春の夜の夢の宴においでくださった皆様、本当にありがとうございました。まるで子供みたいですが、いまだに余韻も覚めやらず、裏幹事の妹とともにあの夜の思い出を語る毎日でございます。

記憶の鮮明なうちに、わたくしヤヨイの目から見ました宴での伝説の数々を書き留めてみたいと存じます。
ヤヨサロにアイコンをお持ちの皆様を中心に仕上げてみたいと思いますので、そのあたりをお心にお留め頂いて、お読みくださいませね。


さて。
30人を集めるパーティーを自らの手で企画するのはなかなか大変なことでありんす。
何しろ今回は食材から飲み物、会場のレイアウトまですべて裏幹事・あやとわたくしで行ったものですから、下見や搬入、配送、レイアウト変更等、かなりの時間を要しました。
お一人様3000円の参加費は絶対に値上げしたくなかったので、それはもうきっつきつの予算設定です。

そもそもの伝説はここから始まりました・・


1.あやケチケチ伝説

というわけで、口調を普通に戻しますが、基本的に大雑把で気分屋のわたくしは、準備段階での食材・お菓子等の買出しで、最初のうちは、結構けちけちやっていたわけです。色んなお店を見て回って、一番安いのを買ってくる、とかね。でも途中で、当然のごとく、「あーやっぱり生ハムがほしいから買っちゃおうvv」とか、なるわけですよ。
しかし、万事に細かく妥協のない我が妹は、物凄いこだわりを見せてくれました。
家から何キロも離れた酒屋を回って、30円安いポップコーンを買ってくる妹あや。しかもそのポップコーン、本番で食べてない!!!

とある日の夜などは、わたくし、温泉につかりながら桜を見ていたのですが、突然の電話に身体を拭き拭き嫌そうに応答するわたくしに、妹はもちろん頓着しませんでした。
「お姉ちゃん、今酒屋にいるんだけどね、ビスコッティが一箱200円で、三種類あるんだけど、三つかっていい?二つにしたほうがいいと思う?」
って言われてもさあ。
その携帯通話料で200円くらいかかるんじゃないの? という感じですが、まあとりあえず、三種類買いなさい、と指示して温泉に戻るわたくしヤヨイ。
いろんな人にこの話をすると、「お金足りなかったら出してあげるから、もっと豪華にやりなさい」と仰っていただいたのですが(うちの両親まで言ってた。)、まあ、もちろんゲームだったわけですけれどもね、って妙にいいわけ臭いですか。
しかしそんなあやと、途中でいきなり富豪ぶってみたりはしましたが基本的にはハードルがあったらそれを越えたい病のわたくしの努力の甲斐あって、お一人様の参加費用は上げないまま、かなり豪華なお食事、お飲み物、内装(?)でしたわよね? ね?
yurieねえさま、差し入れありがとうありんす。ワイン12本とお惣菜まで!!

2.忘れ物クイーンヤヨイ伝説

さて、下見と搬入に何度か会場には足を運んでいましたが、その当日。
わたくしたち姉妹は、午前中に家をでて、準備をする予定でした。
しかし、今思えば、きっと舞い上がっていたのでしょう。何故か、ふたりで正座して、延々と「あいのり」というテレビ番組を見続けてしまったのです! しかもビデオに録画してあるやつ!! 普段テレビなんて絶対見ないわたくしが、何故。

そして遅刻だ遅刻だと騒ぎながらいえをでたのはいいのですが・・あ、コンタクトの保存液、忘れた。
4月3日は晴れ女のわたくしのパワーが天気予報を覆した快晴。走ると暑い。
しかしわたくしは走りました。そしてコンタクトの保存液を手に、(はじめていくケーキ屋さんでケーキの受け取りがあったので道に迷いつつ)
妹と合流すると・・ああああああああああああ!!! 会場の鍵をきれいさっぱり忘れてる!!!!!

我ながら、いや、やっぱり舞い上がっていたのでしょうね。
よかったー、電車に乗る前で。

というわけで二度目のダッシュ慣行。妹はおもたーい(多分5キロはあった。)ケーキ箱を担いで、最後の買出しに行ってくれました。
合流した時・・もうくたくたよ、わたくし。重いのをもったまま歩き回った妹も多分。
しかも朝から、何も食べてないし。

で、あるわけですよ。目的地の駅前には。ラーメン屋さんが!! しかもわたくしのお気に入りが!!!
食べちゃった。てへ。

そしてこのラーメンはディナーが始まってもまだわたくしの胃を去らず、宴でのわたくしの食欲を大幅に減退させてくれるわけです。
因果応報。なのか?

3.かをりんびびり伝説

やっとのことで会場入りして、何とか準備を始めるわたくしたち二人。ま、わたくし達も遅刻してるんですけどね、「準備に参加するから!」と請合ってくれたメンバーも、遅れること遅れること。
やっと一番最初に来てくださったのは南国貴婦人ルーシーかをりん。
実は、準備の初めの頃にわが魂の片割れにしてヤヨサロの裏番、黒姫かのんさんがいらしている予定だったのですが、そのかのんさんもさまざまな事情により遅れて到着するわけですが、かをりんはかのんさんとの初がおあわせにかなりびびっていたらしく、メンバーのなかで一番早く来てくれたにもかかわらず
「ねえねえ、かのんさん怒ってない? いきなり遅刻してきて駄目な子って思われてない?」
とびびりまくり。
でもかをりんは、フランスパンの買出し担当だったのですが、わざわざおうちで試食会まで開いてパン選びをして、ドゥ・マゴのフランスパンを買ってきてくれたのでした。ありがとうかをりん! そういえばパン代をお支払いしていないので、次回お返しします。って何故ここに書くのか。それはわたくしはすぐに忘れてしまうから。

4.ヤスヨティアラ伝説

しつこいようですが現在わたくしにとって一番のヒットキャラ、桃色カリメロきのこのヤスヨちゃんとそのご夫君、早起き錬金術師のヒデぼう。
まあとりあえずこの日のヤスヨちゃんを語る上では、ティアラを避けては通れないでしょう。
一応ドレスコードつきなので、ヤスヨちゃんはピンクのドレスにお着替えの予定だったのですが、アクセサリとして取り出したのはティアラ! ティアラって、あなた。そんなものわたくしだって持ってません。
一体誰がいつ何のために購入したのか。ティアラ。(いやどうやら妹さんが成人式のためらに、らしいですが。ティアラする成人式・・)

さらに、ヤスヨ夫妻は伝説を作ります。
お皿にクラッカー類を並べるというお仕事を夫妻にお任せしたのですが、実はわたくし、先日、当のヤスヨちゃんからお誕生日プレゼントにいただきました小さなムウ様の人形(注・ムウ様というのは牡羊座のゴールドセイントで、わたくしのアイドルというか理想の男性なのです。中学生の昔から)を会場につれて行っていたのですが・・
ふと、ヤスヨ夫妻の並べたクラッカーをみると・・綺麗に渦巻状に並べたクラッカーの中心に、ムウ様が聳え立っている!!!

そういえばムウ様も3月27日生まれ、春生まれなのよね♪ お誕生日おめでとう、ムウ様!

5.かのんさん登場伝説

そもそもかのんさんもご夫妻で登場の予定がご夫君の休日出勤によって単身参加になった、という経緯があるのですが、相変わらずド派手な車に割り当てのビール一箱とサラダの材料を乗せて登場してくれた我がイトシのかのんさん。

普段からわたくしはかのんさんについて「魂の片割れ」とか「裏番」とか「姉御」とか「超美人」とか「紅虎」とか、最大級の賛辞(?)を捧げているわけですが、遠くにお住まいなので、他のお友達との顔合わせはなかなかないのです。
結構みんな、びびってたよね。ふふふ。

しかし! そのイザムに似た、と評される美貌や真っ赤なツケ爪からは想像が付かないけど、かのんさん、メチャクチャ家事うまいのー。
というわけで、キッチンでのお料理はいきなりかのんさんに任されるわけですが、ここで問題が一つ。
「レタス失踪事件」。
三個買ってきてくれたはずのレタスが、二個しかないわけです。
どこで落としたんだ、レタス。
・・・すみません、わたくしが落としました。探したらありました。地下駐車場に停めてあるド派手な車のしたに。レタス。転がってました。

そして手際よくサラダを作った後、「さぁ、今度はお嬢様方の髪を巻くわよ!」と声も高らかに、美容師さんに変身するかのんさん。
早く来ていた特権、とばかり、我先に髪を巻いてもらうわたくしたち。
そして更にわたくしは、かのんさんがわざわざ特注して作ってくださった生花の髪飾りを頂いたのですわ♪
わたくしが白薔薇、かのんさんが赤薔薇なの。
でもさ、二人で写真撮り忘れた・・はあ。

6.お迎え伝説、主にamiちゃん伝説

髪も巻いてもらってゴキゲンなわたくしヤヨイとヤスヨちゃんは、駅で待ち合わせをしていたメンバーを迎えに、駅まで参りました。
ここで合流するメンバーはakemi雪部部長、吸血鬼QdG、akemiさんの元ボード仲間はまちさん、あやのお友達の美人講師ふきちゃん、女剣士yoshitoちゃん、今回初お目見えのamiちゃん、そして一度だけお会いしたことのあるMINAちゃんです。
駅まで付くと、お馴染みのakemiさん、QdGさんとふきちゃんとyoshitoちゃんとはまちさんはすぐにわかったのですが・・そしてMINAちゃんも、見つけ出したのですが・・amiちゃん、どこにいるのでしょうか。

あんまり派手な格好はしていない、といっていたんだけど・・あそこにやたら派手というかステキな格好の美女がいるんだけど・・っていうか・・赤い薔薇の花束とむき出しの2Lペットボトル持ってるし・・(宴の参加には一人一本のペットボトル持参が条件)
ををををを。これがamiちゃんか! これで地味な格好なのか!!
さすがは銀河系女スパイ! 

会場までの道すがら、熱く、自分とamiちゃんとどちらがより一層引田天功に似ているかを語るヤヨイ。たいていの人には勝つ自信あるけど、多分今回は負けた。衣装も含めて。いや別に似たくないんだけど。amiちゃんも全然嬉しくないと思うけど。

そして会場に着くや否や、着替えをしなければいけない女性陣の都合もあり、すでに衣装着用済みのamiちゃんは、
「amiちゃーん、三番テーブルさんについてくださーい」
の声(その声はわたくしだ)とともに、いきなり初対面の男性陣(ひでぼう、QdGさん、はまちさん)の三番テーブル? 担当にさせられてしまうのでした。
ご、ごめんね・・

7.華麗なる衣装伝説

さて、そろそろ華麗なる女性陣の衣装を発表いたしましょう。それぞれ趣向をこらした衣装をご用意していただきましたが、

まずは僭越ながら、常春姫将軍ヤヨイから。
とりあえず、黒を着る方が多いということで、わたくし、敢えて白を選ばせていただきました。単に目立ちたがり屋なのか。むう。
ベアトップの白のロングスカートのワンピースに、白のゴージャスファーっぽいリブニットのカーディガン。それはもう白いです。一人だけ浮き上がるように白い。
スリッパ代わりに下駄はいて、髪は一部だけ縦ロールにかのんさんにいただいた生花白薔薇へアドレス。
最近痩せて胸がなくなったので、折に触れ、ドレスを引っ張りあげるのが大変でしたが♪

黒姫かのんさん。
黒地に赤い薔薇の模様入りキャミソールドレスに、黒のゴージャスファーつきシースルーカーディガン。赤っぽい(ピンクっぽい)髪は優雅に巻いて、大輪の赤薔薇を一輪。
かをりんが、「かのんさんとヤヨポンって、同じ人間の色違いみたーい」と言ってくれたのは、わたくしにとって最大級の賛辞でしたわ♪

裏幹事・白姫あや。
白姫のくせに黒尽くめのあやのドレスは、半分わたくしが貸しました。自慢じゃないですが。
黒地に白いドラゴンの刺繍入りひらひらワンピースの長さ違いを二枚重ねて、メッシュで透ける上半身の下には黒地にピンクの花柄のキャミソール。
髪はご多分に漏れず巻髪バイかのんさん。

南国貴婦人ルーシーかをりん。
黒地に赤い花柄のキャミソールドレス、上着はなし。南国気分満載のお花の髪飾りはヤスヨちゃんが持ってきて、ヒデぼうがブートニアにしていたのを無理やり(?)拝借。
それはもう健康的にセクシーないでたちで、後ほど登場するイタリア人などは一目でノックアウトされておりました。かをりんの髪もかのんさん作。

桃色カリメロきのこヤスヨちゃん。
ピンクのドレスはわき腹あたりがバッスルっぽくなっていてとってもキュート。いろいろ裏話もあるのですがこれはここでは置いておくとして、ふふふ、残念ながらティアラは途中ではずしてしまいましたが(恥ずかしがりさんなんだから♪)、外巻きカールのヘアはもちろんかのんさんの手によります。

歌う女剣士yoshitoちゃん。
わたくしからの熱いリクエストに答えてくれたyoshitoちゃんは、なんと和服で登場! 蜜柑色にまとめがみもしっとりと、若女将の風格すら感じさせるおんなっぷり。しかもすっぴん!!!! すっぴんで和服を着こなす女yoshito。恐るべし。

雪部の「華」akemiさん。
大人なakemiさんの衣装は、シースルーのラメ入りカットソーに黒のパンツ。しかし、印象的なのはなんと言っても赤いコート、そしてオレンジのマフラー! マフラーは宴の最中も、ストールとして活躍していました。

銀河系女スパイamiちゃん
さっきも書きましたが、いや、amiちゃん、あんたはすごい! どう説明したらいいのか困るんですが、すそがリボンで結べる黒のフレアパンツ、上半身は凝視してもどうなっているのかわからない黒のひらひら。いやこれは言葉では説明できません。ポイントはやはりむき出しのペットボトルでしょうか(宴の最中はもちろん持ってません)。しかもそれが(ペットボトル以外が)メチャクチャ似合う! 大物・・

夢見る小悪魔MINAちゃん。
若干15歳のMINAちゃんは、イベントには初参加。悪女志望(?)のご希望にあわせて、わたくしの黒のベアトップロングドレスをお貸しいたしました。ヘアセットはかのんさん、お化粧はわたくしヤヨイ。ていうか、細いのよー。当たり前ですがまだ少女体形。羨ましい。
割と大変身な感じで、生きたお人形さん遊び、楽しませていただきましたわ♪ 写真、今度送るねー。


ここから先は、これから順次登場される女性陣のご紹介を兼ねて、この時点ではまだ到着されていない方々の衣装を。

ナポリ系マンマ姉御yurieさん
今年のテーマは「金運」のイエロー。この日も黄色のジャケットで華やかに登場された姉さまのドレスは、黒のシースル、アシンメトリーなシルバーのスパンコール刺繍に黒のスカート、そして銀色のチェーンベルト。大人の魅力満載。やっぱり巻髪は大人の女性のものよね、と思わせる迫力十分でしたわ。付いていきます姉御!!

昼お嬢夜女王かおりさん
yurieさんの大親友にしてほんものの美容師かおりさんは、フクシアピンクのチャイナっぽいドレス。それはもう鮮やかでしたわぁ。ミス・シンガポールといわれても信じてしまいそうな艶やかさに、キュートなまとめ髪。夜だったので女王バージョンか。

騎馬姫アイコ
わが最愛の従妹アイコちゃんは、体調が悪いのを押して無理やり参加してくださいました。格好はカジュアルだったけど、すっかり大人っぽく色っぽくなっていて、お姉さん嬉しかったわ。次回は気合入れてコスプレしましょうね!

古城に住む女吸血鬼きりんちゃん
スレンダーボディに色白小顔、と、一座の注目をいきなりあつめてしまったきりんちゃんは岐阜から新幹線で乗り付けてくれました。黒のノースリーブブラウスに黒のパンツのシンプルないでたちが似合う、さわやかな美貌なのよー。やっぱりヤヨサロって絶対美人ぞろいだ。

で、一応、ヤヨサロに一度でも書き込んでいただいた姫君達の衣装は発表し終わっているかと思いますが、もし忘れてたらごめん・・その他にもふきちゃんとかシモーナとか、ヤヨサロメンバーでないお友達もステキなお洋服で参加してくださっていたのですが、殿方たちもみなさまステキないでたちでいらしたのですが、これ以上かくと終らないので、衣装伝説はこの辺で。

というかむしろ、まだ宴、始まってないのよね・・

本番編は、次のページで!

>夢伝説2 夢の中編へ