七不思議の世界
古代の七不思議新世界の七不思議現代の七不思議
 

<現代の七不思議メニュー
<現代の七不思議(4)
 
現代の七不思議(5)
バミューダ海域の謎
 
西大西洋のバミューダ島、プエルトリコ島、フロリダ半島を結ぶバミューダトライアングルは、不思議な消失事件の起こる場所とされています。もともとバミューダ島周辺は魔のサルガッソー海とよばれ、海難の多い地域として船乗りに恐れられていました。第二次大戦以降、ここを通る船舶だけでなく飛行機までも消失してしまうということで話題となりました。この現象を解明するため多くの仮説が発表されていますが、原因は分かっていません。
 
  

バミューダ海域の謎で語られる有名なエピソードは今も昔も変わりはないようです。

<無人漂流船>
19世紀にはこの海域で無人のまま海をさまよう遺棄船が発見されることがありました。船体には異常が無く、水や食料も残され、時には食事の準備がされた状態で、人だけがいなくなっているのです。その原因については様々な仮説が考えられますが、今となっては確認できません。

<軍用機の消失>
1945年12月5日米海軍の雷撃機5機が遭難、救助に向かった飛行艇も行方不明になるという事件がありました。その日は快晴で雷撃機は訓練飛行に向かいました。しかし途中でコンパスに異常をきたした上、「白い水に突入するようだ」との交信を最後に行方が判らなくなってしまいました。この遭難を受けて飛行艇が捜索に向かいましたが、この機も行方不明になりました。破片や残骸は見つかりませんでした。
ただ、この経過を疑問視する話もあります。この日は快晴でしたが、飛行機の発進後に天候が悪化したということ。不可解な交信は実際にはなかったということ。さらに捜索に向かった飛行艇は有名な欠陥機だったということ。どうしてこれほど主張が食い違うのかなあ、と考えてしまいます。
 
<消失事故多発海域>
この海域では今でも原因不明の事故が年に10件ほどあるといいます。最近は技術の進歩で遭難することは少なくなっていますが、ジェット機や船のエンジンが止まったり、通信設備やジャイロに異常が起こるなどの現象はあるそうです。この原因について今まで多くの仮説が発表されています。
その一方で、消失多発海域自体を疑問視する話もあります。バミューダトライアングルでの事件とされるものには、別の場所での事件が多く含まれていること。原因が明らかなものが多いこと。どんな海域でも原因不明とされる事故はあること。もうこうなると、なんのことやら、という感じです。
 
 
幽霊船
 
無人漂流船はイイですね。幽霊船というコトですか。原因としては津波で乗組員が流されるとか、海賊や事故による乗組員の死亡、疫病発生や反乱による離船などいろいろ考えられます。もう現代ではないでしょうが、誰もいないのに航海(漂流?)している船というのはロマンチックですなあ。
 
 
 
<現代の七不思議メニュー
<現代の七不思議(4)

 「七不思議の世界」TOPページへ