HOME 旅行記 温 泉 ら〜めん グルメ 焼 肉 そばうどん

関西国盗り遠征

05/01
 午後7時。ETCの¥1,000乗り放題で大混雑が予想される中出発。しかしピーク時間よりも早いスタートだったため何とか一度も渋滞につかまることなく
松本に到着。と言うよりも早く着き過ぎてしまい高速を降りることができず身動きが取れなくなってしまった。現在の時刻、ETC適応前日金曜日の22時。「時は金なり!」2時間あればだいぶ西への移動も可能だが、何せ割引を利用すれば高速料金が1/4の¥1,000に…。「出口の前で時間潰そう」ステーションワゴンの後部座席に布団を敷き30分程寝ていると外で物音が?高速警備隊の人達が心配してやってきたのだ。一瞬注意されるのかと思いきや、「ここは危ないから敷地の中で寝ていいよ。」との優しい御言葉が。それから1時間半、午前0時を過ぎドキドキしながら料金所を通過すると当たり前だけど”¥1,000”の表示が。今夜は上高地涸沢に行く際によく利用する道の駅「風穴の里」で就寝。


05/02
 眼前には新緑。そして爽やかなヒンヤリ涼しい風吹く朝、安房トンネルを抜け
平湯の森に到着。しかしまだ開館1時間前。1時間でも無駄にはできないため、今回は諦めて隣の平湯バスターミナルの温泉施設、天然温泉パノラマ大浴場
天然温泉パノラマ大浴場★★★☆
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯温泉628
пF0578-89-2611
営業時間:8:30〜18:00
定休日:年中無休 入湯料¥600
泉質:低張性中性高温泉
駐車場:多数 ロッカー:無料
天然温泉パノラマ大浴場
チャーシューメン 板倉ラーメン
岐阜県大野郡丹生川村坊方2126-2
пF0577-78-1138
営業時間:8:30〜19:00
定休日:なし
注文:○チャーシューメン¥750
できたてパンの香ばしい香りの誘いをグッとこらえ、エレベータで上階へ。おっ!北アルプスの絶景が目の前に!一気に気持ちが晴れた。しかし寒い。内湯で体を洗っているとビュンビュン外から冷たい風が吹き込んでくる。湯は内湯・外湯ともに茶褐色(外湯のほうが比較的熱め)。露天からの眺めは・・・もう最高。
 さあ出発。目指すは
飛騨高山。でもその前に途中の国道158沿いのドライブステーション板倉に立ち寄り、高山らーめんをいただくことに(夜は19時までなので注意!)。注文はチャーシューメン¥750スープはややクセのある魚ダシだが嫌いではない。以前よりもダシがガツンと舌に響いてくる。透明なスープは少しだけ油が浮いている。麺はやや縮れた細めのストレート柔らか麺(恐らくかためで注文しても無駄だと思われる)。具はネギと柔らかいメンマ。そしてチャーシューが6枚。しかしらーめんとほとんど値段が変わらなかった(らーめん¥700、チャーシューメン¥750)ため欲張って注文し
ここから気に入ったお肉のパックをゲット! ¥1580/100g特選霜降りロース 山武牛食べ処
岐阜県高山市総和町70-1
пF0577-34-3208
営業時間:11:00〜14:00 16:30〜21:00
定休日:月曜日
注文:¥1580/100gのお肉を¥7647分
値段…◎ 味…◎ CP…◎
雰囲気…△ 接客…△ お薦め度…◎
たチャーシューメンだったが、このチャーシューが不味かった。かたい、無味。弾力が強くはを跳ね返すほど。
 いよいよ小京都
飛騨高山へ。いつも通り高山グリーンホテルに車をとめ、まずは飛騨物産館でお買い物(飛騨の味覚、そして伝統工芸品が勢揃い)。試食もたくさんいただいたが思っていたより先ほど食べたチャーシューメンが軽かったので、安くておいしい飛騨牛を味わえる山武牛へ。スーパーのお肉売り場のように気に入ったお肉のパックを選びレストラン風のテーブルで待つと来ました!サシのきれいな厚切りの特選ロース。ややコンガリ焼き目がつく程度まで焙り口に運ぶと…ホロッと崩れていく…お肉の表面はカリカリで歯でザクッと真っ二つに切れる部分と舌で自然と崩れていく部分が混在している。とろけることはないがコノ適度な歯ごたえがいい。そしてまた脂身が驚くほど甘くて美味い。わさびを塗っても塗っても脂身の甘みには勝てない。ちなみに野菜とフルーツには相変わらず力を入れ
千里浜海岸
千里浜なぎさドライブウェイ
ていない様子です。お洒落でも接客が素晴らしくもない、あくまでお肉ガッツリ派の人にお奨めの焼肉屋だ。肉質は確か。
 お腹も満たされさらに西へ。目指すは世界遺産
白川郷合掌作り。10年ほど前はまだ高速道路が建設中で繋がっていなかったため、飛騨高山から白川郷までは大回りして1時間以上かかっていたが、現在はまだ完成はしていないものの白川郷まで高速で30分。しかもうれしいことに無料!北海道にも建設中の無料高速道路が何本か存在するが、ここの高速道路も完成するまでは無料なのかな?
まんじゅう 白川郷合掌作り 白川郷合掌作り
カフェ落人
△アイスコーヒー¥500 △アイスティー¥500 △まんじゅう¥300

 お昼過ぎに
白川郷到着。予想以上の観光客で駐車場がなかなか見つからない。まずは白川郷の全景を見渡すことができる荻町城址展望台へ。しかしその途中、東京では決して見ることができない奇妙な光景が目の前に飛び込んできた。あるひとつの小さな水溜りで何万匹ものオタマジャクシが泳いでいる。隣の水溜りには一匹もいないからまた不思議。300m程の坂を上り展望台に到着するともう何度も訪れたことがある場所だが眼下に広がる絶景に圧倒される。
 展望台を下り散歩しているうちにちょっと小腹かすいてきたので気になっていた合掌作りの茅葺きカフェ
落人で一休みすることに。半地下で15人も入ればいっぱいの店内は薄暗くカフェというよりお洒落な小民家風。おすすめは玄米入りのカレーらしいがカレーが入るほど胃袋に余裕はないので湧き水を利用したアイスティー&アイスコーヒーとおまんじゅうを注文。ん〜雰囲気はいいが味は普通かな。
 さあここからは北、加賀百万石
金沢へ向けて車を走らせる。しかし金沢で夕飯を食べるにはまだ早いが、輪島千枚田へ行くには時間が足りない中途半端な午後時3。そこで浜辺を車で滑走でき夕日がきれいな千里浜なぎさドライブウェイへ行くことに。お〜走っている。水辺の浜を何十台もの車が夕日をバックに滑走している。海に来たのなんて何年ぶりだろうか。
 お腹もすいてきたところで
金沢駅へ向けて出発。一昨年の夏に初めて金沢を訪れたときは運良く?大きな祭りとぶつか
えんがわ カニマヨ かつお 大トロ サーモン
えんがわ カニマヨ かつお 大トロ サーモン
もりもり寿し金沢駅前店
石川県金沢市堀川新町3-1金沢フォーラス6F пF076-265-3510 営業時間:11:00〜22:00 定休日:なし
人気三点盛(○ぶり ◎あじ ○やりいか)¥347 赤いか三点盛(◎赤いか ○耳 ◎生下足)¥347 白身三点盛(◎平目 ○黒鯛 ◎すずき)¥483
たたき三点盛(◎鰤たたき ☆サーモン腹焙り ○鰹たたき)¥347 ぶり三点盛(◎天然鰤 ◎鰤たたき ○ふくらぎ)¥378
☆大トロ¥483 ◎えんがわ¥252 ◎カニマヨ¥189 ◎鰹¥189 ◎サーモン¥189 ◎白身のあら汁¥252
サーモン腹焙り 鰹たたき 鰤たたき 赤いか 耳 生下足 ふくらぎ 天然鰤 鰤たたき 平目 黒鯛 すずき やりいか 鯵 鰤
ったため駅周辺の駐車場はどこも満車状態だったが、GWの金沢駅前は意外に閑散としていた。いよいよ本日の夕飯。目指すは金沢駅前の駅ビルフォーラス6Fのもりもり寿し。ここは以前金沢を訪れた際に立ち寄って美味しかった回転寿司。ただ回転寿司といってもほとんどネタは回っていないため、基本的には好きなネタを注文するスタイル。ちょうど夕飯時ということもあり何と40組待ち!!…1時間半待ちやっと奥のソファー席へのご案内。注文はカラオケの曲選択のようにタッチペンで選ぶ。すると模型の電車現れなんとその荷台に寿司が乗っかって運ばれてきているのだ。写真ではわかりにくいがとにかくネタが馬鹿デカイ!まずはもりもり寿しに来たら是非注文したい三転盛責め!まずはホロッととろける焙りサーモンは脂がのっていてマヨネーズとの絡みが濃厚でクセになるサーモン腹焙り、あっさりといやみのない脂がのった鰤たたき、赤身独特のパンチ力がある鰹たたきのたたき三点盛。次は濃厚で歯に絡みつく赤いか、コリコリした耳、トロ&ヌルっとした歯ごたえがたまらないあっさり生下足の赤いか三点盛。そして先ほどの鰤たたき、肉厚であっさりしたふくらぎ、新潟で食べた鰤の刺身には敵わないが脂ノリノリの天然鰤がのったぶり三点盛。身のしまった淡白な平目、クセのないあっさり淡白な黒鯛、白身ながら脂ののった旨みたっぷりのすずきの白身三点盛。そして最後は先ほどの赤いかとは違いあっさりコリコリした歯ごたえのやりいか、特厚のボリュームに圧倒される鯵、そしてややあっさりした部位の鰤がのった人気三点盛。さらに単品で濃厚でコリコリした歯ごたえがたまらないえんがわ。繊維の一つ一つがでかくてフワフワなカニマヨ。厚くて脂ののった鰤。甘い脂でコーティングされたツルツル新鮮なサーモン。そしておおとりは大トロ。これがすごかった。舌の上に乗っけて一噛みするとジュワーとあぶらが溢れてくると同時に身がドンドン溶けはじめしゃりを包み込みながら消えていく。これで2人で¥4,769か。超激安!!もりもり寿し恐るべし!大満足の夕飯だった。
 遅めの夕飯となってしまったため、温泉は諦めて予定変更。明日の一発目は
永平寺に向かう予定なので、ここ金沢と永平寺の間にある山中温泉付近の道の駅「ゆけむり健康村」で就寝。
山中温泉総湯菊の湯★★☆
石川県加賀市山中温泉湯の出町レ11
пF0761-78-1111
営業時間:7:00〜22:30
入湯料¥370
泉質:カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉
駐車場:8台 ロッカー:無料
山中温泉菊の湯


05/03
 7時起床。道の駅から車で3分の
山中温泉の公共浴場菊の湯へ。外観はとてもきれいで一見築数年だろうと感じるが中に入ってみると、昔ながらの趣のある脱衣所。一人一人のためにロッカーがついているが、隙間が広く貴重品を持ってきた人はちょっと不安かも。浴室は床面積のほとん
永平寺そばセット 山楽亭
福井県吉田郡永平寺町志比23-31-10
:0776-63-3023
○永平寺そばセット¥1,500
△天ぷらそば¥1,200
◎ごまどうふ¥400
どを7〜8m四方の正方形の浴槽が占めている(シャンプーも石鹸もないので持参)。透明のお湯に恐る恐る足をつっこむと熱い!メチャメチャ熱い!そして深い!小さな子供はホント危険です。
 あ〜気持ちよかった〜。よし準備は整った、
永平寺へ行こう!車で30分、永平寺到着。さすがは福井を代表する観光スポットだけに寺の周りが車でごった返している。ということで早めに妥協し寺から一寸離れた蕎麦屋の駐車場に後で立ち寄ることを約束しとめることに。曹洞宗大本山永平寺!まずは全員吉祥閣に通され僧侶より参拝の説明を受けます。一通りの説明を受け花や鳥を
永平寺中雀門 永平寺中雀門
曹洞宗大本山永平寺
福井県吉田郡永平寺町志比10-5 0776-63-3102 参拝時間830〜1630
中心に描かれている色彩画230枚が飾られている傘松閣を通りいよいよ七堂伽藍へ。ここ永平寺は平地に建立されるようなお寺と大きく異なり、伽藍が階段状に斜めに配置されています。軋む廊下の階段を上っていくと一番奥上に位置する法堂、向かって左手には承陽殿、一段下には永平寺の御本尊が祀られている仏殿、その両脇に根本道場僧堂と食事を司る庫院が隣接している。
抹茶 茶苑
福井県丹生郡越前町小曽原120-61
пF0778-32-2174
○抹茶一服¥300
 メインストリートの終点に位置する山楽亭までもどり、本日の朝食は永平寺蕎麦。開店直後だったためちょっと古びた暗い畳の座敷は貸しきり状態。注文は衣そば?と勘違いしてしまうほど小ぶりの海老のまわりに分厚い衣で固められた温かい天ぷら?いやから揚げそば(味はめちゃくちゃ薄い)と鰹節のダシが強くコシのある冷たいなめこおろしそばがセットになった永平寺そばセットとここ永平寺人気お土産ランキングNO1のごまどうふ(プルンプルン→ヌルッ→甘〜い味噌)。以前東尋坊を訪れた際に初めて食した福井のおろしそば。この鰹に隠れた控えめで微妙な辛味がいいんだよな。
 早くも本日のメインイベント永平寺が終了してしまい作戦会議をするもこれといって決め手が…。悩んだ挙句
越前陶芸村で陶芸体験をすることに決定。しかし1時間かけて行くもまさかの満席状態。そして途方にくれ隣の茶苑で抹茶休憩に。暗い茶室のに通されザラザラした手触りの越前焼の茶碗で抹茶をいただきます。ちなみに和菓子はパッサパサの砂糖菓子。
 
焙りサーモン 穴子一本焼き 真鯛 はまち
焙りサーモン 穴子一本焼き 真鯛 はまち 海鮮アトム武生店
福井県越前市新町4常洲10-1
0778-22-9820
営業時間:11:00〜23:00
定休日:なし
◎焙りサーモン¥231
☆穴子一本焼き¥315
○真鯛¥273
○はまち¥231
◎ブリの柚子塩焙り¥273
☆えんがわ¥315
◎生サーモン¥231
○あら汁¥189
ブリの柚子塩焙り えんがわ 生サーモン あら汁
ブリの柚子塩焙り えんがわ 生サーモン あら汁
次は陶芸村の観光案内で紹介されていた鯖江市西山公園。というのもこの時期はツツジの最盛期ということで町最大のお祭りが開催されているらしい。しかし行ってみるとまだまだ7分咲きといったところだがすごい人。とその時!福山の物真似で有名なミッチーが登場!彼はここ鯖江出身。しかも福井といえばメガネフレームの生産日本一ということもあり本日のイベントに登場。ほんの10分ちょっとだったけど大爆笑と寒いネタを織り交ぜて盛り上げてくれました。
 さらに西へ西へ、次は福井の景勝地
気比の松原へ向かう。しかし途中に海鮮アトムというお寿司屋さんが目に入ってきたため急遽立ち寄ることに。店内の様子は基本は回転寿司風のカウンター。奥に4人がけのソファーテーブルが3〜4ブース程度ある。回転しているお寿司もあるが新鮮なお寿司をいただくために板前さんに直接注文。本日NO1はコリコリしていて旨み甘みたっぷりの濃厚なえんがわ。しかもネタがでかいでかい。そしてNO2はフワッとしていて柔らかい、そして甘い身が崩れる穴子。今まで食べた穴子は何だったんだ!!と思うほど。そして焙った香ばしい風味で包まれたホロっとトロケ崩れる焼きサーモン、トロミがあり旨みもたっぷり含んだ超分厚いサーモン、フワットした身に塩が合う★をあげてもいいほどのブリの柚子塩焙り、柔らかくて分厚いやや淡白なはまち、そしてあっさり薄味のあら汁。ん〜もりもり寿しに勝るとも劣らない味&値段!もうちょっと食べたかったが、夕飯でガッツリ美味しい日本海の幸をいただくつもりで腹6分目にしておいたのだがこの後イタリアンのお店で痛い目にあうことに。その前に気比の松原へ。ここはその名のとおり樹齢200年程の松がが約1万2千本白砂の浜に林立していて美しい。
 
きのことベーコンのパスタ シーサイド高浜定食 イタリアンキッチンジェノバ
福井県大飯郡高浜町下車持46-10
0770-72-6666
営業時間:11:00〜22:00
定休日:1、3水曜日
×きのことベーコンのパスタ¥1,780
△シーサイド高浜定食¥1,480
これで今日の観光は終了。あとはひたすら西へ西へ車を走らせる。可能なら今日のうちに日本三景の天橋立まで観に行きたかったがちょっと厳しい…。が道の駅は天橋立付近にしようと思っていたところ右手に道の駅が見えてきた。シーサイド高浜。何気なく通り過ぎるも本格イタリアンキッチンジェノバとの看板が気になりUターン。今冷静に考えると何で北陸まで来てイタリアン?と思ってしまうが後の祭り。道の駅構内に温泉まで隣接していることもあり
天橋立
天橋立
夕飯決定。これが地獄の始まり。よくぞここまで仕事のできない店員を集めたかと思うくらい役に立たない店員集団(1人だけまともな店員がいたが)。まず席がガラガラなうえに入口客がで7〜8にん並んでいるにもかかわらずに誰一人として案内にやってこない。気づいているが完全無視状態。席に着くも食べ溢しだらけ。そして肝心の味はというと…これお店で出すパスタじゃないよ!完全にジェノバという店名に名前負けしている。というよりジェノバに謝れ!いや〜ホントに酷い。よくこんなパスタで¥1,780に設定できるな。寸志であればまあやや大盛りの量を加味しても¥600がいいとこだろう。この店本気でないよ!二度と来ない。恐るべしジェノバ。さようなら。
 気を取り直して隣の温泉
湯っぷるへ。ごめんなさい。全く印象に残っていないのでコメントが書けない。メモによると「¥600という値段を考慮すると2.0かな」だって。まあこれを見ても満足いく温泉ではなかったことが伺える。まあ一週間も旅に出ていれば一度や二度こんな散々な目に会うこともあるだろう。と自分で自分を励まし今日のお宿、道の駅舞鶴港とれとれセンターへ。

05/04

 本日最初は日本三景の天橋立。これでやっと日本三景制覇!駐車場に車をとめ展望台への階段を探していると、どうやら展望台まではリフトかゴンドラでしか行けないように仕組まれているらしい。し
ホタテのカツ丼 海鮮丼 松吟
京都府宮津市字文珠470-1
0772-22-3285
営業時間:8:00〜17:30
定休日:不定休

◎海鮮丼¥1,380-10%
かもこのリフト代が結構高い。これぞまさに殿様商売である。1人乗りのリフトで5分。ようやく飛龍観展望・股のぞきに到着。そこからの眺望がこちら→→→→→→→→→→リフトを下り公園内に入ってみると右手の日本海側は確かに自然の景観だったが、左手の陸側はコンクリートで固められた人口の入江だった。
 朝食は天橋立を一望できる(一望といっても目の前過ぎて全景がよくわからないが)和食の
松吟。正直全く
鳥取砂丘
鳥取砂丘
期待していなかったがジェノバの怒りと吹き飛ばす美味しさ!ちょっと大げさ?ご飯こそ多少少ない気もしたが新鮮な魚が出てくる出てくる。大きな甘海老2本、はまち4切れ、ホタテ、とり貝、イクラ、焙りサーモン、イカ、しそ、そしてカニの身がドカーンと入ったすまし汁(辛いたこわさび付)。カツどん風味のホタテ丼はとても甘〜い味付け。ごちそうさまでした。
 次に向かうは日本最大の砂漠地帯、
鳥取砂丘。しかし運悪く今は砂の美術館開催中ということで鳥取中の車が鳥取砂丘に集合といっても過言でないほどの大混雑。半径1km〜2km以内にある駐車場は満車のうえ3〜4時間待ち。仕方なく砂丘まで歩いて5分程の裏山に路駐し鳥取砂丘へ。巨大な砂場はまさに自然の造形美。日本海側には砂の丘
海鮮サラダ さばの押し寿司
ぎんりん亭
鳥取県鳥取市白兎613 0857-59-1223 営業時間800〜2200 定休日:なし
○海鮮サラダ¥700 ◎さばの押し寿司¥700
道の駅大栄
鳥取県東伯郡北栄町由良宿1458-10
営業時間:8:30〜17:30
が。近づいてみると子供たちが傾斜45°近くはあろう砂の丘を一生懸命足をとられながら登っている。もちろん自分も参加。うわ〜辛い!登り終わった頃には中学時代に真夏の炎天下でマラソンし終わった時の気分に。休憩しながら車へ戻る。
 ここからは鳥取県の日本海沿岸を道の駅をはしごしながら西へ車を走らせる。まずは
道の駅神話の里白うさぎ2階のぎんりん亭で腹ごしらえ。海岸寄りの席は日本海を一望できます。腹ペコではあったが各道の駅で美味探訪ということで注文は控えめに脂のりのりのさばの押し寿司と新鮮だが海鮮少な目の海鮮サラダ(注文してから運ばれてくるまで30分)。
 次の
道の駅はわいはハワイとは名ばかりの古びたパーキングというこ
温泉割烹ゆらり
温泉割烹ゆらり★★★★☆
島根県出雲市平田町7178
пF0853-62-1234
営業時間:10:30〜22:30
入湯料¥600(休日¥700)
泉質:アルカリ性単純泉
駐車場:多数 ロッカー:無料
とですぐにスルー(なぜ「はわい」にしたんだろう?)。次の道の駅北条では地元の長いも焼きをいただくもお店は閉まっていたためまた次へ。ここ鳥取の日本海沿岸は次から次へと道の駅が登場する。4つ目は道の駅大栄。やっと巡り会えた。とは言ってもたこ焼きに。ただ腹ペコの今たこ焼きでもうれしい。しかしこのたこ焼き屋は生地がとても不思議な味?ん〜今川焼き?確かに今川焼きも売っているのでまさか同じ生地を使っているのか?しかもたこめちゃくちゃ小さい。ついに最後の道の駅ポート赤碕。ところがコンビニが併設されているが食堂らしき施
カレイの煮付け あなご丼
鳥取県東伯郡琴浦町赤碕

:0858-55-0889
営業時間:6:00〜21:00
定休日:1、3木曜日
△あなご丼¥1,300
△カレイの煮付け¥650
カレイの煮付け あなご丼
設は見当たらない。あ〜ぎんりん亭でガッツリ食べておけばと後悔しても後の祭り。が!救世主到来!なんと道路を挟んだ向かいに駐車場が満車状態のという魚料理のお店が。中に入るとものすごい活気。どうやら見るからに繁盛店。本日最後の食事は、あなご丼とカレイの煮付け。あなご丼というとフワフワ柔らかいイメージが強いがここのあなごは身がデカイのはうれしいがややかたい。冷凍ものなのか?カレイに煮付けは薄味。骨が多くて食べにくかった。
 本日の〆は温泉。高速に乗って
出雲まで車を飛ばし温泉割烹ゆらりへ。一見流行のスーパー銭湯風だがここは間接照明を利用することでちょっと落ち着いた雰囲気を作り出し比較的高級感のある内装に仕上がっている。浴室は天井がとても高く木の温もりがある開放的な空間。露天風呂はまさに日本庭園風。古びた星野温泉トンボの湯といった雰囲気。泉質はやや濁りのあるアルカリ泉。大満足。自宅の近くにあったら会員決定間違いなし!
 本日の宿泊施設は
出雲大社目の前の道の駅のはずだったが見当たらない。どうやら無料の駐車場に変わった様子。

05/05

 縁結びの神・福の神として、全国の人々に親しまれている出雲大社。本日一番乗りの予定が寝坊し7時起床。数百メートルの一本道を抜けると拝殿、そしてその奥に千木の先端を垂直に切る外削ぎ型で有名な高さ約24m日本最古の神社
出雲大社 拝殿
大社造り 大しめ縄 大しめ縄
出雲大社
島根県出雲市大社町杵築東195 пF0853-53-3100
建築様式大社造りの本殿が現れる。しかし数年前出雲大社境内遺跡から杉の大木3本を1組にし、直径が約3mに
三色割子そば 天ぷらそば
八雲東店
島根県出雲市大社町杵築東264-2 пF0853-53-4827
営業時間:9:00〜16:50 定休日:水曜日
△三色割子そば¥997 ○天ぷらそば¥945
もなる巨大な柱が発見されたことで現在注目が集まっている。隣の神殿では観光客が神殿正面の大しめ縄に五円玉を下から投げている。どうやらしめ縄に刺さると願い事が叶うらしい。それにしてもこのしめ縄、人の大きさと比べていただければわかるように超超超巨大!
 朝食は出雲大社すぐ横の
八雲東店で出雲そばをいただくことに。東京レストランで上位にランクしていたので間違いないだろうが、サンプルを見る限り…。せっかくなので注文は地元名物の三色割子そば。食べ方はお店のホームページより抜粋
一、だしの徳利を傾け「さっとひとまわし」程度、少量を加減しながらかけてください。
二、薬味とそばをかけただしに絡ませながらお召し上がりください。
三、食べ終わりましたら、残った薬味とだしを次の割子に移し、一の動作で、だしを足しかけてください。
四、次へ次へと最後までだしを足しながらお召し上がりいただき、最後を、蕎麦湯の猪口に加減して移し、お飲みください。

一杯目は生卵。やや濃くしょっぱいと言っても過言でないタレをぶっかける。ん〜こんなもんか…。しかし二杯目、三杯目と食べ進めるうちに残りをぶっ掛けるためか徐々にマイルドに変化してきた。開店直後ということもあるがそれにしてもそば湯薄かった。満足度は△。
 
カレーパン 桜もちあんぱん しじみの炊き込みご飯 観世音寺 龍源寺間歩
出雲大社から南西へ車を走らせ石見銀山到着。世界遺産に登録されたこともあり駐車場はまだ10時だというのに2時間待ち。ということで引き返して民間の駐車場を探そうとしたところ運良く近くに無料のパーキング発見。そこから徒歩5分の石見銀山世界遺産センターまで歩きバスで町並み地区へ。ここ石見銀山は全長3km強。歩くと半日近くかかってしまうということで貸し自転車屋の河村で電動自転車を借りて出発。いや〜快適!後ろから押されているかのごとく進む進む。まずは一番遠くの石銀地区龍源寺間歩へ。手前の自転車置き場で自転車を停め、緑豊かな川沿いを登っていくと洞穴発見。石見地区には間歩が600以上存在するが現在公開しているのはここだけ。坑道に入ると両脇には無数のノミの跡。当時の様子を物語る貴重な財産である。帰りは石積みの清水谷製錬所後羅漢寺を見学し公園でお昼ご飯。宍道湖は遠いが島根までやってきたということで名産のしじみがたっぷり入った炊き込みご飯¥300をいただくことに。しかしこれが想像をはるかに超える美味さ!しじみのダシが強い強い。こんなに米粒一つ一つにまでダシのしみ込んだご飯を食べたことない。そしてしじみもとても柔らか。薄味だけどインパクト大。ちょっと休憩し次へ向かうため自転車で下っていると何やら行列があり行列の先にはパン屋中村製パンが。せっかくなので立ち寄
山ちゃんスペシャル 山ちゃん
広島県広島市中区新天地5-13
пF082-2248-3424
営業時間:平日15:00-24:00 土日祝10:30-24:00
定休日:不定休
△お好み焼そば入り(肉&玉子入り)¥735
○山ちゃんスペシャル(肉・エビ・イカ・玉子入り)¥1260
ってカレーパンと桜もちあんぱんを購入。焼きたてカリカリのカレーパンだが中はふんわり。そして甘みのあるルーは深い味わい。アンパンも出来立て熱々でモッチリしていた。
原爆ドーム 平和記念公園慰霊碑
原爆ドーム 広島平和都市記念碑

 
石見銀山を後にし、次に目指すは安芸の宮島厳島神社。しかし厳島付近で高速を降りると西へ向かう一本道が微動だにしない。10分、20分と時間が過ぎギブアップ。厳島神社は諦め、東へ向かい原爆ドームへ。本日ドーム周辺は何やらお祭りムード。原爆ドームは二度とこのような悲惨な出来事が起こらないようにと願いを込めてアウシュヴィッツの強制収容所とともに「負の世界遺産」と呼ばれている。老朽化のため内側は鉄筋で補強されている一見小さな広島県産業奨励館。しかし存在意義は計り知れない。事実この日も世界中の観光客がこの周辺で真剣にドームを見つめていた。
 
広島の名物と言ったらお好み焼き。近くのコンビニでお好み村とやらを発見し早速言ってみることに。ここには2階から4階までに25店舗ものお好み焼き専門店が入店している。経堂に支店がありポルノグラフティーも贔屓にしている八昌も入店。ビル内は満員でどのお店を選んだらいいのか悩んでしまうが、2階一番奥の山ちゃんに決定。決め手は…?注文は肉と玉子入りのお好み焼きそば入りと肉・エビ・イカ・玉子入りの山ちゃんスペシャル。広島のお好み焼きはみなそうなのかわからないが、ここ山ちゃんでは湯でたそばを鉄板の上で円形にしカリカリになるまで焼いていく。その間にキャベツともやしを炒めてその上に具をトッピングする。さらに生卵を割って層状に。最後にすべてを重ねて出来上がり。シンプルはそば入りはキャベツの味が強くやや水っぽい。おすすめはやっぱりミックス。こちらは厚みのそばの量も1.5倍。魚介のエキスも生地にしみだし旨みアップ!甘いタレとのマッチングもGOOD!それにしてもでかかった。
 食後は散歩がてら
平和記念公園へ。ここへ来たら是非広島平和記念資料館を訪れていただきたい。本日の訪問は10年振り。大学卒業前に一人旅をした時以来だ。この資料館は長崎とは比較にならないほどの展示品の数。あまりにリア
らーめん カツカレー うなぎ スーパー銭湯ゆーゆーえびす
広島市安佐北区深川8-2-37
пF082-845-2617
営業時間:平日10:00〜24:00(日祝9:00〜)
入湯料¥700
駐車場:多数 ロッカー:無料
○らーめん¥480
○カツカレー¥600
◎うなぎ¥無料
ルで鳥肌が立ち目を覆い隠したくなるが現実をしっかり受け止め、後世に伝えていかなくてはならない事実が詰まっている。平和記念公園に到着した頃から雲行きが怪しくなり、資料館を出た時には生憎の大雨ではあったが、雨に打たれながらも100m先の広島平和都市記念碑へダッシュ。びしょ濡れになりながら車に戻った。
 本日の〆は
スーパー銭湯ゆーゆーえびす。ちょっと古めかしいが入口を入ってすぐの小さな食堂は地元客でごった返している。雰囲気は地方の10年前のスーパー銭湯。楽の湯とはちょっと違うかな。スタッフ見た感じ女性のみ。みなとてもキビキビハキハキしていて気持ちがよい。
 風呂から出た後は食堂で夕飯。らーめんとカツカレーと本日サービスメニューのうな丼を注文。しかし残念。うな丼は売切れてしまっていた。仕方なくらーめんとカツカレーを食べそろそろ出発といったその時。店員さんが現れ、「ごめんなさい。うなぎありました。よかったら食べてください。」と!なんと無料サービス。らーめんはやや臭みが残る広島ラーメン(臭みさえなければこの濃厚豚骨は流行るかもしれない)。面は固めのストレートでコシがある。具は甘い脂がのっているがくたびれたチャーシュー、ネギ、甘いメンマ、もやし。カレーはシンプルで甘口。今夜の道の駅は…忘れてしまった。
後楽園 後楽園 倉敷美観地区
後楽園
岡山市北区後楽園1-5 пF086-272-1148
倉敷美観地区


05/06
 さわやかな朝。トイレの蛇口をひねるとうれしいことにお湯が!さあ出発。朝一で
倉敷へ。倉敷と言えば美観地区。さすがに朝7時では倉敷川沿いの柳並木は貸切状態。お店も
モーニング プロムナード
岡山県倉敷市中央2-1-22
пF086-425-2507
△モーニング¥400
美術館も開く気配なし。ということで10分で折り返し、駐車場近くの喫茶店でモーニング。¥400のモーニングセットはバタートースト・サラダ・コーヒーのみとちょっと寂しい。原価は¥50?
 
岡山もうひとつの観光名所は日本三名園の後楽園岡山城内に車を停め、後楽園へと続く橋を渡ると目の前に広大な公園が広がっている。その中心に緑豊かな後楽園。敷地を埋め尽くすように造形美が乱立している金沢兼六園とは表情が異なり、ここ後楽園はだだっ広い庭園or公園といった贅沢な作り。後楽園入口すぐ右手にあるお店で岡山名物の黍団子をいただくと…美味い!柔らかくてフワフワ。ただ賞味期限が短かったため購入は断念。
 次は世界遺産の
姫路城。でもその前にイエローハットでオイル交換。その後高速に乗って姫路まで一直線。しかし朝食がパンとサラダだけだったこともあり姫路城へ着く前にお腹ペコペコ。下調べもしていないため繁盛していそうなお店に
ポテトサラダ 鶏団子の甘酢がけ 麻婆豆腐 油淋鶏 玄米ごはん コラーゲンスープ 四万十ポークとんかつ メニュー
とんベジタブル
兵庫県姫路市東辻井4-5-1名古山プラザ1F пF079-297-5377 営業時間:11:00〜14:30 17:00〜21:30 定休日:なし ランチバイキング¥1,050
◎とんかつ  ◎ポテトサラダ  ○鶏団子の甘酢がけ  ○焼き豚しゃぶ  ◎麻婆豆腐  ☆油淋鶏  ○焼きビーフン  ◎玄米ごはん  ○コラーゲンスープ
飛び込むことに。お店は素材にこだわりを感じる自然派バイキングレストランとんベジタブル。お昼は¥1,050のランチバイキングだが驚くことにすべてができたて熱々。冷めても美味しい定番のポテトサラダ、あっさり鶏団子の甘酢がけ、たまねぎシャキシャキの薄切りしゃぶしゃぶ、かたい木綿豆腐にチョイ辛ダレが絡む麻婆豆腐、ジューシーで旨み油が染み出してくるフワフワな鶏の唐揚げ、具がちょっと少なめの焼きビーフン、お皿が空になっても次々と料理が運ばれてくるこの3人の連携プレーは見事。特に屋号にも掲げている「とん」こと四万十ポークはバイキングでありながら注文と同時に揚げられるオーダー式なので超熱々。そしてうれしいことに接客までも温かい。職場の近くにあったら通っちゃうだろうな。ごちそうさま。
 
ともバラ 特選但馬塩タン ロース 塩ユッケ
ともバラ 特選但馬塩タン ロース 塩ユッケ
但馬屋
大阪府大阪市淀川区東三国6-10-10 пF06-6350-1129 営業時間:平日17:00-24:30 土曜16:00-24:30 日祝16:00-23:00 定休日:なし
○塩ユッケ¥780 ◎特選但馬塩タン¥1,650 ○ロース¥1,280 ○ピビンバ¥780 ○牛燻サラダ¥720 ◎ともバラ¥1,280 ◎但馬テッチャン¥850
値段…○ 味…○ CP…○ 雰囲気…☆ 接客…◎ お薦め度…○
但馬テッチャン ピビンバ 牛燻サラダ 抹茶ゼリー グレープゼリー
但馬テッチャン ピビンバ 牛燻サラダ 抹茶ゼリー グレープゼリー
食い過ぎた。重い体を引きずりながら姫路城へ2度目の訪問。いつも行ってから後悔するのだが、歴史的な建造物を訪れるときは背景を知っておかないと楽しみも半減してしまう。千姫についてもっと学んでおけば…。
姫路城
姫路城

 姫路城を出たのは夕方4時。
大阪と言えば…焼肉。予約ができない行列店のため開店前には到着したいが、お店開店時間を考えるとまだまだ十分余裕がある。しかし今はゴールデンウィーク中だった。危惧していた通り渋滞にはまってしまい、到着したのは開店1時間後。絶望感がよぎったが嬉しいやら恐ろしい空いていた。聞いていた状況と違うぞ。大丈夫か?店名は但馬屋。それにしても何から何までそっくりだった。お店の雰囲気、個室の作り、お肉の盛り付け、お肉に添えられた商品名の表示、そして最後のゼリー…。牛の蔵の姉妹店か?と思ってしまうほど。注文は本日のおすすめを中心に。本日NO1は特選但馬塩タン。片焼きよりも片面しっかり&もう一面は5秒焙ってジューシーなコリコリタンをいただくと旨みがあふれ出してくる。カリカリに焼くとカルビとハラミの中間のような甘いお肉に大変身するともバラもおすすめ(下北沢神戸屋のアゴ風味)。そしてもう一品のおすすめメニューは但馬テッチャン。甘くて柔らかくふわふわのテッチャンは美味しいがややゴム感が残るので◎に。レモンは濃いので軽くつけるくらいで十分。刻みたまねぎがのった塩ユッケは大振りでたまねぎがちょっと主張しすぎ。あっさりしすぎて塩味が弱いロースは脂身が全くないためか旨みが全く感じられない。サラダは牛肉の燻製がたっぷりのった牛燻サラダ。ん〜燻製いまいち。柚子ダレもいまいち。サラダとの絡みが悪いのかな。最後に出されたゼリーは抹茶がおすすめ。中には粒あんが入っていて美味。ただ期待しすぎていたためややがっかり感が残ってしまった。接客を含め雰囲気作りは文句のつけようがないが、「ガッツリ美味しいお肉をいただきたい!」という人には向かない焼肉店。デートにはおすすめ。
 夕食後は大阪の繁華街へ移動。繁華街といっても目的はたこ焼き。
梅田駅周辺をブラブラ歩き、客引きをしているお兄ちゃんにたこ焼き屋を教えてもらい早速行ってみることに。お店は茶琥屋。店内はたこ焼き喫茶といった雰囲気でみなたこ焼きをつつきながらビールを飲んでいる。メニューは4種類。@シンプルなたこ焼き、A柚子風味、B塩マヨ、C明太マヨ(明太マヨだけ+¥30)。注文したのは明太マヨと塩マヨ。あ〜今でも思い出すあの味。以前も京橋蒲生たこ一京橋店で大阪のたこ焼きをいただいたが、こちらのたこ焼きは外の生地はフ
メニュー 明太マヨ 塩マヨ 茶琥屋
大阪市北区茶屋町13-6梅田東ビル1F
пF06-6373-6332
営業時間:15:30〜24:30(日祝〜22:30)
定休日;正月
◎明太マヨ¥480
○塩マヨ¥450
ニャフニャ柔らか中はトロトロ熱々で中の具が外へ飛び出してくる。想像はできるが明太たっぷりのマヨネーズとたこ焼きがこんなにもマッチするとは。
 本日も最後の〆は温泉。ただここは西日本最大の都市大阪のど真ん中。こんな場所に温泉はな
天然温泉なにわの湯★★★☆
大阪府大阪市北区長柄西1-7-31
пF06-6882-4126
営業時間:10:00〜25:00(土日8:00〜)
入湯料¥750
泉質:ナトリウム塩化物炭酸水素塩温泉
駐車場:600台 ロッカー:無料
いだろうと思っていたら、あったあった!都会にいるのにリゾート気分を味わえる天然温泉なにわの湯。人口密度高!大人気のスーパー銭湯である。しかし意外にも一箇所だけ空いているゾーンが。そこは誰もが憧れる内湯のヒノキ風呂。理由は…メチャクチャ熱くとても快適とは程遠い温度(決して曇ることのない特殊なガラスを採用しているようだが景色を楽しむ余裕などない。)。露天へ逃げるとこちらは温く落ち着く〜優しいお湯。あ〜気持ちよかった。
 しかしもういい時間。早く道の駅まで行かなくては眠気が襲ってくる。ということで大雨の中
三重県伊賀道の駅あやまへ。


05/07
 今日も朝から大雨。8時半に念願の?
伊賀流忍者博物館へ行くも9時からということで、隣接の上野城までちょっと散歩で時間を潰し引き返す。博物館内は多くの観光客でごったがえすわけもなく我々と大勢のスタッフのみ。隠しておけ
伊賀流忍者博物館
三重県伊賀市上野丸之内117-13-1
пF0595-23-0311
開館時間:9:00〜17:00
休館日:12/29〜1/1
入館料¥700
五色米
ばいいのに親切に昨日の来客数まで公表していたが確か一桁だったような。税金の…。貸しきり状態なので皆親切でどんなアトラクション?も体験し放題。一番印象に残ったのはポケベルの元祖と思われる五色米の存在。しかし客の興味を引き付けるのも1時間が精一杯。さようなら、忍者博物館。
 本日1食目は
三重県桑名市までひた走りもちろん焼肉。ここ桑名養老は知る人ぞ知る焼肉ゾーン(関東の人間にはほとんど知られていないかもしれない)。藤太山びこたきちの3軒を制覇し4軒目は豚海。養老地区から少し離れているためか?ほとんどメディアで名前の挙がらない名店だ。それにしても焼肉店なのになぜ豚海?店内はウッディーで落ち着いた雰囲気。メニューを開くとお店のおすすめメニューが記載されているのでその品を中心に注文することに。驚くことに本日食べた全てのメニューが◎以上。その
特選海豚カルビ 塩タン 牛ヒレロース バター温玉ダレ
特選豚海カルビ 塩タン 牛ヒレロース バター温玉ダレ
豚海
三重県桑名市上深谷部847-1 пF0594-29-3388 営業時間:11:00〜14:00 17:00〜23:00(土日祝:11:00〜23:00) 定休日:火曜日
◎特選海豚カルビ¥980 ☆牛ヒレロース¥980 ☆☆脂ぷりっぷりホルモン¥480 ◎塩タン¥880
◎霜降り牛トロ寿司¥980 ◎牛肉サラダ¥480 ◎野菜たっぷりコラーゲンクッパ¥580
値段…◎ 味…◎ CP…◎ 雰囲気…◎ 接客…◎ お薦め度…☆
脂ぷりっぷりホルモン 霜降り牛トロ寿司 野菜たっぷりコラーゲンクッパ 牛肉サラダ
脂ぷりっぷりホルモン 霜降り牛トロ寿司 野菜たっぷりコラーゲンクッパ 牛肉サラダ
中でもダントツNO1は脂ぷりっぷりのホルモン。まさに日本ホルモン界の王様ではないだろうか?ここ養老地区のホルモンはどこで食べても美味しいがその中でも一番美味い。脂身は巨大で柔らかくプリップリ。とろけるホルモンを堪能できる。皮部分もカリカリしていながらも柔らかく、東京で食べるゴム感などは一切ない。特性の味噌ダレがたまらない。もう一品のおすすめメニューは牛ヒレロース。繊維がほどけるお肉とは一味違った柔らかさ。バター温玉で濃厚な味わいを楽しむもよし。塩コショウだけでももちろんOK!他にも適度な柔らかさと肉に草を併せ持つ霜降り状態の特選海豚カルビ(焼くと甘い旨みがあふれ出す)。薄っぺらいな〜と一瞬暗雲が立ち込めるが焼くとこちらも溢れる溢れる肉汁たっぷりの塩タン(ネギはみじん切りにしてほしかった)。2貫で¥980とちょっと高めだがしっとり柔らか上品な巨大ヒレロース肉がシャリ全体を包み込む軽く焙った霜降り牛トロ寿司。カリカリになるまで焼かれた牛肉がどっさり乗っかっているフレンチサラダ(ヒレロース用のバター温玉ダレをぶっかけるとこれ美味)。ラストは胡麻油の風味とちょい辛のあっさりスープの中にニラ、白菜、たまねぎ、卵、そして旨みたっぷりのテールがどっさり入ったボリューム満天の野菜たっぷりコラーゲンクッパ(野菜の旨み、甘みとお肉の旨み、そして胡麻油とニンニクの風味)。
 いや今回もすごかった。ここ養老地区を訪れるたびに味と値段に驚かされる。2人でがっつりお腹いっぱいになるまで特選品を注文しても¥6000弱。東京でも何店かは同等の肉質と値段のお店を探すことが可能だが、こちらはこれが当たり前。まさにここは焼肉パラダイス!
 いよいよ旅行も大詰め。食事の後は温泉。
蒲郡に目的の温泉があったため、ちょっと大回りにはなるがわざわざ南下し日本海沿いを東へ車を走らせると…ない!探していた温泉が見つからない。間違いなくこのあたりのはずだが…不自然な更地が…。潰れたか。
 そうだ結婚式のお金を振り込まなくては!携帯で銀行の支店の場所を調べ急遽
浜松へ。しかしこれまた時間オーバーでアウト。踏んだり蹴ったり…焼肉を食べただけでもう4時。これでは残念ながら最終日は落ち着かない内容の薄い一日になってしまいそうだ。
 本日一食目のランチをいただいたのが11時。そろそろ小腹が減ってきた。そしてここは
浜松。ということは旅の〆はウナギで決まり。浜松&浜名湖周辺を通過するときには必ず立ち寄るのがうな天。しかし今回は鉄板のうな天で食べたい気持ちをグッと抑えて新店舗開拓に挑むことにした。駅周辺、大通り沿い、ウナギのお店はたくさん存在するのだがなぜかどこのお店も本日は開いていない。木曜日はウナギ業界の休業日なのか?インターチェンジ目前でテンションも下がり諦めかけたその時ついに開いているお店発見。大通り沿いによく看板があるうなぎの松葉。広〜い店内にお客は…うちらだけの貸しきり状態。心配も頭をよぎるがそれ以上にウナギ屋が見つかった安心感と食欲が勝っていた。今回の旅行最後の食事。ガッツリ贅沢に注文はうな重特上
うな重特上 御櫃 うなぎ茶漬け うなぎの松葉
静岡県浜松市東区下石田町982-1
пF053-421-3714
営業時間:11:00〜20:30
定休日:不定休
◎うなぎ茶漬け¥2,730
◎うな重特上¥3,150
とうなぎ茶漬け。うな天のギラギラした脂たっぷりのヤングはウナギとは一味違う上品なうなぎ。しっとりしたウナギは身が分厚いがふんわり柔らか。タレはあっさり、米はやや柔らかめ。付け合せのきゅうりのヌカ漬けはすっぱくてこれがまた舌をリセットするための口直しにいい。お茶漬けは上品過ぎてただでさえあっさりのウナギがより薄味になってしまった。大人には松葉、若者にはうな天がおすすめかな?きも串も食べたかったが2本で¥840はちょっと高く注文を躊躇ってしまった。

 今回も食べて食べて食べまくった関西一週旅行だった。次は久しぶりに九州遠征か?