宣伝しない広告キャラクター

ポップでキュートな心理テスト
アラバマ

(^-^) おもしろかったよ
ジャンルETC
発売月00/09
発売元ディースリー・パブリッシャー
定価1,500円
メディアCDケース 1枚
クリア
1プレイ時間1時間40分
難易度 ★★☆☆☆
マルチエンディングNo
音声フルボイス
メッセージ速度遅い
line

ディースリー・パブリッシャーさんの\1,500タイトルの1本。内容はオリジナルのためか、SIMPLE 1500シリーズではありません。

アラバマさんは某旅行会社勤務のOL(パッケージ裏を見てだと思ってました。胸ペタンコだし(^^;)です。
本当は今時めずらしいポジティブシンキングの持ち主で仕事にも不満は無いのですが、毎日繰り返される満員電車(東京・山手線のラッシュはもっとすごいぞ! 電車の外から眺めて、反対側の景色が透けて見えるのは満員電車とは言わねぇ! と思ったにゅうは歪んでますか? (^^;)とお局様に少々メゲ気味の模様。

そんなある日、アラバマさんはPC画面から出てきた犬にしか見えないメガネウサギのミミ(たぶんオス)に誘拐されてしまいます。(^^;
驚くアラバマさんに、ミミは「今までメール交換してたじゃないかよー」といきなりマブダチ状態。
そんなマブダチ・ミミを助手席に、右ハンドル車でふしぎの世界を一緒に旅する事になります。「ハッピーパワー」とやらを探すダークスーツ隊(ホルスタイン3兄弟)とやらがアラバマさん達を追ってきますが、ほのぼのテイストで害も少なく(^^; 目的に集中できます。
で、目的は目的地を探すことです。うーん、「MYST」な感じ。(^^;

そんなプロローグで始まる当該タイトル「アラバマ」は、全編フルボイスアニメーションムービー(アニメーションは画質をかなり落としているのが無念ですが、音声はたいへん聞き取りやすいです)&一話完結式ドラマ仕立てのロードムービー、ならぬロード心理ゲームです。(^^;

それからコピーライト表記にTOYOTA MOTOR CORPORATION が入っているので何事かと思ったら、主人公・アラバマさんの正体はトヨタのお車の広告キャラクターだったのでした。どうりでお車のデザインが妙に気合入っていると思いましたです。(^^;
が、おどろきの低燃費! とか 夢のエコドライブ! とかの車の宣伝をするわけでもなく、ゲーム中にはトヨタのトの字も出てきません。大変奥ゆかしい御方であります。
ちなみにPC版もありますが、こちらはデスクトップアクセサリー集でPS版の予告ムービーを収録しているそうです。(^^;

心理ゲームの内容は、旅の途中で立ち寄ったコンビニで何を買うか? とか服が汚れたので別の服に着替えたいがどれにする? 等の選択式テストと、集中力や記憶力や動体視力を試されるミニゲームがあります。
各話ごとに仕事と私、好きな人との付き合い方、お金との付き合い方(^^; 等のテーマ(劇中テーマとは一致しない方が多い)があり、各話終了時に判断が出るというシステムになっています。
ミニゲームの難易度が結構高くて困ったり、動きのコマ数が少ないので、高速で回っている物体がワープしているように見えたりして困る時もありますが、どのくらい時間がかかったか、ミスしたか、も判断の内なのでメモなど取らずに己の力でトライするのがオススメです。
ちなみに当方は最初のミニゲームでミスをしまくったら、「疲れてますね」と言われましたです。(^^;

興味を持った方のために内容はバラしませんが、心理テストの内容と結果の因果関係はわりと納得できましたし、当方の場合「お金以外の判断はしっかりしているのに、後先も考えずに欲しいものを買ってしまったり(だからこのサイトがあるわけですね(^^;;)、見栄を張ってお金を使いすぎたり、誘惑に流されやすいタイプといえます」と言われて海より深く反省している次第であります。(--;

ドラマの方は、各話(全6+プロローグ、エピローグ)ごとに内容や季節がバラバラ、という所が多少気になりましたが、子供の頃に聞いた「うしの王子様」(絵は全世界共通の「星の王子様」のパロディ。ホルスタイン調の衣装がナイス)の物語にあこがれたのがきっかけで悪の道? を進むダークスーツ隊や、職権乱用のガングロ婦警(シンクロナイズドスイミング命で驚愕のオチ付き)、エリア51でUFOにとっつかまるレポーター等、なかなか味があります。

涙腺のゆるい当方は思わずエピローグでぐっと来てしまいましたし(^^;、ただ明るくて能天気な訳ではないポジティブシンキングでパラッパラッパー系のほのぼのというか、なごみテイストが全編にわたって貫かれているのが好印象です。

line
ゲームインデックスページへ戻る

トップページへ戻る