The Secret of the Utopia

<TOPへもどる

<竜宮と蓬莱>
 
 

挿し絵
浦島の体は・・・
浦島太郎のオハナシは誰でも知っているが、昔は少し違ったようです。

「丹後風土記」が浦島伝説の最初になるとされている。ここには次のようにある。
ある日(水江)浦島子は船で海へ出て、五色の亀をつり上げた。そのままにして居眠りをしていると、亀は女性に姿を変えていた。その女性は「私は仙界の者です。」と語り、蓬莱山へ浦島子を連れて行く。2人はそこで結婚し、3年が過ぎた。浦島子が帰りたいと申し出ると、玉クシゲを授けられる。浜へ帰ると300年が過ぎてしまっていた。おどろいて玉クシゲを開けると、浦島子の体は風雲とともに天空に飛び散ってしまった。
 
浦島太郎が行ったのは蓬莱山(とこよのくに)でした。この辺りは神仙思想の影響が出てるのだそうです。そこにいる星の精たちによると、浦島を連れていった女性は「乙姫」ではなく「亀姫」と呼ばれているそうです。かめひめ。これを聞いた浦島は不安になったそうです。確かになあ。

蓬莱山は中国の三神山のひとつ。秦の始皇帝は不老長寿の仙薬を得るため、その場所を捜していたという。最後まで蓬莱山を見つけることは出来なかったが。一方で浦島太郎は易々と行き着いて、本人も知らぬ間に時間の壁を易々と越えてしまう。300年も。結局、約束を破ってチリとなってしまうが・・・。なんともいえないモノがありますなあ。
 
中世において、この話は広く読まれました。平安時代には多くの書物に登場し、宮廷や貴族の間に流行したらしい。流行にともない丹後半島伊根町の宇良神社や同じく丹後半島の網野神社などが建てられています。室町時代になると御伽草子の登場により一般に普及しました。乙姫、竜宮、玉手箱、恩返しなどの部分はこのころ追加変更され、内容が整備されます。地方によっては一部を変形した話も伝えられています。亀を放してやる部分は仏教思想を反映したものという。

明治時代になって巖谷小波によって恩返しを主題とした子供向けの話に改作され、それをモトに唱歌も作られました。私たちが知る浦島太郎の話はこの時できたのでした。
 
 
現代はかなりユートピア世界に近い、物質的に豊かな生活が実現してます。しかしユートピアから遠ざかってしまった部分もある。それは時間の流れが早くなったことだ。昔より数倍はやく時間が流れているのではないか。消費サイクル、流行のサイクルも早く、3年ひと昔というかんじである。ユートピアの時間の流れが早いとは、逆浦島状態じゃないか。30年経って帰ってみたら、3年しか経ってなかったという・・・帰るって何処へ?
 

 
 


 TOPへもどる