文芸投稿発表作品

玖珂瑛介
名前 : 玖珂瑛介(クガエイスケ)
little-sky@jcom.home.ne.jp
作品へのご感想等、お気軽に作者へメールをお送り下さい。
 
題名:心の奥底
 
自分をもっと見てもらいたいとか
他人にもっと愛されたいとか
誰かを傷付けてまで自分を護りたいとか
それってもしかしたら
極当たり前のコトかもしれないけど
そうゆう自分を見つける度に
自分がどんどん嫌になるんだよ
 

題名:きみのコト。

 
今でも思い出す
君と過ごした午後の光
木々から射し込む
月の木漏れ日
夜だって言うのに
校庭の真中
木の下に腰かけて
お弁当食べて
色んな話しして
一緒に見上げた
星の空
冷たい風も
君となら寒くなかった
暗い夜も
君となら怖くなかった
手を引いてくれて帰り道
どんな言葉より
その手が嬉しかった
大好きだったよ
君のコト
何も言わなくても
1番好きなコト
知っててくれた
君のコト
大好きだったよ
 
いつになったら
過去形で話さずに済むんだろう
君のコト
 

題名:無題

 
翼の傷は癒えたのに
まだはばたけないのは
また傷付くのを恐れてるから。
逃げてばかりで
立ち向かう事を忘れた小鳥は
いつまでも籠の中。
広い空は忘れたよ。
 

題名:milky way
 
海を隔てて
遠い大地に生きるきみ
想っても想っても
この想いは届かない
ねぇ
教えて
きみのココロは
何処へ向かっているの?
破れた空を切り裂いて
それでも
空に恋してやまないね
遠い僕らの故郷は
この空の下
けれどきみの想いは
空を越えて
銀河系も越えて
宇宙に広がる
そして
誰も辿り着けない
遥かなる大地に
そっと
花を咲かせるんだね
 

題名:恋心、さようなら。旅立つ心はまだ今も…。
 
さよなら私の恋心。
あの人は
とても遠くて
私の知らない場所へ
飛んで行った。
頭を抱えて
胸を押さえて
泣いても泣いても
戻って来ないのよ。
さよならさよなら
さよなら私の恋心。
あの人は
二度と戻って来ない。
もう二度と
会えないのよ。
 

題名:何もわからないのはきっと、恐いから。
 
bird don't know at sky.
because can't fly.
just know solitude
your can not cry.
one'scourage flapped
meybe near sky.
give totter a try
don't know nothing...
 

題名:無題
 
あの頃の僕は
きっと今より
何もかも知ってて
何も知らなかった。
陳腐な台詞に泣いて
下らない話に笑った。
傷を抱え込んで
棘を張って
何も知らないクセにと怒鳴った。
膝を抱えて
独りで泣いて
誰も近寄らせないように
大きく深く張った棘で
自分さえも
傷つけてると気付かないで
強がって
威勢ばかり良かった。
知らないなんて言わせない。
あの頃は
確かに存在して
僕らは育った。
忘れたなんて言わせない。
つまらない理屈で
また僕らを縛るの?
わかるのはただ
僕らはまだ生きてる。
それだけ。
 

題名:永遠に響け。空をも越えて
 
切ない想いは何処へゆく?
雨に打たれ
風に吹かれ
ひび割れて
風化して尚
この胸を締め付ける
いくら手を伸ばせど
届かないと知っていながら
それでも求めてしまうんだ
きみとの日々よ
永遠なれと

戻ります

作品、ご感想他、下記まで、メールでお送り下さい。 

 E-mail sohten@abox23.so-net.ne.jp

神奈川県 蒼天社