京都、祇園

秋方首領コンビ、貞文様、霧姫様に。

敢えて、満開ではなくまだ蕾の桜を。
枝先にちらほら花開く様は、
まるで佐保姫がその指先に一輪の花を咲かすようで、
その一輪から溢れるように咲いてゆくはずの春の全ての美しさが感じられませんこと?
生命力などではなく、綺麗な綺麗な、それだけの何かが届きますよう。


次へ。
トップへ。