吹き出す血しぶき!  はじける内臓!!
あっとおどろく準完全移植

天地を喰らう2 赤壁の戦い

*^-^* よくできてます
ジャンルACT
発売月96/ 3
発売元カプコン
定価5,800円
メディアPSケース 1枚
クリア
1プレイ時間1時間
難易度 ★★★☆☆
マルチエンディングYes
音声有り
メッセージ速度飛ばせる
line

一言で言ってしまうと、「ファイナルファイト・三國志バージョン」(ちなみに原作は本宮ひろ志の「天地を喰らう」。三國志というより西遊記に近いような気が…)。アーケードからの移植で、ちなみに前作は馬に乗ったシューティングだった(レベルアップもあった)。

ファイナルファイト系のゲームは、インカム的には「上達すると1コインで長く遊ばれる」というのが悩みらしいですが、上達するまでやり込ませるには、ゲームバランスや飽きない演出が必要になってきます。
今作は操作方法は比較的シンプル(通常攻撃、投げ、ダッシュ系、メガクラッシュ、各キャラごとの必殺技・特殊技、武器攻撃系・乗馬攻撃系くらいの数に絞られている。この次のD&Dくらいから操作が複雑になってくる)に、敵の群れ具合、敵の種類・複合具合も良い感じの秀作に仕上がっています。
やや難易度高めでコンティニュー制限がある事がツライですが、接待ゲームとしてにゅう宅では活躍しています。

で、このゲームの飽きない演出とは何か?
私は残虐性だと思います。いや、マジで。
このゲーム、普通に殴る蹴るをしている限りは普通のファイナルファイトですが、武器攻撃、必殺技を使いこなせるようになるととたんに残虐な本性をあらわします。(^^;
剣で相手を斬ると、ドバーッと血が吹き出ます。剣で止めをさすと相手の胴体真っ二つにします。切断面がけっこう生々しいです。が、こんなものは序の口。(^^;;
ハンマー系の殴る武器で止めをさすと、相手が砕けて内臓がころがり落ちます。内臓はある時は脳みそだったり、胃袋だったりします。武器攻撃以外にも関羽のボディプレス、張飛のスクリューパイルドライバーで止めをさしても、内臓ごろりです。
各ステージの最後で待ち構えるボスは巨人ばっかりなのが気になりますが、趙雲の昇龍剣で止めをさすと首をはね飛ばします。又この切断面がやっぱり生々しいです。
又、このゲームはエンディングのスタッフロールの壁紙に、各ステージのボスに止めをさしたシーンが使われるのですが、首ちょんぱトライアルとかいって趙雲でいかに多くのボスの首をとばせるかを、友人と競いあったこともあります。(^^;
1コインで進める距離が延びたり、いかに残虐シーンを出せたかで自分が上達したかがわかって、当時とても楽しかった記憶があります。ここまではアーケード版のお話。

で、奇しくも残虐シールの先駆「バイオハザード」と同日に発売されたPS版「天地を喰らう2」(何故かパッケージの裏面のデザインがよく似ている)。ちなみに残虐シールはついていませんでした。
さっそくプレイしてみると、各ラウンドの合間にかなり長いロード時間が入る以外は特にシークも気にならず、敵の配置や隠し武器や体力回復アイテムもアーケードと同じで、キーレスポンスも良くいい感じです。必殺技が追加され、敵が強くなっている通称「スーパー天地を喰らう2X」モードも搭載されています。スピンレバー&プッシュボタンでご馳走を早食いするボーナスステージも再現されています。でも何か変。
やがてその原因に気が付きました。血がオレンジ色
内臓も相変わらずはじけているのですが、出現時間が短くなっていました。首ちょんぱアタックはなくなっていました。スタッフロールの壁紙はオプションで難易度最高に設定しておかないと表示されないです。ゲーム性が変わっていないだけにちょっと悲しい変更でした。

ちなみにSS版もありますが、血はバッチリ赤いです。

line

ゲームインデックスページへ戻る

トップページへ戻る