9年前の美しかった思い出

サイレントメビウス
CASE:TITANIC

f^-^; 人にはすすめられないかも…
ジャンルAVG
発売月98/10
発売元ガイナックス
定価5,800円
メディアCDケース 1枚
クリア
1プレイ時間3時間
難易度 ★★☆☆☆
マルチエンディングNo
音声ときどき
メッセージ速度早め
line

1990年にPC98用として発売されたアドベンチャーゲーム「サイレントメビウス」のベタ移植。
今でも連載している(ハズ)同名の漫画のゲーム化で、PC版発売当初は絵がキレイ、作りが丁寧など評価は高かったのでした。

ストーリーはゲームオリジナルで、2026年東京上空に突如、あの超有名豪華沈没船で先日”レオ様(オリコ刑事でも可)"ディカプリオの映画がブレイクした「タイタニック」号が出現。別に特に害があったわけじゃなかったんですが、事態を重く見た政府は、特殊能力で妖魔と戦う婦警さん集団「AMP」に出動を要請するのでありました、というものです。
主人公(プレイヤー)はタイタニックの研究家の大学研究員で、沈没直前の状態で復活した「タイタニック」船内をヒロイン香津美・リキュールと自分が選択した「AMP」のメンバーの3人で探索する事になります。

ゲームはほぼコマンド総当たり式で、ストーリーは一本道。船内のいろいろな施設を回ることで見られる、各キャラクターのリアクションを楽しむという内容です。

一応香津美以外のメンバー4人(キディ、那魅、レビア、由貴。何せ9年前なので、磯崎課長や藍もいなければグロスポリナーもない。古き良きAMP時代。(^^;)を入れ換える事で何度か遊べます。
が、メインヒロインはあくまで香津美で、自分が選んだサブキャラはおまけに過ぎず、こまかいセリフや小さなイベントが変化するだけで本筋は全く変わらないというのが少しさみしいところではあります。
サブキャラの違いがよく出るのは、ときおり入る戦闘シーンぐらいなのですが、個性というよりは戦闘で使える・使えないの違いというのも…。(--;
特にレビアなんかは舞台が昔の豪華客船という事もあって、特技を発揮することもなく、戦闘でも大して強くなく(^^;、ただの機械フェチの巨乳お姉さん(--;で終わっているところがファンとしてはちょいと悲しいモノがありますです。

他にも、やたら枚数の多いディスク(他の階に移動するとディスク交換。7枚セット)、お値段がガイナックス価格、なんてのもありましたが、それでも面白かったのです。

で、ここまでは昔懐かしいPC98版のお話。それから月日が流れる事、約9年。
世のタイタニックブームにあやかったのか、そうでないのかはわかりませんが、ブームにやや遅れてPS版「サイレントメビウス CASE:TITANIC」が登場したのでありました。

このPS版、パッケージにも明記されていますが、本当にその字の通りの移植です。一応、音声が一部(ほんのちょっと)追加され、オープニングが加工され(原作の1巻の表紙の香津美さんと、ほぼ別人状態の現在の那魅さんのイラストが混じっていたりして、9年分の違和感バリバリ(--;)、一度行ったところなら一発で移動できる(でも見にくくて使いにくい…)マップシステムなんかが追加されてはいます。
一応CD一枚なので、階を移動してもディスク交換しないで済むのはちょっと嬉しいです。(PC版のディスク名だった「封印」「胎動」「鬼哭」等はセーブファイル名に残っている。ちょっと懐かしい)
フラグの類やイベント内容は寸分違わず、9年前はともかく今ではアニメのコマが足りなすぎるような戦闘アニメもバッチリ健在です。いくらなんでも色数まで忠実に移植しなくてもいいんじゃない? と思うのですが。(--;
これでお値段\5,800はちょっと切なさ炸裂。ベタ移植でこの値段はないと思うのですが、そこはやっぱりガイナックス。(^^;

それから、全体的に高解像度モードで絵がキレイなのはOKなのですが、おかげでとにかく画面がチラつきます。メッセージウィンドウは白地に黒文字で、かなり目が疲れます。(--;
たぶんPC版の画面を忠実に再現しようとしているのだと思いますが、この辺はアレンジしても良かったのではないでしょうか。

何故、今「タイタニック」が甦ったのかはわかりません。決してダメなゲームではないのですが、原作が当時では考えられないような展開(簡単に言うと、香津美が敵の女幹部に(^^;)になっているのもあって、なんだかプレイしていてとても空しく感じられます。

確かに9年前の「タイタニック」は私にとって美しい記憶でした。ですがそれは当時のPC版を知っているから、当時のゲーム事情を知っているからです。
過去の思い出という付随物のない「タイタニック」は、「9年前のゲーム」という空虚なモノにすぎません。


パッケージに著作権な事が書いてあります。

"このソフトに収録されているすべての画像及びデータは、日本国著作権法、万国著作権条約及びベルヌ条約において、その著作権及び一切の知的財産権を保護されております。このソフトは個人的な利用にのみご使用下さい。
(中略)
また、インターネットホームページ等のネットワーク上での使用も複製、配布と同等ですので禁止されています。違反行為に対しては刑事罰が規定されています。"

だそうです。ワタクシがやっている事もヤバいでしょうか。(--;;

line
ゲームインデックスページへ戻る

トップページへ戻る