ミュシャとピンボールと英語の壁

ドラゴンビート
レジェンド オブ ピンボール

(^-^; 私は好きだけど…
ジャンルピンボール
発売月97/11
発売元マップジャパン
定価5,800円
メディアCDケース 1枚
クリア×
1プレイ時間1〜2時間
難易度 ★★★★☆
マルチエンデイングNo
音声一部音声あり
メッセージ速度---
line

ドラゴンビートはいわゆるデジタルピンボールゲームで、中世ファンタジー調にデコレーションされた3台が用意されています。
ゲームモードとして、普通のピンボールゲーム「シンプルモード」とドラゴンビートの真骨頂「ドラゴンモード」があります。

ドラゴンモードとは何ぞや?というと、各台にイベントとモンスターが用意され、わたくしは勇者(^^;として特定の手順でイベントをクリアしながらドラゴンを倒す、というものです。ちゃんと囚われorお困りのヒロインも各3人づつ待機してます。勇者としては、彼女らも当然助けなきゃいけません。

イベントとは、指定のジャックポットに玉を入れたり、決められた順番にジャックポットに入れていったりすると、ミュシャ風のイラスト(わざとだろうけど、色数が少なくて本当にピンボールの画面風ではある)が表示され、マルチボールになったり、ボーナス点がいただけたりします。中には「ヒロインを助けよう」イベントもあって、規定時間内に指定のジャックポットに撃ち込めばいいらしいです。らしい、というのはメッセージが全部英語でよくわからないからなのです。むむう。(--;; おかげでボーナスタイム中に、指定のジャックポットに玉を入れても何も貰えない事がありますが理由が全然わかりません勇者は英語もわからんとダメですか?

そうです、勇者は敵も倒さないといけません。悪のドラゴンはもちろんですが、各面のドロップターゲットを全部落とす事で、スケルトンとかうなぎ?とかのモンスターが出現します。どこに出現するのかというと、画面です。ピンボール台の上、ではなく前でデカイモンスターが一定時間踊ります。邪魔です。台が見えません。(^^;;
パッケージ曰く、「モンスター達はあなたの行く手を阻むべく、ビートにのってダンスを踊りながら邪魔してきます。」だそうですが、どっちかって言うと死霊の盆踊りな感じがしましたです。各モンスター毎に設定された特定のジャックポットに玉を入れると消滅しますが、何せ邪魔で見にくいので、玉をフリッパーでホールドしてやり過ごす手もあります。(^^;

敵がドラゴンの場合は、出現させるのにも手順を踏まなければならない上に、ヒロインを助ける等の条件を満たして、なおかつ入れにくいジャックポットに規定時間以内に何回も玉をいれなければなりません。当然画面では巨大なドラゴンが盆踊りをしていて、イベントメッセージはやっぱり英語。
いや、ピンボールですからね…。それにワタクシ勇者ですし、マニュアルにも勇者に必要なのは、愛と技と根性と諦めない事って書いてありますし。(--;

で、普通にピンボールとして見た場合。ちいーと問題があるような気がするです。(--;
カタパルトが楽しい「キャッスル」と、右なら右、左なら左に徹底的に玉を打つ必要がある「オールドタウン」、複数の切替式サブフリッパーを持つ「レジェンド」という3台があるのですが、どの台も1〜2箇所玉が引っかかるポイントがあります。(--;;
そこに玉が引っかかると、「台揺らし」しないと玉が落ちてきません。この間にフリッパーを連打すれば1回10ptでハイスコアが…、うれしくねーッ!(T^T)

「キャッスル」「オールドタウン」は結構遊べるのですが、「レジェンド」はかなり遊びにくいです。というのも、初期状態だと台が狭く、玉が両サイドにかなり落ちやすいのです。これだけならまだ良いのですが、キックバック(一定回数、両サイドから落ちる玉を中央に打ち返してくれる。モンスターを出現させると回数が回復する)で玉を打ち返すと、十中八九は反対側のサイドに落ちます。(^^; でもって再びキックバックで反対サイドへ…。(--; これだどいくらキックバック回数が残っていても、あっという間になくなってしまいます。
表現方法の問題かもしれませんが、玉をフリッパーでホールドしていても、ずーっと玉がユラユラしているのも気になりますです。

台の雰囲気はどれも統一感があって、とっても良いです。グラフィックの質感もなかなかです。その分モンスターが貧相(--;なのが目立つのがナンですが…。
又、「ピンボールは英語」というのもわからないでもないですが、字幕でもいいから日本語メッセージが欲しかったです。
フリーズ(スタート直後にうっかり玉を落としても、一定時間再射出できる)の時間が結構長めだったり、マルチボールがやりやすかったり、ホールドしやすいとか初心者向けで親切な感じがするのに、細かな所がイマイチかな?というのが感想です。

line
ゲームインデックスページへ戻る

トップページへ戻る