語学習得のコツ。

最近、わたくし、ドイツ語の勉強を始めまして。
それはひとえにわが楽園の大切な一翼でありますQdGさんという、生まれは日本、青春時代はドイツ、現在は日本に戻ってお仕事中、な彼と、イタリア語とドイツ語を教えあおう! というノリみたいな盛り上がりの中から始まったことなのですが、これが、面白い!

そこで全国の語学習得を目指していたり、通訳になりたかったりする人たちに向けて、語学習得のコツを書いてみることにしました。
ぜんぜん辛口ラブレターにはならないと思いますが、もうノージャンルエッセイの趣もありますので、開き直り。

さて、結論から言って、語学習得のコツはセンス。この一言に尽きます。
どんなセンスなのかというと、それはもうセンスがある人は「ああ、わかるわかる」とおもうだろうし、ないひとは「なにそれ?」と思うようなもので、説明不能。
自分が語学に向いていると思う人にはあるだろうし、向いてないと思う人にはないと思われます。

はっいきなり終っている。いや、違うんです。言いたいことはそんなことじゃないんです。(いやそうかも・・)

今回の日独伊語学教室を始めてわかったことは、QdGさん(日本語・ドイツ語・英語スピーカー)と、わたくしヤヨイ(日本語・イタリア語・英語・フランス語スピーカー)が一緒に勉強すると、ものすごく話が早い。ということです。
言語系統としていっちゃえば、ドイツ語はゲルマン系、イタリア語はラテン系だから、それほど文法とかは似てないんですよ。日本人が大体絶望的になる「男性・女性・中性名詞」に関しても、ドイツ語とイタリア語の各単語でまったく関係ないし。
まあ、そりゃ日本語と比べれば、文法的にも似ているし、簡単なんだけど。
そういうことは別として、わたし達に共通するものは、「母国語ではない外国語が存在するということを肌で知っている」ということだと思うんです。

これは、ハーフの人たちが、両親の母国語以外の外国語を簡単に習得できる(可能性が高い)ということにも密接に関係していると思うんですが、この世にひとつ以上の言語があるということを本能で知っているということは、三つ目、四つ目、五つ目の言語に対して、すごく自由に接することが出来るからなのではないかと。

わたしは、会話中心に言語を学ぼう、という試みが、大嫌いです。いや、人によるので、いい悪いじゃないんですが、個人的には会話で言語を学ぶなんて、無理だと思ってる。そりゃ、子供とかは別ですよ。でもある程度育っちったひとが、「使えるように」言葉を学びたかったら、まず文法。
それは、何も難しいことを言いたいのではなく、それが一番の近道だから。です。

って言うかね、言葉って言うのは、文法があって、言葉になっているわけじゃないでしょ? あくまで、使われている言葉というのが先にあって、それを体形だてて考えてみると、文法という一つの決まりが見えてくる。(エスペラント語は別ね。)
つまり文法というのは、ひとつの言葉を理解するためのお約束を、わかりやすく整理してくれているものなわけ。
せっかくわかりやすく整理してくれてるものがあるのに、それを「めんどくさい」とか「おもしろくない」とかいって参照せずに、いきなり会話をやっているから、いつまでたっても「言語」としてその言葉を捉えることが出来ないわけですよ。赤ちゃんとかで、ものすごく頭柔らかかったら別ですよ。でも日本人で、日本語でものを考えている人が、いきなり、たとえばイタリアに言って、会話だけをして、イタリア語の仕組みまで理解するなんて、不可能とはいわないけどまず無理でしょう。「なんで?」の連続になる。
超単純に言って、「Buongiorno(こんにちは)」と「Buonasera(こんばんは)」という言葉があったとして、Buonoが「良いという意味の形容詞」、giornoは「日」、seraは「夕方」という意味で、Buonoという形容詞が女性名詞であるseraにつくから、buonaという女性形になっているのだ、というの、会話の中でいくら言ってても、なかなかわからないでしょ?
でも文法をやっていれば、な・る・ほ・どー!!と、すぐに理解できる。
そして次にBuonanotte(おやすみ)という言葉を聴けば、Notteというのが「夜」という意味で、女性形(形容詞が女性形になってるから)なんだってことがわかるじゃないですか。
文法を知るということはそういうこと。

はっきりいって、文法をやらずにひとつの言葉を習得しようとすることは、超理不尽な謎解きをさせるゲームを攻略本なしで解くようなものです。
ま、ゲームだったらさ、その理不尽さに文句言いつつとくのも楽しいかもしれないけど、語学習得は一刻も早く習得したいものでしょ?普通。だったらせっかく攻略本があるのに、つかわなきゃ損じゃないですか。

かといってわたしは文法至上主義ではありません。日本語の文法なんて知らないし、イタリア語だってかなりあやふや。
なぜなら文法というのは、理解するための道しるべとして、自分なりに理解すればいいもので、それ以上のことは、言語学者にならない限り必要ないからです。
所詮攻略本だから、本質とはあまり関係ない、ともいうかな。

で、その文法という、便利だけど、ちょっとめんどくさいお約束を、どうやって自分なりに理解するかが、「センス」

文法というのは、覚えるものじゃなく、理解するものだからさ。その理解というのも、言葉なんて、文法をもとにして作られているわけではないから、あとからとってつけたものだし、例外なんていくらでもある。
数学の方程式みたいにすっきり行かないのは当たり前なんですよ。
それをどうやって自分なりに理解して、自分の中でのルールを作っていくか、というのが言語習得の鍵というか。
当然覚えなければならないことはあるにしても、それ以上は、理解し、自分の血肉として、それでその言葉をしゃべるようになるわけです。
言葉を学ぶときに「なんで?」というべきところと、言わないほうがいいところの見極めをつけられるかつけられないか。というのもセンスのうちですね。

えらそうなこと言ってますが、ドイツ語は難しいです。覚えることいっぱいあるし。
でも覚えることがいっぱいあるということは、それだけ道しるべがいっぱいあるということなのよ! わたしはそれだけで、次から次へと行くべき道筋を示してもらっているようで、わくわくする。といいつつ単語はほとんど覚えない怠け者なわけですが。

先ほどから言っているこの「センス」、外国語をいかに対象化して見られるか、ということのような気もしますが、これは、わたしの場合は、母の教育ママのおかげで身についたと思ってます。小さい頃から英語を教えてもらっていたし、ということは、わたしは日本にいながらにして、この世には日本語という、わたしの母国語以外の言葉があることを知っていた。
だからイタリア語もフランス語も、「ああ、ほかにもある言葉ね。しってるしってる」という感じで、すんなり対象化して覚えられたのだと思います。

ついでに言うと、日本語というのはヨーロッパ系言語の習得にはメチャクチャ適している言葉だと思います。ぜんぜん似てないから。
下手に似てると、ダメなんですよ。「外国語」だと思えない。いつも自分の言葉からの翻訳で、すまそうとしてしまう。
たとえばフランス語をローマで勉強していたとき、周りはみんなイタリア人で、文法はイタリア語もフランス語もかなり似ているので、授業はものすごいスピードですすんでいくのですが、成績トップはいつもわたくしでした。
なぜならわたしはイタリア語の文法を足がかりとして、フランス語をあくまで対象化して理解できるから。
イタリア語の文法なんて意識したこともなく、フランス語を「イタリア語に似た言葉」として認識しているクラスメイトより、当然飲み込みが早いわけです。

だからわたしたち、恵まれてるのよ!!
いや、別に外国語なんて覚えなくても生きていけるし、ちなみにわたしの数学の知識は多分中学一年生くらいだし、人それぞれだと思うというのは当然のこととして。
そしてわたしに数学の才能が欠落しているように、語学の才能が欠落している人もたくさんいることは当然のこととして。

外国語は外国語だと認めて、会話から吸収しようなんていう荒業はあきらめて、「文法」というある種のカンニングペーパーを使いこなすことが出来れば、あとは気力と体力。
まあ、天才的なひらめきというのが必要なことも、あるんだけど・・それはまた、別の項で。

とにかく、言語習得のコツの私見を述べさせていただきました。
あいも変わらず結局は「センス」といいきっていますので、どこがコツなのか。というかんじですが、いつものこと、いつものこと。ほほほ。


.
top..