東京ゲームショウ'99春 レポート

・レポーター
にゅう:当サイトの管理人。所有PSソフトがもうすぐ650本になるという鬼畜ゲーマー。
わるν:にゅうの暗黒面が分離した姿。根だけはイイヤツらしい。

・入場関係
今回は業者日(3月19日)にいってきました。(^-^)/
まあ雨降ってて寒いわりには人はいたわな。派手めな中年のオバさんとかな。
…「ネットワークビジネス研究会」ね。(^^; アレの言及はやめとこう。
前回の反省? をいかして、誘導をぶっちぎり(^^; 最短ルートで会場に入りました。相変わらず入館証はコナミロゴプリントの首紐付き。(^^;

チケットが無くても、名刺(ナンでもいいのか?)+\500でもOKだ。ちなみにダフ屋だと\1,000らしい。
黙認してるよねぇ…。そもそも+\500ってトコロでビジネスデーの意味が…。(^^;
今回海浜幕張の駅は、ドリキャスの渦巻き一色。駅の構内で「シーマン」の号外を配ってました。

駅の構内って、モノ配っちゃいけないんじゃなかったか? ま、いいか。

・展示内容
行ったのが遅かった&ウンジャマ・ラミーのショーを見ていた(^^; ので、かなり大急ぎで回ったんですが、全部回りきれなかったんです。(^^;;
めぼしそうなところは大体まわったからいいだろ。ヘンなトコロから入場したから、ヘンな回り方しちまったがな。
全体的に、配布物は前回よりさらに減った傾向がある。大袋を配っていたのはセガだけだ。後はバンプレストが名刺と交換で、エニックスとかが小袋を配っていたようだ。そうでなきゃ物販コーナーだな。

でも本当に配布物が減ったから、大袋でなくてもOKって気が…。(^^; やっぱり不況でしょうか。

まずフロム・ソフトウェアからだな。
好きなメーカーさんなんですが、だんだん遠くへいってしまうような。(^^; 場所を多くとっていたのが、「アーマード・コア MOA」と「スプリガン」ですか。「スプリガン」はよく動いていましたが、今の時点ではナンとも…。画面はアーマードコアに似てるかも。

スクウェアは、「サガフロンティア2」「レーシングラグーン」「フロントミッション・サード」「サイバーオーグ」「聖剣伝説」を出展。「チョコボレーシング」の大会を隣でやっていた。
「サガフロンティア2」は、画面を見ると「サガタクティクス」って感じですね。毎回ユーザーを崖の下に蹴落としているようなシステムがどうなっているかが見物です。
「フロントミッション」は、また戦闘シーンをとばせない予感がひしひし…。横須賀に原爆が落ちているんですけど…。(^^;;
「レーシングラグーン」はレース画面のグラフィックはGTばりですが、恐ろしく長いローディングにびっくり。(--; ノリがまんま「頭文字D」らしいんで、大好きな人と大嫌いな人にわかれそうです。

車を改造するのに、相手からパーツを奪うな。(--;
それにしても「聖剣伝説がPSで出なかったわけ」っていうのは、一体なんだったんだ。

出来てなかったから? (^^; 個人的には「サイバーオーグ」が好きですねぇ、スクウェアっぽくなくて。

ナムコは「エースコンバット3」がメインだな。あの手のフライトシミュレータ系が苦手なので、なんとも言えないが…。アニメーションはやたらよく出来ているが、いいのか、アレ。
友人は泣いてました。(^^; でも出たら買うでしょうけど。ステージデモだけだったけど、「ドラゴンヴァラー」がなんとも…。
3Dになってサテライト移動ができるようになった「ドラゴンバスター」な。通常の戦闘が、ライン移動があるテイルズシリーズって感じなんだが。
うーん。今回継承システムについては触れてなかったから、わからないね。
DC版ソウルキャリバーについては特設を見ていただくとして…。もう、私としては冷静な評価を下せないタイトルなんで。(^^;

…すいてたな。10分並ばないでプレイできたしな。
何だか我々が一番並び時間多かったらしいです。一般日もふくめて。(^^;
(--;; 納得したよ、ヤな意味でさ。

カプコンはコスプレとSSタイトルぐらいしか記憶に残ってない…。
すごいよね、リリスのコスプレのねーさん。ホントは胸あるのに無いように見せかけているのが…。(^^;
「ロックマンダッシュ」のシリーズがあったか。後は「D&D」とか「パワーストーン」とかの発売済タイトルが多かった。
デモで「ディノクライシス」とか「ベロニカ」を流してましたね。順調に延びてるみたいですが。(--;
恐竜って、あんなに素早いモノなわけ? 常識変わったよなー。

アトラスはDCの「魔剣X」、PSの「ペルソナ2」と「ソウルハッカーズ」がメインでした。
「ペルソナ2」は相変わらず戦闘が長そうだ。会話の方法は従来のメガテンシリーズにちょっと近寄ったような気がする。大きく変わったのがダンジョンマップ。3Dじゃなくて、3Dテイストの2Dになった。(^^;
3D嫌いを取り込もうっていう魂胆が見えます。面白いならそれでいいですけど。
個人的には3Dアクション「魔剣X」が一番のヒットかな。あれのためにドリキャス買ってもいいです。(^o^)/

「キングスフィールド」を純粋なアクションにしたようなヤツな。あの手のゲーム、下手なくせに。(--
確かに敵の動きやデザインに独特のノリを感じる一本にはなっている。

セガに行ってみましょうか。
「シーマン」の号外を駅で配っているくらいだから、モノがあるのかと思っていたら、シーマン?のミイラを置いとくなんざイイ度胸してんじゃねぇか!!
落ちつけっ! 確かに6月末発売予定で影も形も無いのは不安だけどね。(^^;
マイクデバイスの試作品くらいは見たかった気がします。あと特製ビジュアルメモリとか。

どうせ「あつめてシーマン」とか言いだすんだろう。
否定はできないですが…。「シェンムー」はどう?
嘘吐き。
オイ。(--; 確かに「第1章」が8月発売というのはともかく…
ともかくじゃねぇ。2部構成で前後編って話は聞いた事あるけどよ、16章って一体何事だ!? それまでキャラグッズで稼ぐ気か、センチじゃあるまいし!!
『舞台はブラジルへ…』って、どこにあるんだよブラジルは!!

…鈴木Uさんの頭の中。
(--; 現時点だと「クーロンズゲート」で「忍者ハヤテ」と画面の暗い「スパイクアウト」、でもって技の覚え方が「龍虎の拳1」な。
後はステージでドリキャスタイトルのデモを流してたね。
…「D食2」はどうよ。
言うの?(--; (ザ・ハウス・オブ・デッド+デスクリムゾン)÷遊星からの物体X+Winter X Gamesって?
(^^;; 気がついたら、スノーモービルのゲームが追加されているし。時間かければかけるほどヘンな方向に行くよなぁ、猫侍みたい。
がふ。(--;;

SCEに行きますよー。
メインは「ウンジャマ・ラミー」「スパイロ・ザ・ドラゴン」「オメガブースト」。特に「オメガブースト」は、とっくの昔に東京湾に沈んでいると思ってたからびっくりしたぞ。
2年くらい前に「プレプレ」に体験版が入っていて、あまりにわんだほうな出来に袋叩きにされたアレね。(^^;
なんだか宇宙モノシューティングという以外は全く違うものになってます。制作はポリフォニーデジタルって、2年前はないじゃんよ。(--;

シューティングのセオリーとはちょっと違う気が。ビジュアル系なので、自分のプレーに酔いたい人向けかな。
「ウンジャマ・ラミー」のイベントで、「ラミーVSパラッパ」をやっていたのですが、パラッパチームの人がやったことの無いパラッパモードで戸惑っていたのが、ちょいと可哀想だったナリ。
ラミーの着ぐるみもいました。どんどんデキが良くなってくるのでビックリ。(^^;

SNK。…行くのか?
人が全然いませんね…。やっぱりBOYが捨てられないのでしょうか…。
なんだいこりゃ。「無線ユニット」?
これをセットすれば、ネオジオポケットが無線通信で遊べるらしいよ。
ポケットステーションの赤外線通信には勝ったな。
ううむ。…ポリゴン餓狼PS版が6月発売予定だって。ああっキムさん、なんてお姿に…。
あんなポリポリでガクガクで面影なくても、お前買うの? 彼のためにならないんじゃ?

他のメーカーさんに行きましょう。テクモとか。
主な出展は「ギャロップレーサー3」。「デッドオアアライブ2」がデモ出展だ。
DOA2はかなりキレイにまとまっている。実際プレイしてみないと何とも言えないが、見た目のインパクトは充分だ。乳揺れは普通になったな。それ以外で勝負できるようになったということか。

エニックスはいろいろ出展していました。「バストアムーブ2」とか「ドラクエ7」とか。
とかに「ドラクエ7」を並べるかい。(--; とにかく「せがれいじり」のインパクトが強すぎて、他の印象が薄れているというのが正直なところだ。
ジャンル名「おばか」ってアレね。なんというか、ウゴウゴルーガを彷彿とさせますね。文字で説明するのが恐ろしく困難なゲームです。
私みたいなバカゲー好きはいいんですが、そーでない人は厭わしいかもしれません。(^^;

メディアワークスの愉快な格闘ゲームはどうだ?
「ロード・オブ・フィスト」4人同時プレイが可能ってヤツね。なんだか、崖からパンダを突き落としていたんですが、いいんでしょうか?
コーエーはいろいろあったが、やっぱり「七つの秘館2」か。
…いつの間にアクションゲームになったんだ。モンスターみたいなのが歩いているし…。(--;;
コナミはすっかり音ゲーのコナミになっちまったな。
ギャルゲーの類が角に追いやられているのが、なんとも諸行無常な…。
ほとんどのエリアが「DDR」に占拠されている。自分でステップを作るモードなんかは面白そうだ。
ゲームショウ期間中に、いくつのファミリートレーナーが踏み壊されるか楽しみだ。

う、ううむ…。(^^;

いってみましょうか、恒例のアレ。(^^;
カルチャーブレーンな。N64のコントローラが…、と思ったらカラーGB版の「飛龍の拳EX」?
他にもポケットプリンタ対応のGB麻雀とか、「V(バーチャル)飛龍の拳ダッシュ」PS版とか、「スーパーチャイニーズFIGHTER DX」PS版とか。
そろそろ長寿シリーズ記念物に保護してもいいかもしれんな。
サターン参入第一弾の麻雀ゲームを6月に出すって。
…(T-T)
リバーヒルソフトは「エイブ'99」。…勇者ですね。
あのゲームバンクを倒したといわれる「エイブ・ア・ゴーゴー」の続編な。なんかチラシに愉快な事が書いてあるぞ。

「アクションパズルゲームである前作は、(中略) 特にライトユーザー層には敷居が高くセールス的には伸び悩んだものの、実はなかなかおもしろいゲームだった。
(中略)「アウターワールド」「レミングス」といった言葉に反応する人、根性のある硬派アクションゲーマーには、ぜひプレイすることをすすめるが、自分がライトユーザーだと思う人は手を出してはいけない。ABEの世界は、そういう世界なのだ」(強調ママ)

うーむ、ゲームバンクに対する弔辞みたいだな…。

T&Eソフトは…。
あんなブルセラメーカーはキライだ。
おい。(--; 確かに近寄りがたい何かはありましたね…。
ハドソンは「北へ」関連なんだろうが、北海道物産展と化していたのが印象的だ。

今回の物販コーナーですが、蛍の光がなっている間だったので、まあ、すいてました。(^^;
ナムコで暴れないように。
はい。やっぱりファン兄ぃのテレカなんて、存在しませんでした。暴れたいくらい悲しかったです。
だからさー、例えつくったとしても採算分岐点まで売れるわけ?
イヤなこといいますね、アナタ。
ついうっかり鉄拳ドリンクと鉄拳3のニーナのアクションフィギュアを買ってしまいました。もうフィギュアは買わない事にしてたハズなんですが…。

意志弱すぎ。
まあ、○ゲ屋を除けば全体的に小さくなった感じだが…。パイオニアみたいに物販のみ出展っていうのもナンだな。
後は…こなみるく…。

実物大の詩織さんと虹野さんと館林さんがショーウィンドウに…。恐かったでちゅう!!(;_;)

・終わりに
いつも通りの「目玉がない」でしょうかね。
PS2の出展がなかったのと、春のゲームショウは直接商戦に結びつかないからだろう。出展料も洒落にならないし、秋だけって所も多いしな。
SCEは今回は力を抜いたというか、蓄えてるというか。セガの怒涛の広告はよく目立ちました。64はどこにあったかわかりませーん! (^^;
全体的な傾向としては、グラフィックのレベルアップが著しい。「パラサイト・イブ」クラスのCGなら、ぼちぼち見られるようになってきた。DCというハードパワーに頼っているとしても、ね。
だから下手に出す時期を遅らせたタイトルは、ますます苦しくなるだろう。「Dの食卓2」とか「シェンムー」とかな…。

インフォリパブリックがいたのは驚いたね。(^^;
アンケートに答えると、5名さまにPS2が当たるっていう…。SCEも驚くぞ。多くは語らないが、ヘンな勧誘には引っかからないように。(--;;

つれづれそうへ戻る

TOP PAGEへ戻る