あの頃の「つばさ」

DC時代の「つばさ」の編成は、秋田〜仙台間の「あおば」にも
使用されていました。
「つばさ1号」で秋田到着後、仙台行き「あおば」となり、仙台泊。
翌日、仙台発「あおば」となって秋田へ戻り、
上野行き「つばさ2号」となっていました。

もうひとつ、電車時代には14系客車を使用した
臨時の「つばさ51号」がありました。


11D 「あおば」    1975/09/12 秋田
8001レ 「つばさ51号」    1977/09/23 鶯谷〜日暮里

日暮里駅近くの陸橋で、「つばさ51号」を待つ。
やがて来た列車は、なんとHM付きでした。


戻 る