七不思議の世界
古代の七不思議新世界の七不思議現代の七不思議
 

<古代の七不思議メニュー
<古代の七不思議(6)
 
古代の七不思議(7)
ハリカルナッソスの霊廟
カリア王国の首都,ハリカルナッソスにあったマウソロス王の墓。カリア王国は小アジアにあった国で,マウソロスは紀元前4世紀頃の領主。ロードス島や臨国を攻撃、征服したことで知られています。王の死後,紀元前353年に女王アルテミシアにより霊廟の建設が開始されました。
建設はギリシャから建築家ピュティオス,サテュロス,彫刻家レオカルス、スコパス,ブリアクシス,ティモテオスら,有名な技術者を招いておこなわれました。
 
霊廟は基礎が縦38m,横32mで高さは34mあったと考えられています。まず階段状の基壇が6段あり、その上の一階部分にはギリシャ人とアマゾンの戦いの彫刻帯が刻まれていました。二階部分は外周に36本のコリント式円柱がならび,中央に霊室がありました。頂部には24段のピラミッド状の石段があり,最上部には4頭馬車とマウソロスとアルテミシアの彫像(3m)が設置されていました。純白の大理石がふんだんに使われ,壮麗な仕上がりだったっと言います。
 
建設開始後2年でアルテミシア女王も世を去り,マウソロス王とともに葬られました。

1402年に十字軍聖ヨハネ騎士団がハリカルナッソスに侵攻し,聖ペテロ要塞の建築資材とするため,霊廟を解体してしまいました。マウソロス霊廟は建築から1700年ほどで跡形もなくなり、長い年月の間に地元の人にさえ忘れられてしまいした。
 
しかし19世紀になって聖ペテロ要塞に移設されていた彫刻帯が再発見され,マウソロス霊廟のものであることが確認されました。その後調査がおこなわれ,王と女王の彫像などが発掘されました。これらの発掘品は大英博物館へ運ばれ,展示されています。
 
 
<古代の七不思議メニュー
<古代の七不思議(6)

 「七不思議の世界」TOPページへ