ポリゴン墓場の回顧録

キングスフィールド

\^0^* おすすめの1本
ジャンルRPG
発売月94/12
発売元フロム・ソフトウェア
定価6,300円
メディアPSケース 1枚
クリア
1プレイ時間25時間
難易度 ★★★★★
マルチエンデイングNo
音声死ぬ時だけ(^^;
メッセージ速度飛ばせる
line

一見洋ゲーと見間違えるような、ポリゴン製のダンジョンを探索する、アクション要素が非常に強いRPG。シリーズ1作目。

主人公の傭兵ジャンは、魔物を退治しに行ったまま帰ってこない親衛隊長の父を探しに、巨大カタコンベ(元遺跡)に一人侵入する、というストーリーはありますが、あまり、というか全然気にしなくてもOKです。(^^; 必要そうな時だけ思い出してください。
とりあえず、魔物がウヨウヨいる辛気臭くて薄暗い、BGMまでどんよりしている(^^;カタコンベに、一人で侵入するヒヨっ子冒険者にシンクロできればもうバッチリです。慣れるまでは何度でも死ぬであろう、激烈にツライ戦いがアナタを待っています。(^^;

まず敵が強いです。で、こちらの攻撃方法がかなりクセがあるので、慣れるまでは何度でも殺られます。(^^;
攻撃ボタンを押すと、画面を武器を持った手が横切ります。つまりボタンを押してから攻撃判定が発生するまでにタイムラグがあり、武器のリーチ(武器によってかなり固体差有り)がわかりにくいので、それが理解できるようになるまでは死にまくりです。(^^;;
また、敵は連続攻撃を仕掛けてくるので、ゲージ(攻撃すると無くなる。無い状態で攻撃してもほとんどダメージを与えられない。すぐ回復はするが、重い武器は回復スピードが遅いなどの制限あり)などの制約があるプレイヤーは正面から挑んだら勝てません
相手の側面に回り込んだり、一度攻撃したら離れて相手が油断するまで待つヒット&アウェイ戦法が取れるようになれば、あなたも立派な冒険者です。騎士じゃないのだから、戦法にこだわってはいけません。死にます。(^-^;

それから、宿屋なんてものはありません。店はあるけど、激高です。(^^;
体力回復には落ちてる薬草(^^;を拾い食いしましょう。特に最初から持っている魔法「ライトニードル」は飛び道具で、結構強い(威力は激弱)のですが、MPは、回復手段は序盤には無いので使い切ったらそれまでです。
そのうち体力回復ができる「竜の泉」の話がでてきますが、枯れてます。これを元に戻すのが最初の山場です。
…どれだけ大変な冒険かおわかりいただけましたでしょうか。(^^;;

このゲームは全5階層のダンジョンで構成されていますが、ウィザードリィのような桝目ダンジョンとは違い、フロア内にアップダウン有り、隠し部屋有り、隙間から隣の部屋が覗けたり、足を踏み外すと転落死する吊り橋有りと非常に変化に富んだマップが魅力です。(その代り、手マッピングはほぼ不可。(^^;マップアイテムを手に入れるしかなし)

また、ワナもいっぱい仕掛けられており、矢が飛び交う通路や、岩が飛び回る(^^;部屋などが盛りだくさんです。もちろん、ほとんどの場合は解除スイッチがあるのですが、レベルさえある程度上がっていれば、力技でも抜けられます。通路の行き止まりに宝箱、その手前に即死落とし穴がある所があるのですが、落とし穴回避のアイテムを取る以外にも、横の壁にべったり張り付いてカニ歩きで落とし穴を回避できる時もあります。(^^;
実はクリアに必須なアイテムは1〜2個(ストーリー上では必要な聖剣ですら必要ない!)程度しかないので、回り道さえすればわざわざ苦労してクリアが可能です。これら自由度がこのゲーム最大の魅力です。

最後の方になると、敵のファイヤーボールをとっさの横移動(カニ歩きとも言う)で避け、ライトニードルを撃ち込んで、敵がひるんだ隙に踏み込んで斬りかかるという、カッコイイ戦い方もできるようになりますし、特殊攻撃「魔法剣」(能力値が一定以上になると、特定の剣攻撃のタイムラグ中に魔法を使う事で特殊な魔法攻撃が出るようになる。剣によってタイミングが異なるので、練習しないと出ない(^^;;)もハデハデでナイスです。
ダンジョンの道なんかは完全に覚えてしまい、無意識に泉まで帰れるようになったりします。(^^;

こうしてやがてはラスボスを倒し、ダンジョン冒険も終わりを告げます。私にとってこの冒険は本当に楽しかったです。プレイヤー視点と主人公の視点の一致や、縮尺の合ったダンジョンがプレイヤーのシンクロ率を高めているのが一番の勝因でしょう。
この冒険中、プレイヤーは間違いなくこのポリゴン墓場にいます。簡単なセリフが画面に文字で出るというくらいしかない、無に近い演出(他にももう一点、なんともしみじみしたもの有り)も「目にみえるもの、それが総て」というこのゲームの雰囲気に不思議とマッチしています。

ポリゴンクモ、ポリゴンミイラ、ポリゴンパックンフラワー(^^;らを倒しながら、ポリゴン墓場で戦い抜くこのゲームは、PS発売当初に発売されたとは思えないほどの完成度を持っています。グラフィックというかテクスチャーはかなりちゃち(^^;ですが、とある理由(2以降は「ダッシュ」が追加されるため、2・3の後にやるとたるい(^^;)もあって、この後に続く「キングスフィールド2」そして「3」をしっかり遊び込むためにも、ぜひ最初に遊びたいオススメの1本です。

追記
このゲームは、激高難易度洋ゲーテイスト、を踏み越えても薦めたい1本なのですが、どうしても薦められない人もいます。
3Dに弱い方です。通常スクロールに加え、上下動するので、ダメな人は1分持ちません。(^^;
以前、会社でプレイしていたら、後ろで何人もの人が3D酔いで倒れたという事がありました。(^^;;

line
ゲームインデックスページへ戻る

トップページへ戻る