七不思議の世界
古代の七不思議新世界の七不思議現代の七不思議
 

<現代の七不思議メニュー
<現代の七不思議(3)
 
 
現代の七不思議(5)>
 
現代の七不思議(4)
超常現象
 
人体自然発火現象,ポルターガイスト,超能力などの通常の科学法則では説明できない現象をあつかいます。子供の頃、怪現象モノには震え上がった記憶があります。
 
  

人体自然発火現象
突然,人間が燃え上がり,ほとんど焼失してしまうという現象。人間だけが燃え尽き,家や周りの家具は無事であるといいます。昔は原因不明とされいて,個人的に恐怖していた記憶があります。実際にはアルコール依存症で太った老人が被害に遭う場合が多いらしく,なにかのショックで死亡後,近くの火が燃え移りロウソクのようにジワジワと燃えていく低温火災というものの可能性が高いそうです。
 
 
ポルターガイスト
物が勝手に飛んだり,家具が移動したり,ラップ音が聞こえたりする現象。欧米で多くおこっています。その家にいる思春期の人物が中心になっいる場合が多く,ここに原因を求める説があります。思春期にある男女が無意識に超能力を発揮してしまう現象ではないかという説です。ポルターガイスト現象は「心霊」でなくて「超心理学」が扱う分野とされているようです。(確かに映画でも学者が調査するのがおおいですね。)ただ多くのケースがいたずらであったと指摘されてますが・・・。
 
超能力
特定の人が発揮する科学法則で説明できない能力のこと。超心理現象、サイ現象などとも呼ばれています。超能力は2つのタイプにわけられます。ESPと呼ばれる,透視,テレパシー,予知などの精神的な能力と、PK(サイコキネシス)とよばれる物理的な能力です。特定の人物の素養によるものが大きいようです。どちらもテレビで実演を見たことがあるとおもいます。手品のようなタネは無いはずなので、実際に超能力が存在するなら詳しく調べたいのが人情というものでしょう。超能力は統計的な手法で確認することが可能なので、多くの実験が行われています。しかし超能力は確認されていないようです。
 
picダウジング
ダウジングは地下水を捜すための占いとして始まったそうです。起源は定かではありませんが、昔からおこなわれていたと言います。超能力などと違うところは、訓練によって能力が獲得できる「技術」であるとされているところです。
探索は体の前面で両手にL字型の棒を持って行います。何かを発見すると棒は互いに離れる方向に回転します。振り子などでも同様の結果が得られるそうです。
ダウジングは条件をつけての実験が可能で、多くの調査がおこなわれています。調査がしやすい上、有効性を証明する結果も得られていなので、叩かれっぱなしです。少し可哀想ではあります。
 
超能力者
pic 
すばらしい超能力を実際に持つ人がいるとして,名乗り出てくるでしょうか。こういう能力は人に明かすことなく使うことで,効果を発揮するのではないでしょうか。せこい話ですが,賭博場でサイコロを操作するとか,麻雀で相手の配牌を読むとか,株式市場の相場を読むとか,ライバルの心臓を止めるとか・・・。ダーティーではありますが,いろいろ使えそうです。
 
超能力を実際に操れる人にっとては科学的証明や社会的認知は興味ない事柄のように思えます。わざわざTVで明かすというのは、いかがなもんでしょうか。
 
 
<現代の七不思議メニュー
<現代の七不思議(3)
 
 
現代の七不思議(5)>

 「七不思議の世界」TOPページへ