イタリア料理バンザーイ。

辛口ラブレターズ、最近ちょっと辛口になりすぎてきた気がするので、ここでひとつ、わたくし的にまったく文句の言いようのないお料理について書いておきましょう。

イタリア料理。わたくしにとっては、それ以外の料理が存在しなくてもイッコーにかまわない、世界で一番おいしくて、決して飽きない至上のお料理。これだけはいくらわたくしでも文句がつけられない、そしてローマに帰ったらまず何をしようか、と思うととりあえず食べよう。という気分にさえなってしまうイタリア料理。

嗚呼本当にどうしてわたしはこんなにイタリア料理が好きなのでしょうか、神様!!

ってほどべたぼれなイタリア料理ですが、しかし、どんなものでも、文化的背景を持つときは決して避けられないことですが、ここ日本では間違ったイタリア料理が横行しています。
いえ、それはいいんです。イタリアにだって間違った日本料理が跋扈し、かけそば、が、なにやら大仰な名前をつけられて2000円近くの値段でうられていたりするのですから!(ま、数年前の話なんで、最近は知りませんが。)

しかーし。問題は、「本場イタリアでは」などといって、まったく持って間違った知識が横行していることでございますわよ、皆様。

だってさー。そもそも別に、パスタが前菜で、メインが肉と魚、ってことはないんだもん。
いや、でてくるよ。肉と魚の前に、パスタ。
でもさー。
たとえば我が家の場合だと、スパゲッティがあるほか、普通に身欠きにしんとか、シャケを焼いたのとか、はたまたお肉の生姜焼きとか、出てくるわけですよ。え、それってうちだけ?
いや、多分わたしたちの世代の普通のご家庭では、お父さん方はスパゲッティだけの夕食って、納得しないよね? 下手すると、お味噌汁とかでてきたりしない?
で、白いご飯まであったりするでしょ? ね?

だから、そういうことなんだって。イタリアでも。

たとえば、日本ではペペロンチーノと呼ばれているパスタ。あれは、イタリア語ではアッリオーリオペペロンチーノといいますが、そしてあまりにも単純な料理なのでレストランで食べるということはほぼ100%ありませんが、あれは、炭水化物しか入ってないわけです。言ってみれば、日本人にとっての白いご飯に、ごま塩がかかってるようなものです。
だったら当然、肉とか、魚とか、味噌汁とか、ほしいでしょ?
トマトソースにしたって、まあ野菜は入ってるにしても、たんぱく質は0。日本で言うところの納豆ご飯だと思いねえ。(納豆はたんぱく質だけどさ。)スパゲッティ・ボンゴレは、アサリの炊き込みご飯。
ほらね、いずれにしても日本だって、おかずがあるじゃん。
ま、イタリアでは先にパスタがでてくるし、そのあとで肉か魚、と一緒に野菜料理、で、それにはパンがつくから、パンをご飯と同列だと思うと、パスタの分多いような気もしますが、パンはそんなにばくばく食べるもんじゃないしさ。

では、たとえばミートソース(イタリアではラグーといいます。)とか、お魚入りのパスタとかは何かというと、まあ日本で言うところのチャーハンみたいな感じといえばいいのでしょうか。もうちょっと豪勢にロブスターとかはいってたりもしますけどね。そういう場合、かなりの確立で、イタリア人も肉・魚料理を食べません。ま、食べる人は食べるけどね。

っていうかねえ、「前菜」、というのは、別にあるわけ。生ハムとかね。野菜のマリネとか。魚介のマリネとか。で、パスタはあくまで、「第一の皿」。肉・魚は「第二の皿」。肉・魚が「メイン」っていうわけじゃないんだって。それをメインという名前で呼ぶのは、フランス料理でしょう。つまり、別にパスタは前菜じゃないのです。
もちろん、正式なコースとしたら、前菜食べて、パスタ食べて、肉か魚を食べて、野菜を一緒に食べて、デザート食べて、コーヒー飲むんですよ。
でも、別に第一の皿であるパスタだけ食べたって言い訳です。いや、ある意味「ごま塩ご飯」だけたべて、後を食べないようなものだから、変といえば変だけど。でもそれがチャーハンとか、炊き込みだったら、それでもいいじゃん? もちろん、パスタなしで、肉か魚と野菜を食べるという選択もあるけど。

だからイタリア人がものすごく食べる、というのは、そんなことありません。
むしろ、たとえば居酒屋とかで、何回にも分けて注文して、最後にお茶漬け、もしくはラーメンで閉める、という日本の食べ方のほうがいっぱい食べてる気がするよー。

あとさ、ピザね。
ピザの基本は、マルゲリータ。
モッツァレッラチーズとトマトソース、だけのピザ。それがイタリアの基本。
まあ一応、野菜とたんぱく質はカバーしているようなしていないような、ですが、イタリア人はピザを食べるときの8割くらいはこれを食べる。上にいろいろのってるのは、かえっておいしくないんだって。
いや、ピザは、ほんと、別物。日本のピザは、アメリカのピザです。
あのイタリアン・ソーセージとかペパロニとか、って言うかそもそもイタリアでそんなものは存在しないんですが、そういうのが乗ってるのは、イタリア風じゃないのー!!
だから、イタリア人はピザを一人丸々一枚食べる、といって、またしても大食漢の評判を冠されているわけですが、生地のうすさが半端じゃないし(しかもものすごくぱりぱりしてるの。おせんべいか、ってくらい。)、上に載ってるものもほとんどないわけだから、日本のデリバリーピザを丸々一枚食べるのとは、わけが違うんです。

って何でわたしはイタリア人が思ってるより小食だ、ということをこんなにも熱く語っているのでしょうか?

自分でもわけがわからなくなってきましたが、そういうわけで、日本で語られているイタリア人大食説は、事実無根なわけです。

ついでだから行っとくけど、イタリアに行ったあるていどの年齢以上の男性がそろって言うせりふ、
「イタリアの女の子って言うのはほんとにみんな可愛くて、お人形さんみたいなんだけど、町を歩いているとおばさんたちがみんな太ってて、あの可愛い子達の20年後がこれかぁ、と思うと・・」というやつね。
もう決まりであるかのように皆さんおっしゃいますが、そんなこたーありません。

可愛くない女の子もいるし、痩せたおばさんだっているんです。
いや、イタリアのイメージがそれなんだったら、別にいいけどね。一応、事実としてはそういうことで。

でもとにかく、わたしはイタリア料理を愛しています! そして、わたしはイタリア料理をするのも、とてもじょうずなんです! 

日本のイタリアレストランは、どれもとてもおいしいと思うんだけど、やっぱり味付けが日本風なんだよねー。オリーブオイルの質とかも、あると思うけど。
特に、パスタの太さ。これが、わたしにとっては重要。ラーメンでは面が太いだの細いだの縮れめんだの卵入りだの、異常なくらい麺にこだわるわれら日本人ですが、パスタの太さについてはあまりみんな言いませんね。いや、そりゃフェットゥチーネ(きしめんみたいなやつね)とかについては、置いといて、スパゲッティに限ったとしても、です。
わたしたちがスパゲッティ。とよんでいるものにも、そもそも、スパゲッティーニとスパゲッティという二種類あって、スパゲッティーニは細いの。で、しかもそのそれぞれに、より細いのと、より太いのがあったりするわけですよ。
わたくしは、スパゲッティーニは、嫌いです。

これは個人の問題だと思うんだけど、日本のイタリア料理やさんは総じて、細い麺を使いたがりますね。あれは何でなんだろう。細いほうが、茹で加減の調節とか難しいから、料理するの大変だし、すぐ伸びちゃうし(パスタはアル・デンテ、が重要ですわよ。アル・デンテってみんな言うけど、意味は、「歯に」というのが直訳。つまり、歯ごたえというか、噛み応えが重要なわけですわ。)、太いほうがしっかりしてておいしいと思うのね。いや、ソースにもよるし、繊細なやつにはもちろん細いパスタのほうがいいんだろうけど・・
頼むから、ミートソースとか、そういうヘビー系パスタを、スパゲッティーニで作るのはやめて・・って感じでしょうか。
それはいうなれば、ものすごく濃厚なとんこつ背油ラーメンの麺が、ものすごく繊細な細麺だった時のようなアンバランスというか・・ねえ。
まあ、日本風のイタリアンなんだから、それはそれでいいけどさ。
でもやっぱり本場みたいなイタリア料理が食べたかったら、自分で料理するか、都内で私が知っているところではほんの2,3軒のイタリア料理やさんに行かないと、だめですわねえ・・いや、どこもおいしいのよ。それはもう。でもやっぱりなんか違うんだよ・・
肉・魚料理も、なんかやけにソースが凝ってたりして、しかもお皿にソースで模様が書いてあったりして、「ありえない!」って感じなのね。これは。イタリアでは。
だってイタリアでは、結構いいお値段のステーキとか頼んでも、色気もそっけもなく肉が、真っ白い無骨なお皿にどどーんとでてくるんだもん。彩のいい葉っぱとかで飾られたりしていない、まさに肉そのものが
そしてこれが、うまい。
肉嫌いだったわたくしが、ステーキを食べられるようになったのは、これのおかげかなあ。
味付けは塩コショウとにんにくとオリーブオイル。以上。それでおいしいのがイタリア料理のすごさなんだよね・・

あ、そうそう。これ重要。
イタリアでは、パンはテーブルに直接置くの。パンを置く皿、というのはないのです。かごに入ってるパンを、ほしいだけとって、テーブルクロスの上にじかに置く。
だからテーブルクロスは常にきれいでなくてはならないし、だからテーブルチャージとしてテーブルクロスの洗濯代がかかるわけです。(ちょっとちがうかも・・)
そして、バターはつけない
パンにバターをつける習慣って、ないんだよー、イタリアでは。あんまり。
朝ごはんとかでも、直接ジャムという方が多い気がする。イタリア人はバターをつかわない。特にわが故郷のローマ以南では、ほとんど使わない。油分はすべてオリーブオイル。(揚げ物のときはとうもろこし油とかつかうけど。)
そして、彼らは胡椒が嫌い。というか、胡椒とバターは、体に悪い二大調味料として有名
「フランス人は、あんなに胡椒とかバターを使うから、きっとみんな早死にするのよ」とか、真顔で言ってす。ほんとです。まあ、たしかに胡椒とバターよりは、唐辛子とオリーブオイルのほうが体にはいいだろうけどね。
しかも、パスタってGI値低いらしいし! (低インシュリンダイエット!)

ああ、こんなのかいてたら、イタリア料理食べたくなってきちゃったよー。
ポレンタ食べたい。カルチョーフィの牛肉巻き食べたい。ポルペッテ・アッラ・ロマーナ食べたい。ビステッカ・コン・フィノッキオ食べたい。トンナレッリ食べたい。ピッツァ・マルゲリータとバカラ・フリットとフィオーリ・ディ・ズッカ・フリッティ食べたい。

よし。明日は夕飯作るぞ。(わたしはパラサイト・シングルなので、普段は料理は母が作ってくれるのです。)

ついでだからわたくしオリジナル(ってほどでもないが。)のパスタのレシピをかいとくので、皆さん試してみてね♪

1.にんにくをスライスしたのと、ペペロンチーノをちぎって細かくしたのを(種も。)フライパンにぶちまける。
2.だくだくとオリーブオイル(モチロンエクストラバージン)を注ぎいれる。
3.フライパンを超弱火にかける。ときどき油をゆらしつつ、家中がにんにくくさくなるまで放置
4.その間にカジキマグロの切り身を、サイコロ切りにする。
5.プチトマトを半分か4分の1か、まあ食べやすい感じに切る。
6.手に入るならルコラ、はいらないならこのさいほうれん草でもいいや、を、かなり大きめに切る、もしくは手でちぎる。(葉っぱの小さめなルコラなら、切らなくてもよい。)
7.猛烈ににんにくのにおいがしているフライパンの中に、魚を入れて、いためる。ついでに、切ってあるプチトマトの半分くらいも一緒にいためる。塩で味をつける。
8.沸かしておいたお湯(あら塩をかなりいれてある。)にパスタをいれる。(このタイミングは重要。ソースより先に茹で上がったら、それは失敗ということ。パスタは茹で上げじゃなきゃダメなのよ!
9.パスタが茹で上がる2分くらい前に、残りのトマトとルコラを入れて、本当に軽く火が通るくらいだけ、いためる。
10.茹で上がり時間が近づいたら、とにかくのべつまくなし(10秒おきくらい)にパスタを味見して、絶妙な歯ごたえになる瞬間を見極める。
11.パスタをお湯からあげて、超特急でフライパンのソースと絡ませる。このときは強火でがつーんと暖める。
12.一刻も早くお皿に盛り付けて、上からできればピンクペッパーのミルしてないやつをかける。(色が可愛いから。)
13.一刻も早く食べる。

以上。わかっていただけたでしょうか。
パスタは熱々で、茹で上がったばかりのものを、一刻も早く食べることが重要です。そして、後から塩味を足したりしなくて言いように、しっかり塩味のついた熱湯でゆでることも重要。

そしてパスタを盛り付ける皿は、間違っても水がついていたりしないように。のびるから。

これはほんと、美味しいよ。お試しあれ。

(で、今気づいたんだけど、だいぶ昔にイタリア料理考ってのかいてたのね。かなりないようかぶってるので、昔のやつは削除。)


.
top..