの岐阜県土岐市まで。古いナビなので現地までは案内してくれないが、住所はこの辺だな・・・。でもどう考えても温泉施設なんてありそうにない雰囲気(周りは山山山山山しかも暗暗暗暗暗)。運に任せてちょっと広めの通りに向かうが、人里離れたこんな山奥に温泉があるわけ・・・あった!あった!すっっっげー小さな暗い看板が。もっとデシャバレ!バーデンパークSOGIよ。それにしてもすごい施設。温泉・プール・トレーニングジム・エステ・レストラン…。失礼だがこんな山奥に!お風呂も落ち着く明るい全面木調の内装。天井高6〜7mはあろう開放的なヒノキの内湯と森に囲まれた露天の岩風呂との間には仕切りなくつながっている斬新な作り。。開放的な露天のつぼ湯につかっていると、ななななんと!目の前にミヤマクワガタが歩いているではないか!さすが豊かな自然が残る土岐。
モリコロパーク内
スローライフガーデン

営業時間
10:00〜17:00

ナポ&カレー
¥880★★★☆

オムライスロコモコ風
¥980★★★☆

今夜は道の駅
「土岐美濃焼街道」でおやすみ。

08/05
 今日は2年前の思い出の地、
モリコロパーク(愛、地球博記念公園)へ。車から一歩出ると灼熱の太陽で肌が焦げるほど熱い&暑い。しかし嬉しいことにパーク内は無料送迎バスが走っている。日本庭園⇒さつきのメイの家⇒フィールドセンター(もりの学舎)を歩いて廻り、お腹が空いたのでバスで北口付近まで送ってもらうことに。10時ピッタリに到着すると、なんと今日は11時開店らしい。その間、愛地球博記念館で1時間ほど思い出に浸りスローライフガーデンにリターン。
【ナポ&カレー】
ナポリタンとカレーの豪華競演。カレーは具のない大人向けの欧風カレー。ナポリタンをカレーに絡めて食べると2品で3度楽しめる。
【オムライスロコモコ風】
超濃厚なハンバーグとオムライスは味だけでなく見ても楽しめる一品。こちらも豪華な組み合わせ。
遠州浜天然温泉 八扇乃湯 ★★☆
静岡県静岡県浜松市松島町1960
пF053-426-8000
営業時間:10:00〜22:00(土日祝〜23:00)
定休日:火曜日 入浴料:¥900
泉質:泉質:ナトリウム・マグネシウム泉
駐車場:多数 ロッカー:¥100(返金)
愛、地球博の記念グッズを購入し帰路につく。
 途中
遠州浜天然温泉八扇乃湯で一休み。子供も大人と同じ¥900はちょっと高いのか、比較的年配の方が多かった。キレイな脱衣所。内湯はシックな作りでちょっと狭いがこちらも清潔感に溢れていす。。外に出ると100人は裕に入れるだろう能の舞台をモチーフにした屋外の露天風呂だが、ん〜印象薄。わざわざ遠くから来る価値は・・・2階に無料の休憩スペースがあるのはとても嬉しい。
活かしうなぎ うな天
住所:静岡県浜松市篠原町20209
пF053-448-6927
営業時間:11:00〜21:00
うな重上¥2,000★★★★☆
駐車場:あり
うな重上

 この旅最後の喰はもちろん『ウナギ』毎回ここ
浜名湖を通った際に立ち寄っているうな天。100%浜名湖産ではないらしいが、味はは確か。一度欲張って二段重を食べでギブアップしそうになって以来、いつもうな重上¥2000をいただくが、東京で食べる¥3000級のウナギとは比較にならないほど美味い。一番の違いはフワッとした肉の厚みと脂ののり。ちょっとかためのコシヒカリも濃厚なウナギとよく合います。大満足!!
 帰りにちょこっとだけ
掛川城に立ち寄り(閉まっていたが)帰宅。