京都、丸山公園

うちのイモウト、オトウトへ。

花見といっていつも思い出すのは、おじいちゃんの最期の桜を
姉弟三人で一緒にみた、何年か前の花見です。
あの日も、びっくりするほどの満開の晴天の中を、
もう二度とこない時間の共有なのは人生全ての時間がそうだけど、
でもそんなことは意識せずに歩いたね。
でも姉弟で過ごす時間は、これからもずっとあるといいけど。

次へ。
トップへ。