通訳というお仕事

際限なくノージャンルエッセイになっている気がしますが、現在わたくし通訳のお仕事で頭の上までいっぱいいっぱい、でもやっぱりときどき更新しないと心に潤いがないような気がするので、今回は通訳というお仕事についての辛口トークを。
お気に触ることをいうかもしれませんが、ちょっとストレスたまり気味なのでお許しくださいね。愛しい皆様。

さて。通訳というお仕事は、常に「(女子諸君の)なりたい職業トップ10」にランクインする人気の職業のようです。
かく言うわたくしも、小さい頃からの夢は通訳になることでした。まさかイタリア語の通訳になるとは思っていませんでしたが、まあこれもある種の運命というかなんというか。
っていうか日本人はやっぱりバイリンガルという人種に対する憧れがあるしね。

しかぁし。通訳というのは、言葉が出来りゃいいって物ではありません。言葉だけでいいなら、自動翻訳機があればすむことだしね。特に、商談という場においては、言語学とはまったく別の種類の才能が必要なのです。いや、もちろん語学力だけで乗り切っている人たちというのもいるのでしょうし、相応の語学力がなくては話にならないことはもちろんですが、誰かの言っている言葉をそのまま翻訳するだけではどうにもならないことというのが存在するのです。

というのは、だってさあ、文化が違うわけよ。まったく。ビジネスのやり方も、同じ意味の台詞を言ったときの印象も、なにもかも。必要なのは言語の通訳ではなく、文化の通訳です。そして、これは思っているよりも、ものすごーく難しいことなのです。

たとえば、日本語でしゃべっていても、すれ違うときってあるでしょ? そして、たとえば三人で話しているときにAさんの言ったことをBさんが間違って理解して、会話がすれ違ったとするでしょ? それを聞いていて、直接その会話には加わっていなかったCさんは、Aさんの意図した意味もわかるし、Bさんが間違って理解したこともわかったりするときってあるじゃん? 通訳というのは常にその状態にあると思いねえ。
日本人の文化からみて、何の間違いもないことを、日本人が言ったとします。でもそれはイタリア人の文化からしたらまったくもって理解できないことだったりする。通訳である人は、その両方を理解して、しかしこれはどう説明しても分かり合えない永遠の溝だということすら、理解してしまうわけです。
これは結構、辛いことよ。

どんなことでもそうですが、「ほかの人がわからないことがわかってしまう」というのは悲劇ですよね。陳腐な意味で「この映画を理解できるのは俺様だけだ!」といっている人もいますが、そういうことではなくて、何かを理解するキャパが大きいということは、それだけ自分が理解されないこともわかっているということです。「象」という生き物を知らない人に、説明することは可能でしょう。「鼻が長くて、耳が大きくて、人間を10人乗せてもおつりが来るくらい大きな生き物で、くすんだ灰色で、目が優しくて、牙が生えていて・・」など。でも多分どんなに説明しても、説明されたあいては「象」という生き物を完全に理解することは出来ないし、そしてそれを説明しているほうも、「わかりっこない」ということもわかっている
でも通訳はお仕事だから、それを何とか取りまとめなきゃならないわけです。
しかも双方向で!!
日本人には日本人にわかるような説明を、イタリア人にはイタリア人にわかるような説明をしなきゃならない、しかもどちらにも失礼がないように、そして出来れば商談がうまくとりまとまるように。しかも、アドリブで。
そしてそのとんでもなくめんどくさい努力をして説明したり、理解させたりしているということを、たいていの場合、日本人・イタリア人のどちらも、わかってくれない。

象の例を続ければ、よしんば、その説明に成功したとしましょう。というか、成功させないことには仕事になりません。でもその成功した時点で、それをわからせてもらった人たちは、「なんだ、簡単なことじゃん。」と思っちゃうわけよ・・仕方ないんだけど。

わたくしはこれを勝手に「神の孤独」と呼んでおります。
全知全能の神様は、全知全能であるがゆえに、誰にも理解してもらえない。そして、誰にも理解してもらえないことを知っているから、神様は最も孤独です。
通訳は、まあそれほど大げさじゃないにしろ、すくなくても通訳として雇われる、ということはそこにいるほかの人たちはお互いを理解しないという状況で、ただひとりすべてを理解してしまい、であるがゆえにとても孤独なのですわ!!

あらなんだかやたら悲劇的な話になってまいりましたが、まあそういうことです。
ま、そんなの通訳に限ったことじゃないかもしれませんが。

だって、通訳のよしあしって、ものすごくむずかしいじゃん。だって、日本語をイタリア語に訳して、それがどれほど上等な訳でも、どれほどへたな訳でも、日本人にはわからないわけだから。
わたくしのお客様は大体イタリア人なのですが、そしてわたくしはイタリア語の能力はとりあえずおいといたとしても、日本語をしゃべる能力にはかなり自信があるのですが、この日本語能力は、雇い主であるイタリア人には永遠に評価されることはないわけです。よよ(と泣き崩れてみる。)

ま、そうはいっても望んだ職業です。フリーでやらせていただける環境というのもなかなかないことだし。
実際は、わたくしには天職だと思いますよ。何しろ小さい頃の夢(いや今でも)、「枕を交わさない花魁」だったし。
えー、こういっちゃなんですが、知力と容姿と外交能力を駆使してその場を仕切る、という職業を「花魁(枕は交わしません。)」だとすると、通訳はかなり近いでしょ。
だからまあ、満足なんです。楽しいこともたくさんあるし。

というわけで全国の通訳を夢見る少年少女諸君!
通訳は花魁、もしくは陰間(しつこいようですが枕は交わさない。)ってことで、ご自身で適正を判断してくださいな。


.
top..