年賀状撲滅運動
 
年賀状撲滅運動ってご存じですか?え、知らない?そうでしょう、今作ったトコだから。
学生の時は、イラストを描くのが好きだったから、年賀状をいっぱい書いた。でも今は書いてないのです。どうも年賀状というものが、よく分からなくなってしまって。
 
年賀状は年頭の挨拶として書かれる。日頃、はがきを書かない人でも、この時だけは書く。ただ皆さん面倒だと考えているようだ。コンビニなどで印刷してしまう。最近は住所まで印刷してくれる。年賀状ソフトで印刷するコトもできる。とりあえず出さなければならないが、面倒でイヤだから、お手軽に済ませる人が大半だろう。そこまでして年賀状を出し続けないといけないのか?出すのをやめるという選択肢があってもいいのでは?割り箸が反エコロジーなら、年賀状もたいした意味も無く森林資源を浪費してることになってないか?そういうわけで年賀状を出すのを止めたいアナタのために言い訳を考えました。
 
<年賀状だけのつきあい>
よく「年賀状だけのつきあい」と言いますよね。普段は電話もしない、つきあいもない、存在を忘れてる。ただ今年も年賀状がきてたから、来年の年賀状も書いてしまう。自分からはやめるのは感じが悪い。相手もそう思って必ず送ってくるから、このやりとりは永遠に続く。相手が年賀状を出さないことを祈りながら・・・。ばかばかしい話である。もう、実質的にはつきあいは切れてるのである。もう、そういう年賀状を出すのはやめましょう。
 
<友人、会社の仲間>
仲のいい友人には年賀状を書いたりする。不自然ではないが、あまり意味のないことだ。元旦に年賀状を読んで、その日の午後いっしょに初詣に行く。「初顔合わせだね、あけましておめでとう」と挨拶をかわす。なんじゃこら。どうせ会うから年賀状はいらんだろうに。友人に年賀状をだすのはやめよう。「いつも連絡とってるから、年賀状はいいよね。」
年賀状を出さないためにつき合いが切れるなら、それはもともとつき合いではないのだ。つき合いのようなモノ、錯覚に違いない。年賀状を書いて無理につなぐ必要もないんじゃないか。
 
<会社の上司、商売上のつき合い>
これは面倒な問題ですな。出世や商売に直結するからなあ。お歳暮も贈ったのに、年賀状まで書いて、初出のときに年始挨拶もする。うーん。なんとかしたい。実際のところ、この手の年賀状は心を込めて書いてる人はあまりいないだろう。礼儀だから書く、義理で書く、ついでだから印刷する。その上、心はこもってないが、アピールだけは書き込まれてるわけですな。毎年1000枚の年賀状をもらっていたエライさん、定年を迎えたら10枚になってしまったという伝説もあります。まあ、本人の人格によるところが大きいわけですけども・・。
ここは環境問題がらみでいい訳しましょう。「経済活動でさえ環境問題に配慮せざるを得ない時代です。地球に負担をかけない、環境に優しい人間になりたいのです。その第一歩は年賀状廃止から・・・。」
 
<恩人、師匠>
これは年賀状はやめときなさい。恩人や師匠というあなたにとって大切な人なんだから、年始まわりをして直接挨拶するべきでしょう。元旦は避けて電話で軽く挨拶して、相手の都合のいい日に短時間だけお宅へおじゃまする。この方がいいのではないか?
 
<親戚、実家>
これも年賀状はやめときなさい。元旦に電話で挨拶します。都合が許せば顔を出す。この方が喜ばれるでしょ?
 
年賀状を出さないと決めたら皆にアナウンスします。世間では失礼なこととされているからね。それでも連絡漏れで何通か届くでしょう。これには電話で対応し、返事は書かないこと。こうしておくと相手の手元にあなたの年賀状が残らないから、次の年賀状リストからあなたの名前は無くなります。これでめでたく年賀状連鎖から解放され、あなたは年賀状を書かない人になります。
 
こういう屁理屈を考えてるヒマに、年賀状100枚ぐらいかけるよなあ。
 

<もどる

 my home page blind alley