本文へジャンプ  

      ンジャロの会」とは

2005年(平成17年)2月13日「ンジャロの会」を結成。

「ンジャロ」の由来はスワヒリ語で「輝く」という意味で、キリマ・ンジャロ「輝く丘」はコーヒーの銘柄で日本では有名な言葉。この会も「輝く会」になろうという希望での命名です。

 日本語で「ナンジャロ(なんだろう)」という言葉がありますが、これとは異なる言葉でありますのでご承知ください。

 さて、本会は仙台三曲協会が数年前から始めた若手演奏家育成のための演奏会の実行委員会OB有志が企画したもので、流派を超えて集い、三曲合奏をすることを目的として結成されました。
         メンバー

第一回 三曲合奏研究会のメンバー

琴古流 谷内 朧盟 郷内 伶斉 大橋 俊庸
都山流 渋谷 敲山 松本 椋山
生田流 大塚歌寿峰 浅沼 香由 橘  幸菊
関野由美子 伊勢雅之園
山田流 山本萬寿井

         課  題  曲

      
けしの花 越後獅子 夕  顔
四季の調 楫  枕 楓の花
光  輝 春の海 赤壁の賦
尾上の松

    
         掟(おきて)

        ンジャロの掟は二つだけ

       1.お酒が大好きなこと

       2.三曲合奏が好きなこと。

        
        今後の活動予定
 
 現在、「ンジャロの会」と同趣旨で活動されている諸先輩がおられます。日本全国ネット版、東北地方ネット版など。ンジャロの会は宮城県内版ということで活動しようかと考えています。身近な仲間を少し増やして、合奏の機会を多くもてればと考えています。今回、仙台市戦災復興記念館記念ホールに演奏会と同じ仕様で気持ちよく研究会を開催できました。
 今後も同じ様なスタイルでやっていこうかと考えています。

東日本大震災が起こった翌年の平成24年3月4日に被災したメンバーも含めてリスタート。