七不思議の世界
古代の七不思議新世界の七不思議現代の七不思議
 

<七不思議の世界 TOPページへ戻る
 
古代の七不思議 <the Seven of wonders of the ancient world>
古代エジプト,バビロニア,ギリシャは科学の盛んな地域でした。なかでも建築学は当時の科学技術の集大成とも言えるものでした。そういった背景から驚異的な建築物が称えられるようになりました。これが「世界の七不思議」の始まりです。
実際に七不思議の概念が確立されたのはビザンティンのフィロの著書「世界の七不思議」からだとされています。現在では,古代の七不思議というと下記の7つを指すのが一般的です。下の各項目をクリックすると詳細を見ることができます。
  ギザのピラミッド
有名なエジプトの3大ピラミッド。現在でも人々の興味を掻き立てる存在。古代の七不思議では現存する唯一の建築物。
古代の七不思議地図
古代オリエント世界の地図
  バビロンの架空庭園
新バビロニア帝国の首都バビロンにあったとされる、立体型の庭園。砂漠の大庭園への水供給システムは未だに謎とされる。
  アレクサンドリアの大灯台
エジプトのアレキサンドリアにあった大灯台。その巨大さで古代世界では有名で、ファロス(灯台)の語源になった。
  ロードス島の巨像
地中海のロードス島にあったアポロ(ヘリオス)像。多くの賞賛を集めたが,地震で倒壊し,短命におわった。
  オリンピアのゼウス像
古代オリンピックの開催地,オリンピア神域にあった守護神像。技巧を凝らした傑作だった。
  エフェソスのアルテミス神殿
小アジアの貿易都市,エフェソスにあったアルテミス神殿。アテネのパルテノン神殿をも凌ぐ規模だった。
  ハリカルナッソスの霊廟
小アジアのカリア王国の領主マウソロス王、アルテミシア女王の墓。壮麗な彫刻によって飾られていた。

古代の七不思議新世界の七不思議現代の七不思議
七不思議リンク七不思議の世界TOP


 「七不思議の世界」TOPページへ