京都、桃園

イトシの親友、ほぼ桃の節句生まれのノリちゃんへ。
花も嵐も踏み越えて、は、わたくし達には似合わないから、
「ころん」と咲いてる桃の花みたく、
嵐もそ知らぬ顔で香る花園育ちでいきましょうね。

次へ。
トップへ。