ソウルキャリバー ファン・技解説 vol.1

こんにちはー、ソウルキャリバーの時間です。(^^;
今回のお題は「ファン・技解説」の1回目。
イマイチ巷では使用率が低く、タイムリリースキャラゆえに技表もコアな人しか持ってない(^^; ファンの長所・短所含めて、一応ファン使い歴3ヶ月のにゅうがご案内しますです。(_o_)

◇ファン兄ぃの数奇な歴史(バカ話)
ファン・ソンギョン(黄 星京・当時25)は「ソウルエッジ」の海外版の主人公として生まれました。
平たく言えば、御剣平四郎という主人公が存在する日本では必要の無いキャラクターなわけで(^^;、ソウルエッジの旧バージョンでは特殊コマンドを入力しないと出現しない隠れキャラでした。しかも動きは御剣のコンパチ。(--; さらに旧バージョンではファン独自の技はあんまりなく、隠れキャラというよりはなんとなく未完成キャラという悲しい人でした。
その後、ソウルエッジのバージョン2で正式にキャラに追加され、ついでにファン独自技もいくつか追加されました。でも一緒に追加された中ボス・セルバンテスの方ばかりクローズアップされていたような…。(^^;

それから数年。続編のソウルキャリバーのリリースが発表された時、キャラのラインナップにファンの姿はありませんでした。でも、李龍やソンミナがいなくて悲しんだ人はいますが、ファンがいなくて悲しんだという人は聞いたこと無いような…。(--;
ちなみににゅうは、持ちキャラのタキ姐がラインナップにいたので大喜び。ファンの事は正直いって…いや、前作のエンディングからして朝鮮戦争で死んだかなぁ…なーんて思っていたのはヒミツです。(^^;;

でもファンは帰ってきました。栄えあるプレデター1号、もといタイムリリースキャラ1号として。しかも御剣のコンパチからシャンファのコンパチへと、前作のキャラとは思えない変貌をとげて帰ってきました。(^^;
エッジから3年、28歳になったファンはさぞ渋く…、エッジ時代より若返っているのは何故でせう?? 落ち武者モード入った御剣より3歳も年取っているようには絶対に見えません
まあ、それはともかくエッジ時代はどうでもよかったはずのファンは、何故かキャリバーになってからにゅうのハートを射止めてしまい(^^;、ナイトメアやヴォルドを押しのけて2ndキャラの地位に居座り、今やファン兄ぃと呼び親しんでいる状態です。(--; ちなみに「北斗の2Pカラー」を愛用しております。

それから、電光掲示板?の兄ぃの誕生日間違ってます。本当は8月8日です。12月14日だとロックと同じになっちゃいます。お願いナムコさん、なおしてください。(_o_)

◇ファン兄ぃと光と影
ファンはパワーのある万能キャラだと思われているようですが、身もふたも無い言い方をすると、
近距離ではタキ、ソフィーティアに(全然(--;)及ばず、
中距離では御剣、ヴォルドに及ばず、
遠距離ではナイトメア、アスタロスに及ばず、
一発技ではアイヴィーに及ばない。

という(^^; 、 一番の得意技がないゆえに戦法の立てにくいキャラだったりします。

あえて言えば中近距離の技が多いのですが、それだけで戦法を組み立てるのは相手によってはちと無謀。(^^;
中近距離で戦う、というよりは相手の苦手間合いで主導権を取る、という戦い方になってきます。というのも、技の出が遅く、一度主導権を取られると挽回しにくいからです。しかし、主導権を握っても連携技が少なく、ほとんどがディレイがかからないため、大抵の多段技はガードインパクトの餌食になりやすいというのが辛い点です。
攻撃力の平均は高い方ですが、何せ元がシャンファのため(^^;、出の(比較的)早い技は、リーチが短くて威力が低いのも涙モノです。

とはいえ、変なところでバランスが取られているのも事実で、
近距離が辛い → 投げの間合いがえらく広い
一発技に乏しい → リングアウトできる技が多い
ってな感じになっております。(^^;

また戦法が立て難いが故に、ファン使いによって全然戦い方が違うのも魅力の一つだったりします。

◇ファン兄ぃの素敵な?技の数々
・最初のお約束

789
456
123
◎これはレバー入力方向表示のお約束です。1P側で、5がニュートラルになります。
例えば、波動拳コマンドの表記は「236」になります。



ダウン判定 … 当該技にダウン攻撃判定があるかです。
ダウン判定 A … 相手が横転時に当たる。 B … そのままじっとしていると当たる。横転で逃げられる。× … 寝ている相手には当たらない。

・中近距離で使っていく技

AA(重爪撃)上・上
基本の上段技。リーチはまあまあ。ファンの中ではかなり出の早い技で、側面迎撃能力も高めです。ですが割り込みに使うのはちと無謀。AAB(上・上・中)という連携がありますが、最後のBがえらく遅いので空中コンボとCPU戦くらいしかオススメできません。

BB(焦熱断)中・中
基本の中段技。リーチはすっごく短く、突進力不足か2段目が届かない事も。とはいえ、一番出が早い中段技(;_;)。が、下方の攻撃範囲が狭いため、あいてのしゃがみ攻撃を潰すにはかなりの不安がある。幸い技後の隙は少ないので、単発技で後を繋いでいくのがおすすめ。連携の割り込み? そりゃ無謀ってモンです。

3AAB(風雲嵐舞刃)下・上・中 … ダウン判定×
エッジ時代からの継承技。1段目はリーチが短く、攻撃範囲も狭いものの、比較的威力の高い下段技。速さはそこそこなので、単品でも結構いける。 2段目は前進して出すため攻撃範囲が広い。腕が真横まで振られているので(^^;、側面迎撃能力はAAよりも上。3段目のBは出るのがえらく遅いため、相手にしては割り込みの大チャンス。(^^; 普段は1 or 2段止めで使っていく方が有効。とはいえ、威力は非常に高いため、2段止めのしゃがみガードに慣れた相手がくらってくれると、ちょっと嬉しい。(^^;
下段の1段目、側面の2段目、博打の3段目と覚えておこう。ちなみにディレイはまったくかかりませんので、頼りすぎ注意。
エッジ時代の3段目は、ガードインパクト不能技だったんですが…、そんな過去の栄光は忘れましょう。(;_;)

2K(砕峰蹴)下 … ダウン判定×
立ち状態からさりげなくちょろっと出す下段蹴り。くらうと相手はつまづいたような状態になる。リーチは無いに等しいが、相手が人間なら、たまに出すぶんには結構当たってくれる。…ただやっぱり出が遅い。(--;
2KKだと、途中から足を高く振り上げる踵落としに変化する。こちらは中段。

6A(炎覇斬)上
出が比較的早めの上段技。見かけより技後の隙が少なく、どちらかというとガードさせる事が重要。(後述)

6B(尖撃) 上
一応エッジ時代からの継承技で、出が遅い上段突き。6BBで下段突きに連携するが、あまりの出の遅さに今やCPUすら引っかからないという大泣き技。(^^; 一応6BAなら、2段目がそこそこのリーチの中段Aなので無理をすれば(--; 使えない事は無い。ここでは1段止めで当てる事が重要。(後述)

2B+K(崩嶺蹴) 中
かなり頼りになる踵落とし。ヒットすれば、カウンターに関係無く相手をダウンさせるため、主導権を取り戻すことができる。威力も高めで、出も遅くはない。(割り込み? だからダメですって(^^;) 上から押しつぶすように攻撃判定が出るので、相討ちになることはあっても一方的に潰されることは少ない。(サマーソルトだろうが、ドロップキックだろうがタイミングさえ間違えなければ打ち勝ちますが、ヴォルドのギロチンシザースの2段目には負けました)

3B(剛烈刃) 中 … ダウン判定B
エッジ時代からの継承浮かせ技。…素直にシャンファのパチっとけば良かったのにさー、というのはヒミツです。(^^; 出が遅く、硬直が長いという泣ける技ですが、出がかりにファンが一瞬屈むので、その隙に上段技を潜れるという利点はあります。ただし! 大道芸です。下方向に攻撃判定が広いので、相手のしゃがみ攻撃に引っ掛けるという使い方が可能。

3A+B(極割空) 中 … ダウン判定×
斜めに攻撃判定が出る浮かせ技。剛烈刃より出が早いが、下方向には攻撃判定は無い。当たった相手は回転して遠くに飛んでいくので、追い討ちはやややりにくい。ノーマルヒットなら、着地点に崩嶺蹴がギリギリ届く。
個人的には、28歳の兄ぃにやらせるにはポーズがちょっと忍びない…。(--;

2,8走り中A(柳刀撃) 中・中
比較的8WAYRUN中にいい技があるのがファンの良いところ。なんてたってシャンファのパチだからね!(T-T) ま、それはともかく、出がかなり早い中段Aの多段技。ただしリーチはぜんっぜん無い。しかも技の後に兄ぃが決めポーズを取ってしまうため(--;;、空振りすると殺される可能性あり。ガードさせてしまえば隙は少ない。

3,9走り中B(旋雷連舞刃) 中・中・中 … ダウン判定×
一回ボタンを押すだけで3回も攻撃が出てしまい(キャンセル不可)、1段目が当たれば3段目までヒット、ガードされればGIの的という、モリガンのバルキリーターンのような博打技。
ちなみに3段目だけがスカったりすることもあって、嬉しいやら悲しいやら…。まあ、威力はあります。出もそこそこ早いです。

3,9走り中A(裏柳撃) 中
カウンターヒットで相手がうずくまる中段A技。ノーマルヒットなら、距離が離れます。ただし、見た目に反して攻撃範囲は結構狭い。(--; 硬直が長いので、乱用注意。

bA(雹遮陣) 中
スライド入力技。出ががりの踊っている(^^; 時に上段の弾き性能がある。移動距離が意外と長いが、その分隙絶大。(--;; ちなみに出がかりの弾きに成功すると、かえって距離が開いてしまい、ヒットしない事があるのはヒミツ。

aB(座返刃) 中
スライド入力技。bAに比べると、移動距離が短い、弾きが無い、技が早い、潜り性能が良い、等の点が上げられる。共通なのは、追尾性能が弱い、何かの技の後に出そうとするとA+Bによく化ける、等など。

他にもいろいろな技がありますが、ファンにはこんな技があるんだと知っていただければOKです。あの技には、こんな使い道もあるんだぜ! なんていうのがあったら情報下さいませ。(_o_)
え? 割り込みには何を使うんだって? …私も知りたいです。(--;;

・黄金の左腕

ファン兄ぃは近距離があまり得意でないのですが、それを補う強力な技があります。そう、投げ技です。
ファンの立ちポーズは左手を前に体を開くというもので、普段もそのくらい手を伸ばしてくれればいいのにさー、って感じで(^^; 左腕を伸ばして相手をつかんでくれるので、間合いはえらく広いです。追尾性能も良い線いってます。つまりファンで戦うからには、投げを上段ガード不能技として戦法に組み込むことが要求されます。

ただし、ファンにはコマンド投げはありません。ですので、結構余裕で投げ抜けられちゃったりします。(^^; とにかくダメージ的にはA投げでもB投げでもかわらないのと、つかみにいくかけ声がAもBも同じという長所もあるので、AとBを駆使して抜けられないよう頑張るしかないのです。

A+G(強襲轟雷崩)
相手のつかんでよじ登っての踵落とし。投げ後の位置関係は特に変わらない。追い討ちのしやすさはまあまあ。

B+G(迅速万雷蹴)
エッジ時代からの継承技。相手に往復ビンタキックをバチバチと見舞った後、背後に蹴り飛ばす。ファンがリング際に追い詰められた場合は、相手をリングアウトさせる事ができる起死回生の逆転技でもある。
とはいえ、もうかなり有名な技なので、かえってリング際ではA投げの方が通用しやすい。(^^; 追い討ちはかなりやりやすいので、そう言う意味でも重要な技。

相手の右側面投げ(灼爛赫炎斬)
まあ、相手を切り刻む投げ技。(^^; 投げた後は位置が入れ替わるので注意。追い討ちのしやすさはまあまあ。

相手の左側面投げ(豪毅青嵐倒)
側面からの崩れフランケンシュタイナー。投げた後はファンが横を向いてしまうため、追い討ちは非常にやりにくい。ただし、敵がリング際を右手に平行に立っている場合、リング内側から左投げを入れることによってリングアウトさせることができる。まあ、そうそう機会も無いですが…。

背後投げ(瞬息霍閃撃)
まず剣を上に放り投げ、相手を背後からつかんで喉元に一撃肘鉄をぶち込んだ後、降ってきた剣が相手の腹に突き刺さるという、モータルコンバットのFATALITYみたいな投げ技。ちなみに最後に剣を引き抜く時に、相手の生き肝を抜いて、それで若さを保っている…のかもしれない。(^^;;
投げ技の中ではかなりの高威力で、アイヴィーのマイトアトラスに次ぐ攻撃力がある。実は結構狙うチャンスがあるので、勇気を持って相手の連携技中に手を出す価値はある。

・投げのチャンスを広げるために

ファン兄ぃの投げ技の数々、見ていただけましたでしょうか。間合いが広いため、入れるチャンスは結構多いのです。
これは、その入れるチャンスをさらに拡大するためのお話です。
その方法とは、ズバリ「当て投げ」。技を当てた後、間髪入れずに相手を投げてしまうというのが、他キャラに比べてファンはとてもやりやすいのです。

当て投げに使える主な技は、6B(尖撃)、4A(裏抜撃)等が有り、逆にガードさせると投げのチャンスがある技には、6A(炎覇斬)、2,8走り中A(柳刀撃)等があげられます。
まあ、ほとんどが上段技なのと、掴んだ時点で投げ抜け可能という意味では五分五分なのですが、側面投げになる可能性も高くなるので狙う価値は十分あります。

ただ、いろいろ考え方があると思いますが、こればっかりやってると嫌われてしまいますし、できれば初心者相手には使わないで欲しいと思う次第です。


いかがでしたでしょうか? もし間違っている点や、詳しい情報等ありましたら、にゅうまでお知らせいただけると嬉しいです。

ファン・技解説 vol.2へ

つれづれそうへ戻る

TOP PAGEへ戻る