<TOPページへ戻る
<フレーム復活

七不思議の変遷
歴史上のこっている最も古い七不思議リストはビザンチンのフィロが作ったものです。当時の先進地域であった西地中海沿岸、小アジア、バビロニアから七つの建造物が選ばれています。ほかにもいろいろな選者によって七不思議リストが作成されています。
好き勝手に建築物や記念物などを選んでいるので、内容はまちまちです。しかし、これらリストに共通なこのは「7つを選ぶ」という形です。古代の人は「七」という数字に神秘的なものを感じており、「7つを選ぶ」という形だけは定着したようです。
  
    ビザンチンのフィロ(前3世紀の力学者)
ギザのピラミッド/バビロンの架空庭園/バビロンの城壁/ロードス島の巨像/オリンピアのゼウス像/エフェソスのアルテミス神殿/ハリカルナッソスの霊廟
 
シドンのアンチパトレス(前2世紀の詩人)
ギザのピラミッド/バビロンの架空庭園/バビロンの城壁/ロードス島の巨像/オリンピアのゼウス像/エフェソスのアルテミス神殿/ハリカルナッソスの霊廟 
 
ローマの大プリニウス(1世紀の学者,軍人)
ギザのピラミッド/アレクサンドリアの大灯台/ラビュリントス/架空都市テーベ/キュジコスの不思議/ローマの18の不思議/エフェソスのアルテミス神殿
 

時代が進んで、ヨーロッパ人の活動範囲が広がると、七不思議も地中海世界からだけでなく、世界中から選ばれるようになっても「7つを選ぶ」という形は守られています。リストの内容は昔の面影はありませんが・・・。
 

    中世の七不思議(年代,選者不詳)
ローマのコロッセウム/アレクサンドリアのカタコンベ/万里の長城/イギリスのストーンヘンジ/ピサの斜塔/南京の陶塔/イスタンブールの聖ソフィア寺院
 

新世界の七不思議はたくさんの候補があります。7つに絞るのに頭を悩ますコトでしょう。
 

    ギザのピラミッド(エジプト)/アレクサンドリアのカタコンベ(エジプト)/ピサの斜塔(イタリア)/南京の陶塔(中国:現存せず)/クレタのミノス宮殿(ギリシャ:現存せず)/聖ピエトロ大聖堂(イタリア)/テーベ・ネクロポリス(エジプト)/エルサレムの岩のドーム(イスラエル)/エアーズロック(オーストラリア)/死海(イスラエル)/ポンペイ(イタリア)/ギアナ高地(ガイアナ)/インカのマチュ・ピチュ(ペルー)/マヤのテォティワカン(メキシコ)/ローマのコロッセウム(イタリア)
 

また現代においても新たな七不思議リストの作成が試みられています。まあシャレみたいなもんですが。
 

    タイムズ紙(英)の読者トップテン(1991年)
シドニーのオペラハウス/アメリカの宇宙計画/コンコルド旅客機/アスワンダム/エンパイアステートビル/ゴールデンゲートブリッジ/海峡トンネル(?)/ディズニーランド/パナマ運河/ラシュモア山
 

世界遺産リストも一種の不思議リストでしょう。
 



 「七不思議の世界」TOPページへ