Ramen&Travels
  ● らーめん履歴書一覧
  ● 全国らーめんレポート
  ● 全国らーめん旅行記
  ● つけ麺.com
  ● 横浜家系らーめん
  ● 半熟味付けタマゴ
  ● 美味しいチャーシュー
【東京らーめんindex】
区部
千代田区 中央区
港区 新宿区
文京区 台東区
墨田区 江東区
品川区 目黒区
大田区 世田谷区
渋谷区 中野区
杉並区 豊島区
北区 荒川区
板橋区 練馬区
 足立区 葛飾区
江戸川区
市部
八王子市 立川市
武蔵野市 三鷹市
青梅市 府中市
昭島市 調布市
町田市 小金井市
小平市 日野市
東村山市 国分寺市
国立市 田無市
保谷市 福生市
狛江市 東大和市
清瀬市 東久留米市
武蔵村山市 多摩市
稲城市 秋川市
羽村市 あきる野市
西東京市
【沿線別らーめんindex】
目黒線 西武池袋線
大井町線 東武東上線
池上線 東武野田線
新玉川線 埼京線
東横線 伊勢崎線
中央・総武線 京成本線
井の頭線 新京成線
京王線 京葉線
相模原線 京浜東北線
小田急線 相鉄線
世田谷線 京浜急行
南武線 横浜線
武蔵野線 東海道本線
山手線 青梅・五日市線
西武新宿線
   
千代田線 半蔵門線
都営浅草線 丸の内線
都営三田線 日比谷線
都営新宿線 銀座線
東西線 有楽町線
横浜市営地下鉄 南北線
都営大江戸線
Home    
目黒区の美味しいらーめんミシュラン
50音インデックス
赤坂ラーメン(都立大) 円満家(武蔵小山)
かづ屋(目黒) 勝丸(目黒) 喰麺と酒肴框堂(中目黒) 我流ラーメン(池ノ上) 銀節や(自由が丘) 嚆矢(駒場東大前) 康竜(中目黒)
醤丸(祐天寺)  水琴窟(武蔵小山)
大大(自由が丘)
中吉(中目黒) 南部(自由ヶ丘) なんもかんも(中目黒)
百麺(中目黒) 函館や(自由が丘) ぷかぷか(中目黒) 福徳(学芸大学前)
無邪気(自由が丘) 無邪気2号店(自由が丘) むつみ屋(都立大) むつみ屋(自由が丘) 麺たま川(目黒)
八雲(中目黒) 揚州商人(目黒)
らーめん寅(目黒) らーめん蓮(中目黒)
しなそば嚆矢 井の頭線
「駒場東大前」駅西口改札を出てマクドナルドを左に見、斜め方向に進み突き当たりを右折してちょっと行った右手。
とりそば¥1,000★★★☆
経堂の名店「はるばるてい」で修行した主人が駒場東大前にレトロなラーメン屋「嚆矢」を開店。
さすがに見た目は酷似しているが、やはりスープはまだ「はるばるてい」には及ばない!よく言えば柔らかく和風ダシがあっさりしていて癖がないが、あの独特の強いダシこそが「はるばるてい」の味である(やさしいあっさり味が好みの人にはgood!)。かための中太麺は同じかな。とりそば¥1,000、ちゃーしゅーめん¥1,000はともにとり&ちゃーしゅーのミックスが可能(とりそば:ちゃーしゅー2枚&とり3切れ、ちゃーしゅーめん:ちゃーしゅー3枚&とり2切れ)。ちゃーしゅーはかたく歯ごたえがあるが、意外とジューシー。とりは皮面はこんがり、肉は柔らかで絶品(個人的にはちゃーしゅー:★★★、とり:★★★★)。
中・高校生はサービスとして大盛りor¥100分のトッピングが無料。
住所:
東京都目黒区駒場2-4-6

営業時間:
11:30〜14:00 17:00〜21:00
定休日:
水曜日・木曜日
注文:
とりそば¥1,000★★★☆
南 部 大井町線 東急東横線
自由ヶ丘駅から自由通りを北上し左手。
2007年06月:にぼ味噌らーめん¥800★★★★
せたが屋8店目にしてついに味噌(飛騨高山の味噌)らーめん店出店!南部鉄器に包まれた熱々スープのベースはやはり魚系。「ふくもり」同様煮干のインパクトが強烈だが味噌とうまく調和している【ややクセがあるので魚嫌いの人はやめたほうが良いかも】。麺は中太のストレートでコシがある。具は柔らかチャーシュー・濃厚な半熟タマゴ2個・刻み青ネギ・のり(のりの上にはピリカラの味噌がのっていて、徐々に溶かしながら食べると味の変化を楽しめる)。そして麺を食べ終わったら是非ご飯をぶっ掛けたい。できれは「ぢゃぶ屋」のように生卵でとじたいが・・・。
住所:
東京都目黒区自由ヶ丘1-23-2

営業時間:
11:30〜15:30 17:30〜22:00
定休日:
木曜日
注文:
にぼ味噌らーめん¥800★★★★
福 徳 東急東横線
クロ
ミソ
2006年12月:クロ¥700★★★☆+半ごはん¥150★
一見家系を感じさせるビジュアル。しかし食べてみると強烈なカツオのインパクトが身体全体に伝わってくる。ご飯との相性は・・・???

2007年05月:ミソ¥750★★★★+半ごはん¥150★

あっさりしていながら濃厚な味わいの甘〜い白ミソベースのスープに太目の縮れ麺がよく合います。具にはやや薄めのジューシーなチャーシューが2枚・シャキシャキノもやしと刻みネギ。そして最後にはご飯をぶっ掛けていただきましたがこれが美味。ひさびさに美味しいオジヤを食えました。
住所:
東京都目黒区鷹番3-8-4

営業時間:
11:30〜14:30 17:30〜25:00
定休日:
なし
注文:
ミソ¥750★★★★
クロ¥700★★★☆
半ごはん¥150★
らーめん蓮 東急東横線 日比谷線
中目黒駅から山手通りを南下して目黒署手前
つけ麺 つけ麺¥750★★★☆+味玉¥100★★★☆
お薦めはやはりつけ麺。家系のらーめんとは違い、スープはあっさり濃口の魚介系で多少酸味の効いたピリカラ味。シャキシャキしたたまねぎの食感もまた食欲をそそる。具の青菜は麺皿に別盛になっているため、へたっていない。チャーシューも肩ロース風で噛むと自然に解れていってしまう。のまた柚子胡椒もスープに溶けていないため、二つの味を同時に楽しむことができる。トッピングの味玉がこれまた濃厚で美味い。そして麺を完食後はスープ割を注文。薄味に変身したあっさりスープからは強めの魚の香りが。そして柚子を溶かして…。ん〜満足。
味玉らーめん¥700★★★
らーめんはややこってり目の家系味。具を軽視しがちな家系の中で、具を尊重している一杯と言えるかな。
接客もあたたかい。頑張れ"蓮"
住所:
東京都目黒区中目黒2-7-14

営業時間:
平日:11:30〜14:30 18:00〜25:00
土日:11:30〜15:30 18:00〜25:00
定休日:
月曜日
注文:
つけ麺¥750★★★☆
味玉¥100★★★☆
味玉らーめん¥700★★★
pukapuka 東急東横線 日比谷線
「中目黒」駅改札を出て山手通りを駒沢通りに向かって右折。GTタワー横路地を右折して50m程左手。
味玉らーめん塩¥850★★★☆
極太の柔らかメンマ。渋谷「keiz」同様渡なべプロデュースのラーメン屋"中華そばぷかぷか(pukapuka)"。スープには正直がっかり。和風ダシの強いスープは動物系の旨味が弱く、味が濁っている。麺は細めのストレート。具は絶品ぞろい!まずはチャーシューは非常に柔らかく美味いの一言。タマゴも味付け&かたさとも文句のつけようがない。そして渡なべ独特の超柔らかメンマ。
住所:
東京都目黒区上目黒2-6-9

営業時間:
平日:11:00〜23:00
日曜:11:00〜21:00
定休日:
なし
注文:
味玉らーめん塩¥850★★★☆
康 竜 東急東横線 日比谷線
「中目黒」駅から山手通りを目黒駅方面に歩いていき、駒沢通りを越えてすぐ。
らーめん¥700★★☆
店に入るとまず食券を買い、席に着きオーダー用紙に自分の好み(麺のかたさ・味の濃さ・ねぎの有無・辛味だれの量etc)を書き込む。ここまでは「東京版一蘭」という「〜一週間」の「福岡の一蘭にそっくり」という意見に賛成だった。しかし見た目・味ともに、似ても似つかず、どう評価してもそっくりとは言い難い。まずはスープ。透明度がなく、どちらかというと濃厚さだけが前面に出ている。「辛味だれ」もドロドロしている。チャーシューは柔らかいがパサパサしていて、一蘭のタンのような食感とは程遠い。ということで、雑誌を見て「一蘭の味が東京でも食べられる」と思った人には残念な結果になるだろう。
替玉も¥200とかなり高い。
住所:
東京都目黒区中目黒3-1-4

営業時間:
11:00〜28:00
定休日:
なし
注文:
らーめん¥700★★☆
醤 丸 東急東横線 
「祐天寺」駅から祐天寺に向かって歩き、駒沢通り「祐天寺前」交差点角。
角煮らーめん¥850★★
店は汚い、店主の態度はでかい。大味な薄口醤油家系似ラーメン(かなりしょっぱい)。見た目、トッピング等は家系ラーメンだが未完成品?さらに湯きりがいいかげんなため、水っぽく感じる。一番人気は角煮ラーメンらしいが、角煮はスープとは逆で多少薄味。ボリュームも半端ないので友達と角煮ラーメン&チャーシュー麺を注文し半分に分けることをお薦めします。タマゴはNG。
住所:
東京都目黒区祐天寺1-16-5

営業時間:
18:00〜27:00
定休日:
火曜日
注文:
角煮らーめん¥850★★
勝 丸 「目黒」駅を山手通りに向かって下っていき、目黒川を越えてすぐ。
醤油らーめん¥650★
以前横浜のラーメン博物館で食べて愕然としたラーメン屋。3年ぶりに食べてみたが、やはり口に合わなかった。煮干がメインの澄んださっぱりスープからは魚の臭いがぷんぷんしてくる。麺はつるつるした太めのストレート。こちらも好みでない。極めつけはチャーシュー。かたくて歯ごたえあり。
住所:
東京都目黒区目黒2-8-10

営業時間:
11:00〜28:00
定休日:
なし
注文:
醤油らーめん¥650★
かづ屋 山手通りを南下し中目黒駅・目黒通りを越えて約200mほど。
支那そば¥675★★★☆→★☆
店は改装され明るくなっていた。スープは変わらず魚の風味を前面に押し出している
(かなり熱いので火傷に注意)。具はチャーシュー・メンマ・しいたけのスライス・のり。トッピングの味付け卵の黄身は硬くてパサパサ。がっかり。正直具はあまり期待できないが、その代わり麺とスープは絶品。夏にはつけ麺もお薦め。どんなに混んでいても一度に3杯しか作らない店主のこだわり?に拍手。ラーメン屋なのに外税のところは減点(支那そば+味付け卵 =¥735)。
が、2006年支店を出した直後に味が急変。一見薄そうなスープは強烈なショッパさ。煮卵も相変わらず味はしみているがカチカチ。バラに変わったチャーシューもかたくて酷い。
住所:
東京都目黒区下目黒3-6-1

営業時間:
11:00〜24:00
定休日:
火曜日
注文:
支那そば¥675★★★☆→★☆
函館や 大井町線 東急東横線
らーめん¥600★★★
函館の本格的な塩ラーメン
を食べることができる東京では貴重な一軒。スープはやや濃い口。麺は少し柔らかめなので、硬めで頼んだほうがbetterかな。具のチャーシューはパサパサして硬いところもあれば、脂がしっかりのっていて柔らかいところもあり、もう一度食べてから評価したいと思います。大盛りでも値段が変わらないところはとても良心的。店員の雰囲気もとてもよい。
住所:
東京都目黒区自由が丘1-14-16

営業時間:
平日:11:00〜28:00
日曜:11:00〜27:00
定休日:
なし
注文:
らーめん¥600★★★
むつみ屋 大井町線 東急東横線
「自由が丘」駅前の自由が丘デパート裏。
濃厚味噌¥800+とろチャーシュー¥200+半熟タマゴ¥100
多少酒粕くさい濃厚な味噌らーめんはクセがあるがうまい。そしてこのスープに北海道の太縮れ麺がよく絡む。具は脂身の多いトロチャーシューに濃い黄身の半熟タマゴ。メンマは改良の余地あり。まあ全体のバランスは非常に良い。
:
homepage
住所:
東京都目黒区自由が丘1-11-4

営業時間:
11:00〜25:00
定休日:
なし
注文:
濃厚味噌¥800★★★★
銀節や
らーめん¥600★
半熟味タマはうまい。備長炭の入ったレモン水もうまい。しかし肝心のらーめんがこれでは!名だたる各地の特産物を使用しているようだが、全く旨味を引き出していない。いや殺してしまっている。小田急線の構内に併設している"箱根ソバ"のつゆをイメージしていただきたい。細めの縮れ麺もカップ麺以下。チャーシューはパサパサパサパサパサ。そんな家で唯一光っていた具が
半熟タマゴ。まったく自由が丘のらーめんはどうなっているんだ。
住所:
東京都目黒区自由が丘1-14-16

営業時間:
平日:11:00〜28:00
日曜:11:00〜24:00
定休日:
なし
注文:
らーめん¥600★
円満家 目黒通り学芸大学近くの交差点「目黒郵便局前」を武蔵小山方面に曲がってすぐ。
らーめん¥600★★★
もう一度行きたい気にさせる温かい接客。お店には髪を結ぶための輪ゴム・服を汚さないための紙エプロンなどが用意され、女性に気を使っている。コッテリまろやかな家系スープは割と鶏が強い感じ。濃厚で重めの力強いスープの中に旨みがぎっしり詰まっている。麺は太い・短い・硬い。具はのり3枚・硬めのチャーシュー・ホウレンソウといたってシンプル。そして是非ここにトッピングをしててほしいのが、
半熟トロトロの味付けタマゴ!のりのおいしさに感動!
住所:
東京都目黒区目黒本町1-16-19

営業時間:
11:00〜22:00
定休日:
月曜日
注文:
らーめん¥600★★★
無邪気 正面出口から渋谷側のガードをくぐって約50m左。
最近ネット上で「無邪気が家系!」だと言われているのを見て驚き、3年振りに行ってみた。んーやはり本当に家系?と疑問に思うほど家系の豚骨醤油から逸脱した味。しかも味噌や塩まで味は様々。正直しょっぱすぎてスープのコクも深みも伝わってこない。麺は中太で硬めの縮れ麺。標準で200gだが、大盛り(300g)にしても値段が変わらないところはうれしい。とはいっても他に取り立てて誉めるべきところはない(あえてあげるならのりが3枚入っているところくらい)。具に関してはお話にならない。タマゴ(¥100)はかたくて冷たい。
らーめん寅 JR「目黒」駅 西口を出て目黒通りを権之助坂方面へ。「権之助坂」交差点の先の左手
東京で食べられる「広島ラーメン」(尾道とは似ても似つかない)。スープは和歌山らーめんを薄く&まずくした感じ。麺は細目のストレートで”まあ食える”といった程度。チャーシューはひどいね。確かに柔らかいんだけどベーコンかと思った。味も…。らーめん寅のhomepage上の宣伝文句:広島でらーめん通なら「寅」を知らないなんてモグリ!博多のこってり豚骨味と、広島のあっさりしょうゆ味のいいとこ取りの究極スープ、 しなやかさの中にも、しっかりとしたコシのある細めの麺、 らーめんの味は「寅」で決まります自画自賛にも程がある!
麺たま川 山手通りから目黒通りに入り、目黒川を越えてすぐ左手。
スープ(塩もり)は悪く言うとちょっと大味で、つけ麺ということを考慮してもかなり濃口なため、塩味が完全に殺されてしまっている。「ほんとに塩らーめん?」というのが第一印象(おすすめは醤油らしい)。麺は中太のストレート。写真を見ればわかるようにこの店のおすすめは半熟のたまご。食べた後はスープ割りを注文(濃味or薄味が選択可)。携帯厳禁!。おすすめは半熟卵&柔らかチャーシュー2枚がトッピングされた玉ちゃんらーめん(¥700)。やはりこちらも塩味ながら比較的濃い目の味付け。スープ切れになることもあるので、早めに行ったほうがいいでしょう。
我流ラーメン 小田急線 
東北沢駅から山手どおりに向かって歩き、東京大学宇宙開発研究所を超えてすぐ。
行列ができる店と聞いて、早速足を運んでみた。こざっぱりとしていて清潔感漂う店内。注文は我流らーめん大盛+煮タマゴ(¥850)。スープはお湯に醤油をたらした感じで味がない。麺は東秀のゴム麺。煮タマゴは硬くてパサパサ(ただのゆでたまご)。メンマ・のり・青菜に関しても評価するところをいくら探しても見つからない。まあ唯一まともなのはバラチャーシューくらいかな。期待していただけにショック。毎月14/28日は我流ラーメンが¥300だが行く価値なし!
八 雲
支那そば¥650★★☆+肉ワンタン¥200★★★
激戦区中目黒に店を構える支那そば「八雲」。スープは浜田山「たんたん亭」に非常によく似ていて、脂が浮いているが魚系の味が前面に出ていてあっさりしている。麺は細めで歯ごたえのあるやや縮れ麺。具はメンマ・海苔・ネギに硬めのチャーシュー。トッピングの肉ワンタン(+¥200)はふっくらしていて熱々(海老ワンタンは売り切れ、残念)。煮タマゴは×。正直あっさりしていて物足りないということもあり、好みによって好き嫌いがはっきり分かれてしまう一杯だと思う。かづ屋よりうまい。
住所:
東京都目黒区大橋1-7-2オリエンタル青葉台2F

営業時間:
11:30〜15:30 17:00〜21:00
定休日:
火曜日
注文:
支那そば¥650★★☆
肉ワンタン¥200★★★
框 堂
和風居酒屋ながら、ラーメンはややアジアンな薫りが漂う。スープに深みがないのかな?何せ一番おいしかったのは網焼きのつくねだった。やはりここは飲み屋です!ラーメンに期待するべからず。
水琴窟 目黒線
2006年06月:らーめん大盛¥800★★★☆+味玉¥100★★★★
タマゴは若干ゆるいが濃厚で美味い。
2007年09月:味玉らーめん大盛¥900★★★★☆
日々進化を続けるらーめん屋”水琴屈”スープ・麺・具…全体的な完成度は非常に高い。極細の麺はかためにしないと、食べ終わる頃にはゆるゆるに。脂ののった柔らかチャーシュー、濃厚な半熟タマゴは文句なし。
住所:
東京都目黒区目黒本町3-7-10

営業時間:
11:30〜15:00 17:00〜25:00
定休日:
月曜日
注文:
らーめん¥650★★★☆+大盛¥150
味玉¥100★★★★